2016年12月25日(日)

9R

2016年12月25日(日) | 5回中山9日 | 14:35発走

第33回ホープフルステークス(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)牡・牝(特指) 馬齢 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 |

人気サイド中心で馬券は中穴まで。前走・重賞かオープンの好走馬が軸

配当傾向

過去10年(前身であるラジオNIKKEI杯2歳Sからの通算)で1番人気は[3.3.1.3]、2番人気は[2.2.4.2]。1〜2番人気が揃って馬券圏外に消えたことはないため、どちらかを軸とした予想でOKだろう。3〜8番人気が[5.5.4.45]だから、対抗や穴馬はこのゾーンにいると考えられる。また単勝オッズ20倍以上の馬も[0.3.3.70]とよく馬券に絡んでいる。ただし10番人気以下は[0.0.0.45]で期待薄だ。馬連は10回中3回が3ケタ配当、万馬券は1回だけと堅め。3連複も660円〜76600円の範囲で万馬券は2回だけ。3連単は2370円〜345220円の範囲で万馬券5回、10万馬券以上は1回。阪神から中山へ移ったことで傾向が変化していく可能性もあるが、一応は1〜2番人気のどちらかが軸、相手には人気サイドから8番人気までを選んでおくのがいいだろう。

前走傾向

3歳クラシックへの直結度が朝日杯より高いといわれるだけあって、馬券に絡む馬の大半が実績馬。前走が重賞だった馬が[4.4.3.15]の勝率15.4%、前走がオープン特別だった馬が[3.1.0.23]の勝率11.1%と好調だ。これらに対して前走が500万下だと[0.3.3.27]、未勝利戦だと[0.0.2.25]と苦戦してしまう。むしろ新馬戦を勝ったばかりの馬の方が[3.2.2.13]で勝率15.0%と狙える存在だ。距離別では、前走が芝1800mだった馬が[3.5.7.44]、芝2000mだった馬が[6.1.2.40]と、中距離を使われてきた馬が堅調。前走が芝1600m以下だと[1.4.1.18]と勝ち切れず、ダートからの臨戦は[0.0.1.8]と期待しにくい。前走1着馬が[7.7.8.55]、前走1〜2番人気だった馬が[8.6.9.45]なので、重賞かオープンで人気になり、結果も残してきた馬を中心に狙いたい。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒が[8.7.7.59]。9年続けて連対中で、過去3年を含めて1・2フィニッシュが6回。まずは中心勢力と考えて間違いない。この系統は1〜3番人気で[4.4.3.9]、4番人気以下で[4.3.4.50]と人気にかかわらず買えるのも特徴(他に4番人気以下で馬券に絡んだのはナスルーラ系バゴの産駒1頭だけ)。種牡馬別では、ディープインパクトが4勝・3着3回、ネオユニヴァースが2勝・2着1回、フジキセキとハーツクライが1勝ずつと、2000〜2400mベストというタイプが狙い目となりそうだ。

非サンデーサイレンス系のヘイルトゥリーズン系種牡馬は[1.1.0.11]。シンボリクリスエス産駒エピファネイアが1番人気で勝ち、ブライアンズタイム産駒ヴィクトリーが3番人気2着。馬券に絡めなかった11頭はすべて4番人気以下だったから、人気サイドなら買い、人気薄なら消しでいいのではないか。

ナスルーラ系種牡馬の産駒は[1.1.1.6]。1着がジャングルポケット産駒フサイチホウオー(1番人気)、2着がStephen Got Even産駒コスモファントム(2番人気)、3着が前述のバゴ産駒ブラックバゴ(9番人気)。少ない出走数の中から馬券圏内に3頭を送り込んでいるわけで、人気を問わず要注意だ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.1.1.11]、ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[0.0.1.15]と、2〜3着が精一杯。馬券に絡んだ3頭は1〜2番人気だったので、人気サイドなら押さえておくのが無難だろう。

母父としては、ミスタープロスペクター系が[2.2.0.11]、勝率13.3%と優秀だが、ノーザンダンサー系が[4.2.4.36]、サンデーサイレンス系が[2.0.2.18]、非サンデーサイレンス系のヘイルトゥリーズン系が[1.1.0.10]、ナスルーラ系が[1.4.4.17]と、どの系統からでも買えそうだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。