IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年9月25日(日)

11R

2016年9月25日(日) | 4回中山6日 | 15:45発走

第62回産経賞オールカマー(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

前走は中距離のJRA重賞であることが必須。馬券は堅め〜中穴狙いで

配当傾向

過去10年で1番人気は[3.3.1.3]。連対したのはマツリダゴッホ、ドリームジャーニー、アーネストリー、ヌーヴォレコルトなので、G1級なら信頼できそうだ。2〜3番人気も合計[4.2.2.12]とまずまず堅実。馬連万馬券は10年間でゼロ、3連複万馬券は2014年の564倍だけ。3連単は2014年が25万馬券だが、それ以外の9回は4830円〜64420円の範囲に収まっている。9番人気・単勝38倍のヴェルデグリーンが勝つなど穴馬も走れるレースではあるが、超高配当は狙いにくいだろう。1〜2番人気が揃って連を外したことはない反面、1番人気と2番人気の決着もない。よって1番人気がG1級なら軸、そうでなければ2〜3番人気を軸にして、相手には人気サイド+穴馬も何頭かピックアップして堅い馬券から中穴までを幅広く狙う、という戦略がベターだろう。

前走傾向

過去10年、前走がJRAのG1だった馬が[5.5.2.9]で勝率23.8%、G2からが[3.1.3.22]で10.3%、G3からだと[2.3.4.49]で3.4%。つまりJRA重賞からの臨戦でないと勝てず、前走の格が高いほど有力といえる。条件戦〜オープン特別および地方の重賞からだと[0.1.1.34]と、かなり不利だ。素直に実績を重視すべきレースである。宝塚記念以来の馬が[4.3.1.3]、札幌記念組が[3.1.2.10]なので、主力はこのあたり。前走の距離別に見ると、2000mだった馬が[6.3.5.58]、2200mが[4.3.1.6]で、勝ち馬10頭すべてがここに入る。前走で9着や10着に負けていた馬も勝っているので前走着順は気にしないでいいが、乗り替わりがあると[2.2.4.67]で勝率2.7%、前走と同じ騎手だと[8.6.6.47]で勝率11.6%と、かなり差がある点には要注意だ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[5.7.6.54]。出走数も馬券に絡んだ回数も最多だ。ただし5勝のうち3勝は中山を大得意にしたマツリダゴッホ。勝率6.9%は平凡な数字だし、過信は禁物だ。

それ以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[1.1.1.17]と、こちらも不振。勝ったのは1番人気に推されていたグラスワンダー産駒アーネストリー、2着もグラスワンダー産駒のシルクネクサス、3着はシンボリクリスエス産駒ミトラだ。グラスワンダーは中山でG1を3勝、シンボリクリスエスは有馬記念レコード勝ち。マツリダゴッホの件とも合わせて「ヘイルトゥリーズン系はコース適性がカギ」と覚えておきたい。

[3.1.3.19]で勝率11.5%のノーザンダンサー系種牡馬も健闘している。連対馬の父は、日本ダービー馬フサイチコンコルド、愛ダービー馬ザグレブ、伊ダービー馬ホワイトマズル、米BCターフ1着馬チーフベアハート。つまり格の高い2400m級G1の勝ち馬であることが求められる。またナスルーラ系種牡馬の産駒が[1.1.0.9]で、連対馬2頭の父は日本ダービー馬ジャングルポケット。やはり「格の高い2400m級G1」との強い関係性が浮かび上がってくる。ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.0.0.11]と狙いづらい。

母の父の成績を系統別にまとめると、ナスルーラ系が[4.2.3.27]で勝ち馬の数も馬券に絡んだ回数もトップ。ただしこのレース3連覇のマツリダゴッホの母父がナスルーラ系Bel Bolideだった点が大きい。

母父サンデーサイレンス系が[3.1.2.22]の勝率10.7%なので、こちらのほうが要注意か。母父ノーザンダンサー系は[1.4.2.36]、母父ミスタープロスペクター系は[0.1.1.11]と勝ち切れず、馬券に絡む確率も低い。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。