2015年12月13日(日)

11R

2015年12月13日(日) | 5回阪神4日 | 15:40発走

第67回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 | レコードが出たレース

京都・東京の1600m以上戦で連対した馬が中心

配当傾向

過去10年間で1番人気は[2.2.1.5]と、信頼性はいまひとつ。2番人気が[1.1.3.6]、3番人気が[1.1.0.8]、4番人気が[2.1.2.5]、5番人気が[3.1.0.6]で、ここまでがほぼ横一線。1〜5番人気の合計が[9.6.6.29]、6番人気以下が[1.4.4.121]だから、人気サイドと人気薄を上手に絡める必要がありそうだ。実際、馬連配当が1000円以下に収まったのはウオッカが勝った2006年の900円しかなく、4ケタ配当が7回、万馬券が2回。3連複も4ケタ配当7回と万馬券以上が3回で、最高は2着に15番人気、3着に10番人気が来た2012年の49万馬券。3連単は万馬券が8回で、テイエムプリキュアが勝った2005年が31万馬券、そして2012年が304万馬券。荒れる時には荒れる。ガチガチに収まることはないので、上位人気から軸を選んだら、そこから手広く流すようにしたい。

前走傾向

過去10年のうち、札幌2歳S以来だったレッドリヴェールが勝ち、新潟2歳S以来のハープスターが2着の2013年は特殊な例。これ以外の9年間を集計すると、前走が京都だった馬が[7.5.4.84]、前走が東京だった馬が[2.4.4.26]、合わせて[9.9.8.110]だから、これ以外はほぼノーチャンスだ。このグループの前走をクラス別に見ると、重賞組が[2.5.4.47]、オープン特別組が[0.0.0.6]、500万下が[5.2.1.40]、新馬・未勝利戦からの臨戦が[2.2.3.21]。また前走1着馬が[6.6.5.52]、2着馬が[3.2.2.9]、3着以下だと[0.1.1.49]。前走の距離別だと、1400m以下からの臨戦は[3.5.4.66]と2着・3着が多く、1600m以上からだと[6.4.4.44]。まとめれば、京都・東京の重賞または500万下、距離1600m以上のレースで連対してきた馬がもっとも有利といえる。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒が[5.3.7.64]。2008年と2013年に1・2・3着を独占するなど好調だが、勝率は6.3%とあまり高くはない。スペシャルウィーク、アグネスタキオン、ゼンノロブロイ、ディープインパクト、ステイゴールドが連対馬を出している反面、フジキセキ産駒は[0.0.0.9]、ダイワメジャー産駒は[0.0.0.8]。マイル型より中長距離型の種牡馬が有利なようだ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬は[1.0.0.13]で、勝ったのはタニノギムレット産駒ウオッカのみ。信頼度が高いとはいえない。

ミスタープロスペクター系の種牡馬は[2.2.2.17]。キングカメハメハ産駒のアパパネが強い競馬で勝ち、ウォーエンブレム産駒ローブティサージュも競り合いを制した。10年中6年で馬券に絡んでいるから、1頭はピックアップしておきたい。

ナスルーラ系が[2.1.0.15]。パラダイスクリーク産駒テイエムプリキュアとジャングルポケット産駒トールポピーが勝ち、アドマイヤコジーン産駒アストンマーチャンが2着を確保した。一発のある系統といえそうだ。

買いづらいのがノーザンダンサー系で、[0.4.1.38]。アルーリングボイスが14着、オディールが4着、ロカが8着と1番人気が馬券に絡めていない。反面、2〜3着に入った5頭はいずれも単勝オッズ10倍以上。ヒモ穴として考えたい。

こうして見ると勝ち馬を出した種牡馬は、日本ダービー馬やジャパンカップ勝ち馬など、現役時代2400m戦で活躍した馬が多いことに気づく。その事実も1つのカギとして予想に生かしたいところだ。

母の父の系統別成績は、ノーザンダンサー系が[6.2.3.40]とリード。ナスルーラ系が[2.2.1.29]と続く。サンデーサイレンス系が[1.2.1.25]、ミスタープロスペクター系が[1.2.3.33]で、買えなくはないが推せるほどでもない。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。