sportsnavi

2015年11月15日(日)

11R

2015年11月15日(日) | 5回京都4日 | 15:40発走

第40回エリザベス女王杯(GI)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9000、3600、2300、1400、900万円 | レコードが出たレース

牡馬と互角に戦える実績馬が中心。人気サイドを軸にした馬券で

配当傾向

過去10年で1番人気は[2.3.2.3]と物足りず、同じく[2.3.2.3]の2番人気と互角の成績。毎年どちらかが馬券に絡んでいるが、1番人気と2番人気の決着は2011年の1回だけ。片方を軸にするならもう一方の評価は落とすべきかも知れない。が、単勝オッズ10倍以上の馬が4勝しているので、1〜2番人気はアタマというより連軸か3連複の軸として考えたい。2009年には11番人気クィーンスプマンテと12番人気テイエムプリキュアで決まって馬連10万馬券、3連複15万馬券、3連単154万馬券になったが、大荒れに荒れたのはこの年だけ。その他の9回は、馬連は最高4180円、3連複は最高14440円、3連単は最高92970円と、まずまず常識的な範囲に収まっている。1番人気または2番人気を軸に、大きく狙うのではなく堅め〜中穴狙いがベターかも知れない。

前走傾向

外国馬を除くと、前走G1・G2だった馬が[8.6.7.64]、前走G3以下だと[0.4.3.69]と前者が圧倒。とりわけ秋華賞組が[4.3.2.33]と主軸を務めている。秋華賞1〜3着馬に限れば[3.3.2.9]で勝率17.6%、複勝率47.1%とアベレージは上々なので軸馬の役目は果たしそうだ。それ以外では、天皇賞組の[1.1.1.0]と京都大賞典組の[1.2.0.6]に注目。牡馬一線級に揉まれてきた経験がここで生きるというか、そもそも牡馬と戦えるだけの力を持つ馬がこのレースでは上位だと素直に考えていいだろう。冴えないのは府中牝馬S組で[1.2.5.58]。勝ったのはエリザベス女王杯がドロドロの馬場になった2012年のレインボーダリアだけだから、常識的にはヒモ止まりだ。また前走10着以下だと[0.2.2.30]。大敗馬の巻き返しは難しいレースだといえるだろう。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬の産駒が[5.4.4.74]。馬券に絡む回数としては最多だが、勝率5.7%は平均的な数字、特にこのレースが向くというわけではなさそうだ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系は[3.0.0.18]で勝率14.3%。ただし、これはスノーフェアリー(父Intikhab)というワールドクラスの牝馬による連覇と、ドロンコ馬場を差し切ったレインボーダリア(父ブライアンズタイム)が稼いだ数字。この3勝を除けば馬券に絡んでいないのが実情だ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.1.5.6]で複勝率53.8%と立派な数字。ただし1勝・2着1回・3着1回のスイープトウショウ(父エンドスウィープ)の功績が大きく、アパパネ(父キングカメハメハ)は2回とも3着に負けるなど、数字ほど「有力」とは言えない。

ナスルーラ系が[1.2.0.10]。ジャングルポケット産駒のクィーンスプマンテ、パラダイスクリーク産駒のテイエムプリキュアが“行った行った で大波乱を演出しており、大穴の可能性を秘める血統とも考えられる。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[0.3.0.28]と、かなりの不振。キングヘイロー産駒カワカミプリンセスが勝てず、クロフネ産駒ポルトフィーノは落馬、同じくクロフネ産駒ホエールキャプチャが4年連続で4着以下に敗れるなど、人気サイドの馬でも苦労している。このレースとの相性は悪い。

以上のように父馬の系統は「どれも抜け出せず」という状況だが、母父の系統別成績にはある程度の傾向を見ることができる。

母父がノーザンダンサー系種牡馬という馬は[6.6.5.44]。アベレージが突出しているわけではないが、10年連続で必ず3着以内に来ている。昨年は1・2フィニッシュ。馬券の軸は「母の父がノーザンダンサー系」という条件で選ぶのもよさそうだ。

逆に買いたくないのは母父サンデーサイレンス系という馬で[0.1.2.23]。また母父ミスタープロスペクター系というタイプも[0.1.1.23]と大苦戦。人気でも割り引いて考えたいところだ。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。