2015年11月14日(土)

11R

2015年11月14日(土) | 5回京都3日 | 15:45発走

第50回デイリー杯2歳ステークス(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3600、1400、900、540、360万円 |

新馬・未勝利を豪快に勝ち上がってきた人気サイドの馬が軸

配当傾向

過去10年で1番人気は[4.3.1.2]。8割が馬券に絡んでいて、信頼度はマズマズだ。[1.2.3.4]の2番人気、[2.2.1.5]の3番人気を含め、1〜5番人気のトータルは[9.9.8.24]と上位人気が安定している。その結果、この10年間は馬券的にも大波乱はナシ。単勝は6番人気テイエムイナズマが1560円で勝ったほかは3ケタ配当。馬連は万馬券ゼロで、5回が3ケタ配当。3連複は12480円が最高で、万馬券はこの1回だけ。3連単は2007年が67570円、2012年が58300円だったが10万馬券以上は出ていない。2007年は3・6・7番人気、2012年は6・3・2番人気の決着で、それ以外の年は1番人気が馬券に絡んでいる。堅いと思ったら1番人気から人気サイドの馬券、荒れると感じても5番人気までで馬券を組み立てる、という戦略でいくべきだろう。

前走傾向

過去10年で、前走がオープン・重賞だった馬は[3.6.7.42]で勝率5.2%。いっぽう新馬・未勝利だった馬は[7.4.3.43]で勝率12.3%。G2という格のレースである割には、オープン・重賞経験のある馬より勝ち上がってきたばかりの馬のほうが狙えるという意外なデータが出ている。オープン・重賞からの臨戦組のポイントは前走の着順。前走で勝っていればこのレースでも[2.2.2.5]と半数以上が馬券に絡んでいるが、前走2着以下だと[1.4.5.36]と2〜3着が多くなる。新馬・未勝利からの勝ち上がり組は、前走1着時の2着とのタイム差が0.2秒以上(おおむね1馬身差以上)だと[6.1.2.29]で勝率は15.8%だ。前走の勝ちっぷりが良ければ昇級戦でも期待を持てる。前走がダート戦だった馬は[0.0.0.9]なのでバッサリ切ってしまっていいだろう。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒が[8.7.4.33]、勝率15.4%、連対率28.8%、複勝率36.5%と上々の数字を残している。出走数そのものが多いとはいえ、毎年連に絡んでいて、ワン・ツー・フィニッシュも5回。まずは中心視していい。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬は[0.1.0.4]。グラスワンダー産駒で3番人気だったクラウンレガーロが2着になるなど、ほぼ人気通りの着順に落ち着いている。人気馬だけはチェックしておきたい。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.2.1.21]で、ヨハネスブルグ産駒で2番人気だったホウライアキコが勝っている。3着以内に入った4頭はいずれも5番人気以内だったから、こちらも人気サイドの時だけ要注意だ。

ナスルーラ系種牡馬の産駒が[1.0.3.13]。ジャングルポケット産駒シェーンヴァルトが勝ったほか、スターオブコジーン、Bernardini、チチカステナンゴの子が3着。出てくればヒモに入れておく、くらいのイメージだろう。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.0.2.16]と苦戦。評価を落としてもよさそうだ。

母の父の系統別成績は、ノーザンダンサー系が[5.5.3.32]の勝率11.1%、連対率22.2%、複勝率28.9%で上々。特に父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系という配合の馬が[4.3.3.14]で複勝率41.7%だから、軸馬候補とするか、少なくとも馬券には組み込みたい。

母父ナスルーラ系も2.1.0.14]で、勝った2頭の父はいずれもアグネスタキオン、2着馬の父はディープインパクト。つまり、これまた「父サンデーサイレンス系×母父ナスルーラ系には注意が必要」ということになる。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。