2015年10月31日(土)

11R

2015年10月31日(土) | 4回京都8日 | 15:35発走

第58回毎日放送賞スワンステークス(GII)

芝・右・外 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 | レコードが出たレース

馬券が荒れるのは必至。前走で揉まれてきた馬の巻き返しが狙い目

配当傾向

昨年はミッキーアイルが勝利したものの、過去10年で1番人気は[2.1.0.7]と3割しか馬券に絡んでいない。2番人気は[0.0.1.9]とさらに悪く、上位人気では[3.2.2.3]の3番人気が健闘。だが8番人気、11番人気、14番人気が勝つなど全体に荒れ気味だ。14番人気プリサイスマシーンが勝った際の単勝が3940円などオッズは割れる傾向にあり、どこからでも買えるイメージといえる。馬連は1280〜42790円の範囲で万馬券3回。3連複は3回が10万馬券以上、6回が万馬券。昨年は7020円と比較的堅く収まった3連単も、2回が万馬券、残り7回が10万馬券以上、2005年には108万円馬券が飛び出している。あまり人気を頼りにせず有力馬から穴馬まで幅広くピックアップし、下手に3連単で勝負するより馬連や3連複で確実に高配当をゲットしたいところだ。

前走傾向

過去10年、前走が中央の重賞だった馬が[6.7.8.75]、オープン特別だった馬が[4.2.0.41]で計[10.9.8.116]と馬券圏内のほとんどを占める。対して地方・海外・条件戦からの臨戦馬は[0.1.2.16]と苦戦中だ。スプリンターズS組が[2.0.2.36]、ポートアイランドSからの臨戦組が[3.1.0.16]で、この2つのステップが一応の中心。また前走が中央の重賞・オープン特別で1着だった馬が[3.2.0.8]の勝率23.1%と好調、2〜5着馬は[0.3.1.32]と不振、6着以下だと[7.4.7.76]と巻き返し可能、という図式。スプリンターズS着外から巻き返したキンシャサノキセキとマルカフェニックス、毎日王冠6着からこのレースを勝ったグランプリボスなど、強い相手や不向きな距離で揉まれてきた馬が1400mで上昇、というパターンは狙い目になりそうだ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[5.4.5.44]で勝率8.6%、その他のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[2.0.3.15]で勝率10.0%と、この系統が馬券の中心。合わせて[7.4.8.59]と3着以内の大半を占めている。種牡馬としては、フジキセキやダイワメジャー、ダンスインザダークにマヤノトップガンにグラスワンダーと、マイル型も長距離型も勝ち馬を送り出しており、距離適性はあまり気にしなくてよさそうだ。

対抗格がノーザンダンサー系種牡馬の産駒で[2.4.0.19]。連対率が24.0%と高いアベレージを記録している。ただしGiant s Causeway産駒のスズカコーズウェイとForest Wildcat産駒のエーシンフォワードが1番人気ながら5着以下に敗れており、信頼度は高いといえない。ザグレブ産駒コスモサンビームが11番人気1着、クロフネ産駒フサイチリシャールが10番人気2着と、むしろ穴狙いのほうが高配当につながるのではないだろうか。

ナスルーラ系は[1.1.1.30]。この系統の中心となるサクラバクシンオー産駒がのべ16頭走って3着以内に来たのが2012年の勝ち馬グランプリボスだけなので、これが響いてアベレージを落としている印象だ。馬券に絡んだ3頭は1番人気が1頭と3番人気が2頭。ノーザンダンサー系とは逆に「人気サイドの時には押さえる」といった扱いが良さそうだ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.1.1.21]で10年間未勝利。1〜2番人気だった4頭がいずれも馬券圏内から消えており、信頼度はすべての系統の中でもっとも低いといえる。

母の父を見ると、母父サンデーサイレンスという馬が[2.1.1.9]の勝率15.4%。プリサイスマシーンが14番人気1着、フサイチリシャールが10番人気2着と穴を開け、キングカメハメハ産駒アドマイヤセプターが3着、サクラバクシンオー産駒グランプリボスが1着と、このレースと相性の悪い血統でも上位に来ているので注意が必要。母父ナスルーラ系も[3.1.1.25]の勝率10.0%と有力だ。

母父ノーザンダンサー系は[2.5.6.55]と馬券によく絡むが、勝率は2.9%と低く、ヒモ候補か。母父ミスタープロスペクター系も[1.1.1.20]で、あまりアテにはできない。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。