2015年12月6日(日)

11R

2015年12月6日(日) | 4回中京2日 | 15:30発走

第16回チャンピオンズカップ(GI)

ダート・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9400、3800、2400、1400、940万円 |

馬券は人気サイドと穴馬の組合せで。前走1〜3着馬が安定している

配当傾向

ジャパンCダート時代を含む過去10年で、1番人気は[5.1.2.2]。昨年はコパノリッキーが12着に敗れたものの、全体的な信頼度は低くない。2、3、4、6、7番人気が各1勝ずつで、2〜7番人気のトータルは[5.6.3.46]。ここまでが一応馬券圏内だが、8番人気以下も[0.3.5.80]と2〜3着の穴候補になりうる。実際、単勝オッズ15倍未満の馬が[8.3.4.32]、15倍以上の馬が[2.7.6.96]と、2〜3着に穴馬が入ることは多い。1番人気が安定しているぶん馬連万馬券が1回(11710円)しか出ていないなど超大荒れは期待できないが、3連複は5回が万馬券で最高980倍、3連単は6回が万馬券、3回が10万馬券以上で最高が37万馬券と、ある程度の高配当をつかむことはできそう。馬券は1番人気+2〜7番人気+穴馬というバランスで組み立てたい。

前走傾向

ここではJRA所属馬に絞って調べてみる。過去10年、JBCクラシック組が[3.5.4.25]、武蔵野S組が[3.2.1.25]、みやこS組が[2.2.2.19]。この3大ローテーションの合計が[8.9.7.69]だ。同じステップの馬による1・2フィニッシュはないから、軸馬を決めたら相手は別レース組、という組立てが面白い。3大ローテーション以外で連対したのは、準オープン銀蹄S1着からのアロンダイト、マイルCS南部杯1着からのエスポワールシチー、トパーズS1着からのシルクメビウスと、前走1着が最低条件。前走の成績を見ると、前走1〜2着馬が[8.5.5.44]、3着以下だと[2.5.5.69]。前走3着以下から巻き返して勝利したのは、前走が長期休養明けだったカネヒキリとホッコータルマエだ。ここで勝ち切るためには「前走で連対」が条件となりそうである。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬の産駒が[3.2.3.27]。ただし1〜2番人気に推された8頭のうち5頭が馬券圏外に消えている。勝ったのは2009年のエスポワールシチーが最後ということもあり、過度に期待するのは禁物だ。

非サンデーサイレンス系のヘイルトゥリーズン系は[0.1.0.18]。2008年の2着馬メイショウトウコン(父マヤノトップガン)が目立つだけで、成績としてはいまひとつだ。

躍進するのがミスタープロスペクター系種牡馬の産駒で[4.1.5.35]。東京時代にはエルコンドルパサー産駒が2勝、阪神ではキングカメハメハ産駒が1勝、そして中京に移った昨年もキングカメハメハ産駒が1着と、コース替わりに対応できている点が頼もしい。8番人気以下で2着1回・3着3回と、人気薄で馬券に絡むケースもしばしば。穴馬はこの系統から見つけ出したい。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.5.1.23]。Storm Cat産駒シーキングザダイヤが2着2回、カリズマティック産駒ワンダーアキュートが2着3回と連続して好走しており、いちど好走したら狙い続けるべき系統だ。ナスルーラ系種牡馬の産駒は[0.1.1.18]で未勝利。しかも2〜3着に来たのは東京時代のことだから、近年は買いにくくなっている。

2010年と2011年にこのレースを連覇したトランセンドは、父がニアークティック系のワイルドラッシュ。ただ、こうした「日本ではマイナー」な血統から出た好走馬はトランセンドのみとなっていて、やはり中心には成り得ないだろう。

母の父の系統別成績は、ナスルーラ系が[4.0.3.13]の勝率20.0%、サンデーサイレンス系が[3.0.2.21]の勝率11.5%で、まずはこの2系統の戦い。ノーザンダンサー系も[2.1.2.35]と勝ち負けに持ち込める。非サンデーサイレンス系のヘイルトゥリーズン系は[1.0.2.15]で、これもある程度は注意が必要だ。

母父がミスタープロスペクター系という馬が[0.5.0.24]。また2着馬の母父としてはレイズアネイティヴ系リンドシェーバー、ヒズマジェスティ系Pleasant Tapの名もある。母父ミスタープロスペクター系&マイナー血統は馬券のアタマに据えることは避け、2着候補で狙い撃ちしたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。