IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2015年3月28日(土)

11R

2015年3月28日(土) | 3回中山1日 | 15:45発走

第63回日経賞(GII)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 | レコードが出たレース

上位人気が中心。馬券の軸を見つけ出すには配合も要チェック

配当傾向

過去10年で1番人気は[5.0.2.3]。勝率50.0%、複勝率70.0%なら及第点だろう。2番人気は[0.3.2.5]と未勝利ながら3〜6番人気が各1勝をあげていて、1〜6番人気の合計が[9.7.7.37]。まずはここまでが馬券対象か。2012年は14番人気ネコパンチが重馬場を逃げ切って単勝万馬券、昨年は10番人気ホッコーブレーヴが2着となっているが、10番人気以下で馬券に絡んだのはこの2頭だけだ。馬連万馬券は2012年の1回のみ、3連複万馬券は5回あるが最高でも2012年の19480円。3連単万馬券以上は7回あるが、10万馬券以上は2012年の45万馬券だけ。ガチガチとまではいえないものの上位人気が順当に勝ち負けを争っていて、2012年だけが大荒れだったという印象である。

前走傾向

前走が条件戦だった馬は[0.1.1.12]なのに対し、前走が重賞だった馬が[8.9.9.75]と馬券圏内の大半を占めている。レース別では有馬記念後の年明け初戦という馬が[3.2.0.5]、アメリカジョッキーCC組が[2.1.2.8]で、この2つのローテーションが主力。京都記念組の[1.5.1.9]や中山記念組の[0.0.1.10]は勝ちあぐねている印象だ。意外と健闘しているのが東京・芝2000mのオープン特別・白富士S組で[2.0.0.3]。注意すべきステップレースだろう。前走1着だった馬が[3.0.7.16]、前走2〜5着だった馬が合計で[5.7.2.26]と、前走で上位を争った馬が主力となりそうだが、前走6着以下でも[2.3.1.63]と巻き返しは不可能ではない。前走で逃げていた馬は未勝利で、前走4コーナー10番手以下だった馬も[1.2.0.28]と追込み馬も届かないレースとなっている。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒が[8.6.2.51]と一大勢力を築いている。勝率11.9%、連対率20.9%とアベレージ的にも優秀で、ここ3年は1・2フィニッシュを続けている。ハーツクライ産駒が3年連続連対と好相性ぶりを示している点も見逃せない。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[0.0.2.10]と連に絡めないでいる。7番人気以内で[0.0.2.2]、8番人気以下では[0.0.0.8]だから、人気薄ならバッサリという手もありそうだ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が[1.3.3.7]。勝率7.1%、連対率28.6%、複勝率50.0%ならマズマズといえるが、3度も2着になったトウショウナイトが成績を押し上げているイメージ。勝ったのはキングカメハメハ産駒の1番人気トゥザグローリーだけで、1〜3番人気時が[1.3.2.0]、4番人気以下だと[0.0.1.7]だから、こちらも人気になっている時だけ「買い」だろう。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.1.3.25]とイマイチ。5番人気以内でも[0.0.2.7]とアテにできず、逆に6番人気以下で[1.1.1.18]と馬券に絡んでくる。こちらは穴で狙ってみたいタイプだ。

ナスルーラ系は[0.0.0.7]で、ここ10年は掲示板にすら載っていない。勢いに疑問の残る系統といえるのではないだろうか。

勝ち馬の母父の系統を見ると、サンデーサイレンス、ノーザンダンサー系、ナスルーラ系、ミスタープロスペクター系にファイントップ系と万遍なく散らばり、どの系統も飛び抜けた数字を残していないように思える。が、父の系統との組合せでは傾向がクッキリ。父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系というタイプが[4.4.0.22]で勝率13.3%、父サンデーサイレンス系×母父ナスルーラ系というタイプが[3.2.1.10]で勝率18.8%。この2つの配合を中心に予想を考えたいところだ。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。