IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2015年1月25日(日)

11R

2015年1月25日(日) | 1回中山9日 | 15:35発走

第56回アメリカジョッキークラブカップ(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 | レコードが出たレース

前走が中山の重賞だった馬が中心。馬券は人気サイド中心にまとめたい

配当傾向

過去10年間で1番人気は[3.0.0.7]。勝つか馬券圏外かの両極端で、昨年もレッドレイヴンが4着に敗れた。勝った3頭はいずれも単勝オッズ2倍未満、負けた7頭は2倍以上だから、ガチガチの大本命なら信頼できるが、並の1番人気では“飛ぶ 印象だ。ただし1番人気が負けても大荒れは少ない。[3.3.1.3]と頼りになる2番人気を筆頭に、勝ち馬は2〜5番人気、単勝配当も1000円未満で収まっているからだ。おかげで馬連万馬券は10年間で2回、3連複万馬券は3回。さすがに3連単ともなると10万馬券以上が3回出ているが、大きく振り回すのは禁物だろう。1〜5番人気の成績が[10.6.6.28]に対して6〜9番人気は[0.3.4.33]、10番人気以下は[0.1.0.31]だから、軸も相手も人気サイドから選び、数頭だけ中穴を混ぜておくという作戦で臨みたいところだ。

前走傾向

前走が重賞だった馬は[9.9.5.57]で、これが主軸。ネヴァブション、ルーラーシップ、ヴェルデグリーンなど有馬記念で2ケタ着順や10番人気以下だった馬が巻き返した例もあるので、前走の人気・着順はあまり気にしなくていいはずだ。いっぽう前走がオープン特別や条件戦だった馬は[1.1.5.38]と苦戦。この組で連に絡んだ2頭は前走1着、3着馬5頭中3頭が前走1着だった。レース別で見ると、有馬記念組が[4.2.1.9]で勝率25.0%、中山金杯組が[3.2.1.23]で勝率10.3%と、この2パターンが中心。この2レースを含め、前走が中山だった馬は[8.5.6.58]と信頼感は高い。また前走からの間隔が2〜4週だと[8.4.3.49]と成績は安定し、5〜9週だと[2.3.6.27]と3着が多くなって、10週以上空くと[0.3.0.18]と未勝利。順調に使えている馬が有利と考えていいだろう。

血統傾向

勝ち馬の父を見ると、マーベラスサンデー(宝塚記念勝ち馬)が3勝、サンデーサイレンスとジャングルポケット(日本ダービーとジャパンCの勝ち馬)が2勝しているほか、ペンタイア(キングジョージ勝ち馬)、キングカメハメハ(日本ダービー勝ち馬)、そして三冠馬ディープインパクトが各1勝。さすがに2400mへの対応力が高い種牡馬たちとなっている。

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は[6.5.9.51]。勝率8.5%、複勝率28.2%はそれほど高い数字ではないが、5番人気以内に限れば[6.4.6.16]で安定感はまずまず。3連複にはこの系統の馬を複数入れておきたい。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[0.0.1.9]と不振。割り引いて考えるべきだろう。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.4.0.19]で、勝ったのは2005年の1番人気、ペンタイア産駒のクラフトワークだけだ。2着の4頭は、Stormin Fever産駒の2番人気フサイチアウステル、ホワイトマズル産駒の9番人気シャドウゲイト、オペラハウス産駒の6番人気ミヤビランベリ、ファルブラヴ産駒の5番人気トランスワープで、いずれも先行して粘る競馬だった。この系統は「前につけられる欧州血統なら穴で2着」というスタンスで考えるとよさそうだ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.1.0.7]で、キングカメハメハ産駒ルーラーシップが1番人気1着、ティンバーカントリー産駒トウショウナイトが9番人気2着。人気でも穴でも走れるわけで、注意が必要だ。

ナスルーラ系種牡馬の産駒は[2.0.0.7]。勝ったのは1番人気トーセンジョーダン、2番人気ヴェルデグリーンで、いずれもジャングルポケット産駒だった。

母の父の系統別成績にも注目すべきレース。母父ナスルーラ系は[5.0.3.27]で勝率14.3%、母父ノーザンダンサー系は[3.5.3.34]で3着以内に入った数ではナンバー1。このどちらかを中心に予想を組み立てる手もありそうだ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。