sportsnavi

2015年10月17日(土)

11R

2015年10月17日(土) | 4回東京4日 | 15:45発走

第63回府中牝馬ステークス(GII)

芝・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5300、2100、1300、800、530万円 | レコードが出たレース

前走・重賞上位馬を中心に馬券を組み立てて小穴〜中穴を仕留めたい

配当傾向

1番人気は9連敗中で、過去10年間の成績は[1.3.2.4]。2番人気が[1.0.3.6]、3番人気が[0.1.2.7]と、人気サイドはまったくアテにならない印象だ。4番人気が[5.2.1.2]と好調なので、このあたりを中心に穴を狙いたい。ただし単勝オッズ30倍以上で馬券に絡んだのは、2012年1着のマイネイサベル(10番人気/31.8倍)、2010年2着のセラフィックロンプ(14番人気/61.7倍)、2009年3着のレジネッタ(11番人気/46.5倍)の3頭だけ。馬連は万馬券が2回に対し、1000円台〜2000円台が7回と多発。3連複は万馬券が4回、3連単は万馬券が7回で、残りは17万馬券1回と42万馬券が2回となっている。決して堅くはないが、獲れそうにない大荒れも皆無。ひとまず人気サイドを妄信することなく、小穴〜中穴を狙うべきレースといえるだろう。

前走傾向

過去10年、前走が重賞(海外含む)だった馬が[9.9.7.93]で主力。クイーンS組が[4.3.1.24]で中心的存在となり、[2.2.0.9]の新潟記念組も見逃せない。逆にマーメイドS組は[0.1.2.11]と勝ち馬を出せていない点に要注意だ。前走重賞1着馬が[3.1.2.9]、2〜5着馬が[3.6.5.22]なので、素直に「前走・重賞で上位に来た馬」を重視すべきだろう。いっぽう前走が条件戦〜オープン特別だった馬は[1.1.3.38]。馬券に絡んだのは、G1連対のあるベッラレイアとレジネッタ、芝転向後2連勝中のスマートシルエット、3連勝後に重賞で3着、準オープンに戻って1着という臨戦過程のテイエムオーロラ、重賞連対があって前走・準オープン1着のスイートサルサ。重賞以外からの臨戦で好走するには、重賞好走歴か前走1着が必須条件といえそうだ。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒が[6.5.5.63]で勝ち星トップだ。ただし勝率7.6%はそれほど目立つ数字ではなく、フジキセキ産駒が10戦0勝、アグネスタキオン産駒が8戦して未勝利、ディープインパクト産駒が7戦して2着が最高と、必ずしも“絶対 とはいえない。1〜3番人気に限ると[1.2.4.9]、4番人気以下で[5.3.1.54]なので、人気サイドよりむしろ穴っぽい馬を狙うといいかも知れない。

それ以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[0.1.0.17]。10年前、稍重のレースでディアブロ産駒のマイネサマンサが2着になったきりだ。

ナスルーラ系種牡馬の産駒が[2.1.0.13]で勝率12.5%と頑張っている。勝利をあげた種牡馬はゴールデンフェザント(ジャパンC勝ち馬)とテレグノシス(NHKマイルC勝ち馬)なので、東京の芝と相性の良さそうな種牡馬には注意しておきたい。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.2.4.18]。クロフネ産駒のホエールキャプチャが1勝・3着1回、ファルブラヴ産駒のスマートシルエットが2着と3着で、ほかにはフレンチデピュティ、キングヘイロー、フサイチコンコルドの産駒が馬券に絡んでいる。全体にマイラー色の強い種牡馬という印象だ。また4コーナー2番手グループから粘り込んだ馬が多かったので、ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は「前へ行けるマイラーなら要注意」と考えたい。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.0.0.15]。昨年ようやくキングカメハメハ産駒のディアデラマドレが勝ったものの、1番人気のアパパネが14着、アロマティコが7着、2番人気のレディアルバローザが8着に敗れており、このレースとの相性はあまり良くない。

母父としては、ナスルーラ系のタマモクロスとトニービン、ノーザンダンサー系のDanzigとTopsider、サンデーサイレンス、ネイティヴダンサー〜エタン系のSharpo、クラリオン系のIndian Ridgeと、幅広い系統が勝ち馬を出している。この中では現在3連勝中の「母父サンデーサイレンス」には要注意。逆に[0.0.1.11]のミスタープロスペクター系は軽視したい。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。