sportsnavi

2015年5月31日(日)

12R

2015年5月31日(日) | 2回東京12日 | 17:05発走

第129回目黒記念(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 | レコードが出たレース

前走が2400mか天皇賞(春)、長距離適性のある血筋の馬が軸

配当傾向

過去10年、1番人気は[3.3.0.4]、2番人気が[0.2.1.7]なので、これら人気上位2頭が消えれば高配当の目も出てきそうだ。ただしオッズが割れやすいレースで、単勝オッズ10倍未満の馬が[7.7.2.27]と中心。[3.1.2.14]の7〜8番人気、単勝オッズ15.0〜19.9倍という馬も[3.1.3.13]と、中穴も健闘している。配当的には、馬連は600〜21380円の範囲で万馬券が2回、3連複は600〜94470円の範囲で万馬券が7回と、コンスタントにソコソコの配当が出るイメージ。高配当を狙うならもちろん3連単で、過去10年で1万円以下に収まったのは2008年の4260円だけ。残り9回は万馬券以上となっていて、12万馬券、24万馬券、42万馬券、63万馬券が出ている。単勝10倍未満の馬を軸にしつつ、中穴を上手く絡めて3連複・3連単の穴狙い、という手で臨みたい。

前走傾向

過去10年でメトロポリタンS組が[3.1.2.31]、天皇賞(春)組が[2.3.1.27]と、この2つのステップが主流。特に注意しなければならないのは「前走が芝2400mだった馬」で、メトロポリタンS組のほか、2400m・1000万下1着のポップロック、ドバイ・シーマクラシック帰りの同じくポップロック、準オープンの2400m戦・烏丸S1着のコパノジングー、大阪-ハンブルクCからの臨戦だったマイネルメダリストなどを合わせて、前走が芝2400mだった馬の総計は[7.1.4.50]となっている。前走が天皇賞でも芝2400mでもない馬は[1.6.5.63]で、勝ったのは新潟大賞典から来たミヤビランベリだけ。また前走1着馬が[3.2.3.18]と安定しているが、2〜5着馬が[3.4.3.35]、6〜9着馬が[3.2.1.50]、10着以下でも[1.2.3.36]と、ある程度は巻き返しも可能なレースだ。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒は[3.8.4.64]と2着に甘んじることが多い。ただし馬券に絡んだ15頭のうち1〜3番人気だったのは4頭だけ。6番人気以下が[1.3.3.47]と、人気薄が2〜3着に来ているのが特徴だ。また連対馬の父は、ダンスインザダーク、マンハッタンカフェ、アドマイヤベガ、ゼンノロブロイ、ディープインパクト、ステイゴールドなど、菊花賞や天皇賞(春)、有馬記念で好走したスタミナ型が目立つ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬が[2.0.2.17]と、サンデーサイレンス系を上回る成績。マヤノトップガン産駒が2勝をあげているように、やはりスタミナ型種牡馬の子には要注目だ。

馬券のアタマとしてはノーザンダンサー系種牡馬の産駒にも注意。[4.0.1.22]で勝率14.8%という数字を残している。キングジョージ勝ち馬オペラハウスの産駒が2勝、凱旋門賞馬エリシオを父に持つポップロックが2連覇と、欧州の2400mG1で実績を残してきた馬が好走している。

これらスタミナ寄りの血統に対し、どちらかといえばスピードに富むミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.0.1.16]、ナスルーラ系種牡馬の産駒が[0.1.2.15]。キングカメハメハ産駒ラブリーデイが1番人気5着、エルコンドルパサー産駒トウカイトリックが1番人気7着など、このレースとの相性の悪さをうかがわせている。

ほかでは、マイバブ系メジロマックイーンの産駒ホクトスルタンが1着、ファイントップ系サッカーボーイの産駒アイポッパーが2着。メジロマックイーンは名ステイヤー、サッカーボーイも産駒にナリタトップロードやヒシミラクルがいるように、豊富なスタミナを持つ血統だ。

母の父の系統別成績は、ノーザンダンサー系の[4.2.4.47]、ナスルーラ系の[2.4.2.32]を上回って、サンデーサイレンス系が[4.2.2.12]の勝率20.0%と大活躍。この3系統以外は[0.2.2.49]と苦戦している。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。