IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年6月29日(日)

11R

2014年6月29日(日) | 3回阪神8日 | 15:40発走

第55回宝塚記念(GI)

芝・右 2200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13200、5300、3300、2000、1320万円 | レコードが出たレース

人気サイド&前走好走馬が狙いで、高配当は望み薄

配当傾向

過去10年で1番人気は[3.3.2.2]の勝率30%、連対率60%。絶対的な信頼を置けるわけではないが悪い数字でもない。馬券に絡めなかった2頭は、すでに8歳となっていたタップダンスシチーと、3歳牝馬の身で1番人気の重圧を背負わされたウオッカ。いずれも敗戦の言い訳が可能な存在だったと考えられる。2番人気は[2.2.1.5]、3番人気は[1.2.3.4]と対抗格の役目を果たしていて、つまりは人気サイドの決着が多いレース。馬連は万馬券が10年で1回だけ、3連複は万馬券3回で最高が2万8280円。3連単は9回中10万馬券が1回だけ(17万8840円)と、眼の飛び出るような高額配当は飛び出していない。11番人気のスイープトウショウや8番人気ナカヤマフェスタの勝利例はあるものの、馬券全体としてはひとまず人気サイド中心で考えたい。

前走傾向

天皇賞(春)からの臨戦組が[4.5.2.30]で、出走頭数としても上位に来る回数としても中心的な位置を担っている。次いで金鯱賞組の[3.1.2.20]が目立つものの、昨年から金鯱賞の施行時期が変更、いまは鳴尾記念がステップレースとして機能しているといっていい。その鳴尾記念からは2012年にショウナンマイティが3着、2013年はダノンバラードが2着と好走しており、今後もこのローテーションには要注意だ。安田記念組は[1.0.2.12]と信頼度に欠け、目黒記念組も[0.0.1.20]と連対なし。前走の着順に目を向けると、前走1着馬が[4.4.3.22]と好成績を残し、前走2着馬が[1.2.4.14]、前走3着馬が[3.2.0.11]。前走で大敗していた馬の巻き返しよりも、前走上位入線馬が引き続きしっかり走ることに期待したいレースである。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬の産駒が[5.5.6.61]。出走馬の半数以上を占め、ほぼ毎年馬券に絡んでいる。ただし勝率6.5%、連対率13.0%と、アベレージは平均的。決してこの系統が宝塚記念を得意としているわけではない。

ただ、ステイゴールドの産駒はのべ9頭が走って4勝と素晴らしい成績。ドリームジャーニーが久々のG1勝利、ナカヤマフェスタは初のG1制覇を飾ってその勢いを凱旋門賞2着に結びつけ、オルフェーヴルとゴールドシップが快勝と、宝塚記念との相性の良さを匂わせている。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[1.1.1.15]。タニノギムレット産駒ウオッカやRed Ransom産駒ロックドゥカンブが期待を裏切っているが、グラスワンダー産駒のサクラメガワンダーとアーネストリーが馬券に絡んだ。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.2.2.19]。2着2回はオペラハウス産駒メイショウサムソンで、勝ったのはフレンチデピュティ産駒エイシンデピュティだ。系統としてのアベレージは平均以下ながら、1〜3着に入った際は稍重か重馬場。力比べになれば上位をうかがえるようだ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[2.1.1.12]で、勝率12.5%。サンデーサイレンス系やノーザンダンサー系以上に健闘し、しかも1番人気に推されていないのにこれだけの数字を残しているのは立派だ。エンドスウィープ産駒が2勝しているのもポイントである。

このほかでは、Pleasant Tap(ヒズマジェスティ系)産駒のタップダンスシチーが勝利。勝ち星のないナスルーラ系以外なら、ほぼどんな系統でも上位に来ることは可能といえる。また、ステイゴールド、グラスワンダー、エンドスウィープなど、どうも宝塚記念は特定の種牡馬の子が好走しやすいレースなのかも知れない。

母の父の系統別成績は、ノーザンダンサー系が[3.6.4.41]と数多く上位に来ているもののアベレージは平均的。他の系統も率としては似たり寄ったりだ。母父メジロマックイーン(マイバブ系)、母父タイトスポット(ヒズマジェスティ系)といったマイナー血統でもOKで、「どんな系統でも勝ち負けできる」というイメージである。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。