2014年10月14日(火)

11R

2014年10月14日(火) | 4回京都3日 | 15:35発走

第49回京都大賞典(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

勝つのは前走が重賞だった馬。2〜5番人気を軸に据えたい

配当傾向

昨年は11番人気ヒットザターゲットが単勝万馬券の穴を開け、馬連9万馬券、3連複16万馬券、3連単360万馬券の大波乱となったが、これは例外的な結果。過去10年のうち2013年を除く9年間を見ると、馬連万馬券は1回だけ、3ケタ配当が4回。3連複は万馬券が3回(最高163.4倍)、3連単は万馬券が4回、10万馬券が2回(最高1287.9倍)と、堅いとまではいえないものの「チョイ荒れ」程度に収まっている。1番人気は[2.3.0.5]で、掲示板を外したのは2006年・7着のインティライミだけだから「まるでダメ」とはいえないが、昨年はゴールドシップが5着に終わるなど半数が馬券圏外へと消えているので信頼度は高くない。2〜5番人気がトータル[7.2.6.25]と安定しており、軸馬や対抗格はここから選ぶべきか。6番人気以下が[1.5.4.51]でヒモ穴になりそうだ。

前走傾向

過去10年、前走がG1だった馬(海外含む)が[5.5.3.22]、G2だった馬が[2.4.3.19]、G3だった馬が[3.0.2.22]で、前走が重賞だった馬しか勝てないのが現状。条件戦〜オープン特別と地方からの臨戦組は[0.1.2.18]で、あっても2着・3着までだ。レース別に見ると宝塚記念組が[3.3.1.9]で、まずはこれが主力。天皇賞(春)以来という馬の[1.1.2.9]より成績は良好だ。朝日チャレンジC組が[2.0.1.11]、オールカマー組が[1.1.1.5]と、秋一発目の中距離重賞を使ってきた馬も無視できないが、札幌記念組は[0.2.1.5]で、勝ち馬候補というよりヒモ候補か。前走で勝っていた馬が[2.0.2.17]、2〜5着だった馬が[5.5.6.15]、6〜9着だった馬が[2.4.1.23]、10着以下でも[1.1.1.26]なので、前走の着順はあまり気にしなくてよさそうだ。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒が[3.5.4.38]。コンスタントに上位には来るが、勝率6.0%、複勝率24.0%と数字的には平凡だ。

その他のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[1.0.0.11]。こちらも勝率8.3%と高くない。ただし12頭中10頭が6番人気以下で、勝ったのは5番人気だったメイショウカンパク。人気サイドなら注意しておきたい。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が[3.0.1.5]。エンドスウィープ産駒スイープトウショウ、キングカメハメハ産駒ローズキングダムとヒットザターゲットの1着があり、勝率33.3%と好調だ。

ナスルーラ系も[2.2.3.10]の勝率11.8%、連対率23.5%、複勝率41.2%と安定している。ただし1〜3着内7回のうち4回はオウケンブルースリが稼いだもので、この馬を除くと[1.0.2.10]と平均的な数値に落ち着く。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒が[1.3.1.16]の勝率4.8%で、これまた大したことのない数字。単勝オッズ20倍未満のときが[1.2.1.4]、20倍以上のときが[0.1.0.12]なので、穴馬の激走は考えにくそうだ。

全体として、ミスタープロスペクター系がやや有利ながらどんな系統からでも勝ち馬が出るレースだと捉えたほうがいいだろう。

母の父の系統別成績は様相が一転。母父がノーザンダンサー系だと[6.3.4.24]の勝率16.2%、連対率24.3%、複勝率35.1%と安定しており、このタイプを中心視したいところ。

次いで母父サンデーサイレンス系が[2.1.3.10]で有力。母父ナスルーラ系という馬も[2.2.0.21]で、率としては高くないものの連には絡んでくる。

勝ち馬を出しているのはここまでで、これ以外の血統はまとめて[0.4.3.26]。馬券に絡んだ7頭のうち6頭は父がサンデーサイレンス系だった点には注意しておきたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。