IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年4月27日(日)

11R

2014年4月27日(日) | 3回京都2日 | 15:35発走

第45回読売マイラーズカップ(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 |

レース名に惑わされず、実績・血統の両面で中距離適性を重視したい

配当傾向

過去10年で1番人気は[3.1.1.5]と信頼度は高くない。[0.2.0.8]という2番人気の不振ぶりも目につき、いっぽう3番人気が[4.1.2.3]と1番人気を上回る成績を残していて狙いたい存在になっている。10番人気以下は[0.1.1.56]だから頻繁に馬券に絡んでいるわけではないが、1〜2番人気が冴えないぶん配当はやや荒れ気味で、馬連は3ケタ配当が3回だけ、万馬券が3回。3連複は万馬券3回と13万馬券が1回、3連単は9回中4回が万馬券、13万馬券が1回、20万馬券が2回、123万馬券が1回。特に荒れたのは9番人気コンゴウリキシオーの勝った2007年と7番人気シルポートの勝った2011年で、どちらも好タイムでの逃げ切りだった。もともと前残りの多いレース、スピードの出る馬場なら逃げ馬が穴を開けることを期待してもいいのではないだろうか。

前走傾向

過去10年、前走がマイル戦だった馬の[3.5.6.60]、勝率4.1%に対して、1800mを使ってきた馬が[6.4.2.20]の勝率18.8%と大きくリード。前走が香港マイルだったスーパーホーネットとグランプリボス、フェブラリーSだったリーチザクラウンなど強い相手に揉まれてきた馬なら侮れないが、この3頭は1800mでも好走歴があり、単純なマイラーより中距離適性が求められるレースだといえる。とりわけ中山記念を使ってきた馬が[4.2.1.12]と良績を残している。逆に不振なのは[0.1.0.21]のダービー卿チャレンジT組や[0.1.3.6]の東京新聞杯組、[0.0.1.9]の高松宮記念組などだ。前走5着以内の馬が[5.8.7.58]、前走10着以下で[4.2.1.30]なので前走着順は気にしなくてよさそうだが、中3週以下だと[0.3.3.53]なので、詰めて使われている馬は割引が必要だ。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒が[2.5.4.47]で、勝率はわずか3.4%、2〜3着に甘んじているケースが多い。昨今の日本競馬では珍しく、この系統が苦戦している舞台だ。ただし2着馬5頭のうち4頭が6番人気以下で、穴馬がよく突っ込んでくるイメージもある。軸馬は他の血統から選び「ヒモ穴としてサンデーサイレンス系種牡馬の産駒をピックアップする」という手はどうだろうか。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒も[0.1.3.15]とこのレースは苦手。こちらも7番人気2着や9番人気3着があり、やや穴っぽい傾向を示している。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒も[0.1.2.19]と10年間未勝利。一度も1番人気に推されたことがなく、大半が単勝オッズ15倍以上の人気薄だったので無理もないが、2着・3着に来た3頭はいずれも単勝オッズ10倍未満。人気サイドでのみ押さえは必要だが、穴馬の激走は望みにくそうだ。

以上の各系統を突き放してこのレースで活躍しているのがノーザンダンサー系種牡馬。産駒成績は[5.2.1.21]で勝率17.2%と立派な数字を残している。ただしSingspiel産駒のローエングリンが1勝・2着1回、ホワイトマズル産駒のシルポートが2011年と2012年の連覇を成し遂げるなど、特定の馬の活躍で数字を押し上げている印象も否めない。ナスルーラ系が[3.1.0.13]、勝率17.6%はノーザンダンサー系を上回り、要注意の血統だ。

勝ち馬の父8頭の現役時成績を見ると、Singspielとロドリゴデトリアーノは英国際Sなど、タマモクロスとスペシャルウィークは天皇賞(秋)など、ホワイトマズルは伊ダービーなどを勝っていて、この5頭は中距離以上のG1勝ち馬。サンデーサイレンスは中長距離G1勝ち馬を何頭も出しており、ミラクルアドマイヤは1勝止まりだがその父は凱旋門賞馬トニービンだ。

コンゴウリキシオーの父Stravinskyは短距離馬だが、コンゴウリキシオーの母父HanselはプリークネスSとベルモントSの二冠馬。グランプリボスの父サクラバクシンオーもスプリンターだが、グランプリボスの母父はサンデーサイレンス。やはり中距離以上への適性が必要、純粋な短距離〜マイル血統では苦戦を強いられるレースといえるのかも知れない。

母父成績も、ノーザンダンサー系が[2.5.2.40]、ナスルーラ系が[2.3.3.19]と種牡馬成績でも好調の2系統が馬券圏内に数多くの馬を送り込んでいるが、ここではサンデーサイレンス系も躍進。[4.1.1.18]の勝率16.7%、母父サンデーサイレンスという馬が目下3連勝中であり、注目しておくべきだろう。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。