IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年12月28日(日)

9R

2014年12月28日(日) | 4回中山8日 | 14:35発走

第31回ホープフルステークス(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)牡・牝(特指) 馬齢 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 |

人気サイド中心で馬券は中穴まで。前走・重賞かオープンの好走馬が軸

配当傾向

過去10年のラジオNIKKEI杯2歳Sを見ると、1番人気は[3.4.1.2]で勝率30.0%、連対率70.0%と信頼度はまずまず高い。2番人気も[3.2.3.2]と遜色なく、1〜2番人気が揃って馬券圏外に消えたことはないから、まずは人気サイド中心の予想でOKだ。単勝オッズ20倍を超える馬も5頭が馬券に絡んでいるものの、10番人気以下は[0.0.0.37]で極端な大穴は望み薄。配当的にも、馬連は10回中5回が3ケタ配当と堅く、万馬券は1回だけ。3連複も万馬券は1回だけだ。3連単となると万馬券が6回出ているが、10万馬券はない。もっとも荒れた年でも7番人気だったワンアンドオンリーが勝った2013年で、馬連104.6倍、3連複108.3倍、3連単972.7倍。1〜2番人気のどちらかを軸に、相手も人気サイド、せいぜい9番人気までで、狙っても中穴止まりとなりそうだ。

前走傾向

「クラシックへの直結度が高い」といわれるだけあって、馬券に絡む馬の大半が実績馬。前走が重賞だった馬が[4.4.3.7]の勝率22.4%、連対率44.4%、複勝率61.1%と好調で、次いで前走オープンという馬が[4.2.0.22]の勝率14.3%、連対率21.4%で続く。対して前走が条件戦だと[2.4.7.66]で勝率は2.5%止まり、3着の多さが目立つ。レース別では京都2歳S組が[4.1.0.15]、東京スポーツ杯2歳S組が[2.1.1.3]で、中距離を中心に使われている馬が健闘。前走の距離別では[6.2.2.36]の2000m組が頼りになる。前走の成績別では、前走1着馬が[6.7.8.55]で中心。また前走1〜2番人気だった馬が[7.6.8.41]と好成績を残している。重賞・オープンで人気になり、しっかりと結果を残してきた馬を素直に信じていいレースといえるだろう。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒が[6.6.8.50]。勝率は8.6%なのでたいしたことはないが、7年続けて連対しており、うち4回は1・2フィニッシュ。まずは中心勢力と考えて間違いない。

ただしこの系統、1〜3番人気だと[2.4.4.8]と馬券にはよく絡むが勝ち切れず、4番人気以下で[4.2.4.42]と、むしろ人気の盲点になっている馬の激走が目立つ印象だ。種牡馬別では、ネオユニヴァースとディープインパクトの産駒が各2勝、フジキセキとハーツクライの産駒が1勝ずつで、2000〜2400mベストというタイプが狙い目となりそうだ。

非サンデーサイレンス系のヘイルトゥリーズン系種牡馬も[2.1.0.10]と健闘している。勝ち馬はグラスワンダー産駒サクラメガワンダー、シンボリクリスエス産駒エピファネイア、2着がブライアンズタイム産駒ヴィクトリー。この3頭は1〜3番人気での好走。4番人気以下に限ると[0.0.0.10]だから、人気サイドなら買い、人気薄なら消しでいいのではないか。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.2.0.13]。エルコンドルパサー産駒ヴァーミリアンが勝ち、エンドスウィープの子アドマイヤムーンとフォーティナイナー産駒サダムイダテンが2着。連に絡んだ3頭は1〜2番人気で、それ以下の人気では[0.0.0.13]だから、こちらも人気で買い、人気薄で消し。

ナスルーラ系は[1.1.0.7]。ジャングルポケット産駒フサイチホウオーの1着、Stephen Got Even産駒コスモファントムの2着がある。これまた2頭は1〜2番人気。人気のときだけ走ると覚えておきたい。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒が[0.0.2.14]と冴えない。クロフネ産駒トリップが1番人気で4着に敗れ、昨年はInvincible Spirit産駒シンガンが3番人気で14着と、信頼度は低めだ。

まとめれば、非サンデーサイレンス系のヘイルトゥリーズン系、ミスタープロスペクター系、ナスルーラ系の人気サイドに、サンデーサイレンス系は人気なら2〜3着、人気薄ならアタマもアリ、という馬券の組み立てとなりそうだ。

母父としてはサンデーサイレンス系が[4.1.0.15]の勝率20.0%と好調。ミスタープロスペクター系も[2.1.0.9]の勝率16.7%と頑張っている。ノーザンダンサー系は[3.1.5.34]の勝率7.0%。アベレージは高くないものの、馬券対象にはなるので忘れずピックアップしたい。

それ以上にしっかり拾っておきたいのが[0.5.5.19]の母父ナスルーラ系。複勝率34.5%は他の系統より高く、しかも2着になった5頭はいずれも1〜3番人気、3着の5頭はすべて4番人気以下と、わかりやすい傾向を示している。つまり母父ナスルーラ系というタイプは、人気なら連軸、人気薄なら3着のヒモ穴、というわけだ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。