2014年4月20日(日)

11R

2014年4月20日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第74回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

父サンデーサイレンス系で、トライアル1着馬が断然有利

配当傾向

過去10年で1番人気は[3.2.1.4]と平均的な数字。2番人気は[0.2.2.6]、3番人気は[1.0.3.6]といまひとつだが、1〜3番人気が1頭も馬券に絡まなかった年はない(昨年は1〜3番人気が1・2・3着)から、軸はここから選ぶべきだろう。ただし4番人気と7番人気が2勝ずつをマークするなど4〜8番人気の合計が[5.3.3.39]と大健闘。10番人気以下も[1.3.1.85]で、率としては低いものの10年中5年で馬券に絡んでいて無視できない存在だ。馬連は10年中4回で万馬券、3連複は6回が万馬券で1回が20万馬券、3連単は9回中5回が万馬券で、27万馬券、39万馬券、そして162万馬券の大荒れもあった。一応は1〜3番人気の馬から軸を選び、相手にも人気サイド、4〜8番人気からも数頭、10番人気以下も最低1頭、というラインナップで馬券を組み立てたい。

前走傾向

前走1着だった馬が過去10年で[8.3.4.47]と、さすがの成績。軸は「前走で勝っていた馬」で問題ないだろう。前走2着〜4着馬はトータルで[2.6.4.56]だから、2〜3着なら十分にあるというイメージ。前走5着以下となると[0.1.2.47]と極端に成績が下がる。中でも前走10着以下は[0.0.0.20]、前走で勝ち馬から1秒以上負けていた馬は[0.0.0.26]とノーチャンスだ。前走のレース別で見ると、スプリングS組が[5.2.1.47]、弥生賞組が[3.4.5.32]で、この2つのローテーションが主力。若葉S組は[1.4.1.18]で、人気薄で2着に来るイメージがあり、共同通信杯からの直行組も[1.0.2.6]だから勝ち負けは可能だ。以上4つのレース以外からの臨戦だと[0.0.1.47]で、馬券に絡んだのは京成杯1着から皐月賞3着のエイシンフラッシュだけとなっている。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒が[7.7.4.73]。出走馬の半数を占め、勝率7.7%、連対率15.4%、複勝率19.8%という数字を残している。このアベレージ自体は驚くほど高いものではないが、非サンデーサイレンス系種牡馬の産駒による[3.3.6.77]、勝率3.4%、連対率6.7%、複勝率13.5%と比較すると優位性は明らかだろう。

2007年と2013年にはサンデーサイレンス系が馬券に絡めなかったものの、1・2フィニッシュが3回、1・2・3フィニッシュが3回と、ほぼ独擅場。この系統が皐月賞の主役といっていい。

種牡馬別では、自身も皐月賞勝ち馬であるネオユニヴァース、アグネスタキオン、ディープインパクトの子らが皐月賞で連対しているほか、ステイゴールド、マンハッタンカフェ、スペシャルウィークといったスタミナのあるタイプの子も皐月賞で1・2着。ダートで実績を残したサンデーサイレンス自身およびゴールドアリュールの子、あるいは万能型といえるフジキセキの子も結果を出していて、この系統ならどんなタイプでも問題なしといえそうだ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[1.1.3.17]で、複勝率22.7%は主要系統中でトップ。種牡馬別で見ると、2004年3着のメイショウボーラーは父タイキシャトルでマイラー色の強いタイプだったが、その後の3着以内馬の父はブライアンズタイム、グラスワンダー、シンボリクリスエスと、2500〜3200m級のレースと好相性を示すスタミナ型となっている。

サンデーサイレンス系に一矢報いているのがノーザンダンサー系種牡馬で、その産駒は[2.2.0.27]。オペラハウス産駒メイショウサムソンとローエングリン産駒ロゴタイプが勝ち、ザグレブ産駒コスモバルクとテンビー産駒サンツェッペリンが2着に食い込んでいる。キングジョージ勝ち馬オペラハウスと愛ダービー馬ザグレブは“欧州スタミナ系 、中山記念やマイラーズCを勝ったローエングリンと仏グランクリテリウム勝ち馬テンビーはマイラーといえる。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.0.2.21]と10年間未勝利。King s Best産駒エイシンフラッシュが11番人気で3着に追い込み、キングカメハメハ産駒コディーノも3番人気で3着を確保しているものの、むしろ、1番人気4着のアドマイヤムーン、3番人気14着のショウナンアルバ、2番人気4着のローズキングダム、3番人気11着のベルシャザールと、期待を裏切った馬が目立つ。軸にはしたくない存在だ。

ナスルーラ系は[0.0.1.11]。2番人気だったジャングルポケット産駒フサイチホウオーが3着を確保するのがやっと。人気サイドなら一応は押さえておくべきだろうが、穴馬としての魅力には乏しい。

サンデーサイレンス系は種牡馬としての成績が優秀であるぶん、母の父としては[1.1.3.26]とやや苦戦傾向だ。昨年はこのタイプが1・2・3フィニッシュを決めているものの、基本としては「軸よりも相手候補」と考えるべきだろう。

代わって浮上するのが母父ノーザンダンサー系という馬で[4.5.2.42]。また母父ナスルーラ系も[2.2.1.32]と健闘しており、中でも母父トニービンという馬は2勝・2着1回と皐月賞でいい数字を残している。

母父がマイバブ系メジロマックイーンというオルフェーヴルとゴールドシップが勝ち、母父テディ〜ダマスカス系オジジアンのサンツェッペリン、母父がアルミヒスト系Acatenangoのワールドエースが2着など、マイナーな血統も活躍している。

父はサンデーサイレンス系が基本、相手はノーザンダンサー系ということはハッキリしているものの、母父の系統はそこまでの偏りはないのが現状の皐月賞だ。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。