競馬 - フジテレビ賞スプリングステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年3月23日(日)

11R

2014年3月23日(日) | 2回中山8日 | 15:45発走

第63回フジテレビ賞スプリングステークス(GII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

勝利には前走3着以内が絶対条件。人気サイド&重賞好走馬を狙いたい

配当傾向

過去10年で1番人気は[4.2.2.2]。勝率40.0%、複勝率80.0%、現在8年連続して馬券に絡んでいるとなれば、合格点をつけられる成績だ。1〜5番人気のトータルでは[9.5.4.32]。10年中7回は単勝オッズ6倍未満の馬が勝っていて、もっとも人気薄の勝ち馬でも6番人気のスマイルジャック、オッズ的には14.5倍のメイショウサムソン(4番人気)だから、1着は荒れても中穴止まり。まずは人気サイドが責任を果たしているレースといえるだろう。ただし単勝オッズ15倍以上の馬も[0.5.6.92]と2〜3着にはたびたび来ており、馬連万馬券が3回、3連複万馬券も3回あった。3連単は最低が8250円で、9回中7回が万馬券以上、18万馬券と45万馬券が出ている。軸馬は人気サイドから選び、相手には人気サイド〜人気薄まで幅広くピックアップしたい。

前走傾向

過去10年の勝ち馬10頭中、前走でも勝っていた馬が3頭、2着だった馬が3頭、3着だった馬が4頭。つまりすべてが前走3着以内。前走2〜3着だった7頭も、1着との差は最大で0.2秒しかなかった。前走で「力の差を感じてしまった」というタイプは、ここでは勝てそうもない。前走のレース別で見ると、きさらぎ賞組が[4.1.1.9]で主力、次いで共同通信杯組が[2.3.1.11]で続いている。過信できないのが[1.1.2.8]にとどまっている朝日杯フューチュリティSから久々という馬だ。前走が新馬、未勝利、500万下だった馬も[1.2.5.46]と、かなり苦戦している。前走がダートだった馬も[0.0.1.24]と不振。前走からの間隔が連闘〜3週と詰まっている馬も[0.1.2.31]と冴えない。きさらぎ賞か共同通信杯で3着以内に入っている馬を中心として考えたい。

血統傾向

サンデーサイレンス、ダンスインザダーク、ネオユニヴァース、ステイゴールド、アグネスタキオンの産駒が各1勝をあげており、これらサンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[5.5.5.55]という成績。1・2・3フィニッシュも過去10年で2回記録している。

出走馬の半数近くがこの血統なので当然の結果ともいえるが、少なくとも得意とする舞台であることは確か。1〜5番人気なら[5.2.1.13]と軸馬候補になり、6番人気以下でも[0.3.4.42]とヒモ穴の気配を漂わせている。

その他のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒も[2.1.1.14]で勝率11.1%と好成績。勝ち馬を出したのはシンボリクリスエスとタニノギムレットだ。

上記の種牡馬たちは、現役時代「芝2000m以上のG1(特に3歳クラシック)で勝ち負けできる底力を感じさせた面々」で、現在の主流ともいえる血統。クラシックの主役だった馬たちが種牡馬となり、その産駒もこのレースで結果を残している、といったイメージである。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[2.3.0.23]。勝率は7.1%だからサンデーサイレンス系と同等だが、6番人気以下で馬券に絡んだのはキングヘイロー産駒ウインクルセイド(2005年に8番人気で2着)だから、ある程度の評価を受けてはじめて走る、というタイプ。

2006年の勝ち馬メイショウサムソンはオペラハウス産駒だが、その他の連対馬4頭の父は、キングヘイロー、クロフネ、ゼンノエルシド、ローエングリンと、マイラータイプの種牡馬が好成績を収めていることも特徴的だろう。

このレースとの相性に疑問符をつけたくなるのがミスタープロスペクター系種牡馬の産駒。[0.1.4.16]と過去10年間未勝利で、エルコンドルパサー産駒ヴァーミリアンが2番人気14着、フォーティナイナー産駒サダムイダテンが2番人気12着、キングカメハメハ産駒ゼロスが5番人気10着と、人気を大きく裏切った馬も目につく。過信は禁物だ。

ヘイルトゥリーズン系、ノーザンダンサー系、ミスタープロスペクター系の三大血統以外はまとめて[1.0.0.16]。勝ったのはナスルーラ系Rahy産駒のフライングアップルだけで、この馬は1番人気に推されていた。よほど実力を高く評価されていない限り、三大血統以外は消してしまいたいところだ。

母の父を系統別に見るとノーザンダンサー系が[5.3.5.35]と中心を担っている。勝率も10.4%あるから威張っていい。それ以上に注目すべきはサンデーサイレンス系で、[3.3.1.16]の勝率13.0%と優れた数字を残している。ここでも冴えないのがミスタープロスペクター系で、[0.1.1.21]と10年間未勝利。母父がサンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬という馬も[0.1.0.11]と苦戦を強いられている。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。