IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年11月8日(土)

11R

2014年11月8日(土) | 5回東京1日 | 15:35発走

第50回京王杯2歳ステークス(GII)

芝・左 1400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3600、1400、900、540、360万円 |

毎年のように中波乱。決め打ちよりマルチやボックス向き

配当傾向

過去10年で1番人気は[1.2.0.7]。特に近5年は馬券に絡んでおらず、信頼度は極めて低い。2番人気も[0.1.1.8]と不振だ。3〜5番人気馬のトータルが[6.2.5.17]の勝率20.0%で、このあたりの健闘が目立つ。勝ち馬の人気は1〜14番人気の範囲、単勝配当は370円〜6190円の範囲に散らばっており、10年間の1〜3着馬30頭のうち12頭が6番人気以下と、あまり堅いレースではない。馬連は万馬券が3回で、最低でも1090円。3連複は万馬券が8回で、最低が2240円。3連単は、昨年が974.7倍、2005年が154.6倍で、その他の8回はすべて10万馬券以上となっている。ただし最高でもグランプリボスが勝った2010年の51万馬券止まりだ。超のつく大荒れはないものの、基本的には高配当狙いがセオリー。1着固定よりマルチやボックスなどで手広く買うのもよさそうだ。

前走傾向

過去10年、前走が新馬・未勝利戦だった馬は[1.5.2.36]で、勝ったのは昨年のカラダレジェンドだけ。血統や前走の勝ちっぷりから人気になっていたとしても、基本的には狙いにくい存在だ。前走が500万下という馬も[1.1.3.29]で、勝ったのはレオアクティブだけ。これらに対し、前走がオープン特別だと[4.3.3.24]で勝率11.8%、前走が重賞という馬は[4.1.2.21]で勝率14.3%と一気に成績は跳ね上がる。2歳戦の中では格の高い一戦であり、好走のためには「強い相手に揉まれてきた経験」が重要なのだろう。ただし、デイリー杯2歳S組が2勝しているほか、函館2歳S、新潟2歳S、いちょうSや芙蓉Sなどさまざまな臨戦過程の馬が勝利していて、「コレ」と決め打ちできるローテーションはない。前走ダートだった馬は[0.0.0.11]と用なしに終わっている。

血統傾向

芝の重賞としては極めて珍しいケースなのだが、過去10年、サンデーサイレンス系の種牡馬は[0.4.4.30]と未勝利。オルフェーヴル、モンストール、テイエムイナズマが1番人気で敗れており、このレースとの相性は最悪だ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬も[1.0.0.10]。グラスワンダー産駒マイネルレーニアの1着はあるが、タニノギムレット産駒ゴールドアグリやスクリーンヒーロー産駒モーリスが1番人気で馬券圏外に消えるなど、あまりいいとはいえない。

代わって浮上するのがノーザンダンサー系種牡馬で、[4.0.3.24]の勝率12.9%と他の系統をリード。メジロライアン、Giant sC auseway、Tale of the Cat、フレンチデピュティの産駒が勝利している。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[2.5.3.28]。勝率は5.3%なのでそう高くはないが、1番人気に推された2頭は2着を確保しており、複勝率28.2%はノーザンダンサー系を上回って主要系統中トップ。3連複や3連単マルチの軸馬として機能してくれるかも知れない。

ナスルーラ系は[2.1.0.16]。勝率10.5%と立派な数字だ。サクラバクシンオー産駒のデンシャミチとグランプリボスが勝利しており、10年間で2勝をあげているのは全種牡馬中サクラバクシンオー産駒だけ。ただしサクラバクシンオー産駒の成績は[2.0.0.6]と、勝つか負けるかの両極端となっている。

ほかではインリアリティ系Officerの産駒アポロドルチェが勝利しているが、これは1番人気でのもの。人気薄のマイナー血統が馬券に絡んだケースはない。

母の父の系統別成績を見てもノーザンダンサー系が優位。母父ノーザンダンサー系という馬は[6.5.3.35]で勝率12.2%、連対率22.4%、複勝率28.6%の優秀な数字を残している。また母父サンデーサイレンスという馬も[2.2.1.7]で勝率16.7%と成績を伸ばしてきた。

総合すれば「父か母父がノーザンダンサー系の馬が軸」「母父サンデーサイレンスにも要注意」といったところだろう。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。