IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年5月25日(日)

11R

2014年5月25日(日) | 2回東京10日 | 15:40発走

第75回優駿牝馬(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

桜花賞組が優勢も、1〜2番人気の信頼度は低くて難解なレース

配当傾向

過去10年で1番人気は[3.1.1.5]で、半数が馬券圏外へと消えている。同期間の桜花賞では1番人気が[3.4.0.3]だから、やや信頼度を落としているといえる。かといって2番人気も[0.3.1.6]とアテにはしづらく、3番人気と5番人気が2勝ずつ、4、6、7番人気が各1勝ずつで、3〜9番人気の合計が[8.4.8.50]。よほどの穴馬でない限りどこからでも買える雰囲気だ。馬連は10年中4回が万馬券で、最低が320円、最高が4万2750円。3連複は7回が万馬券で、1250円〜6万3460円の範囲。いずれも10万馬券には届いていないが、3連単になるとさすがに15万馬券、16万馬券、44万馬券、54万馬券と高配当も飛び出している。それでも100万オーバーはなく、1〜2番人気の信頼度は低めながら超のつく大波乱もないレース。ほどほどの荒れ具合である。

前走傾向

過去10年で桜花賞からの直行組が[8.6.5.59]、勝率10.3%、連対率17.9%と安定している。桜花賞組が連を外したのは2011年だけで、それでもホエールキャプチャが3着は確保。この10年に馬券から消えたことはないから、軸として考えて問題ないはずだ。桜花賞勝ち馬に限ると[3.0.1.4]と、さすがに信頼度は高まるものの、桜花賞6着以下でも[3.1.1.35]と巻き返しは可能。ほかでは、フローラS組が[1.3.4.30]、スイートピーS組が[1.0.1.28]、忘れな草賞組が[1.0.0.10]。桜花賞組よりアベレージとしては低いが、一応の注意は必要だろう。以上4レース以外からの臨戦だと[0.0.0.22]でノーチャンス。また桜花賞以外からの臨戦でオークスを制したカワカミプリンセス、サンテミリオン(1着同着)、エリンコートは、いずれも前走で勝利していた。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬の産駒が[7.6.6.85]。100頭以上も出走している大勢力だから、上位に来る回数が多いのも当然。勝率6.7%、連対率12.5%とアベレージ的には平凡だ。

ただし6番人気以下だけに絞ると、この系統は[3.1.3.65]、サンデーサイレンス系以外は[0.1.2.54]だから、人気薄でも好走できる点は心強い。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[0.0.0.17]で、サンデーの血がないというだけで凡走続き。シンボリクリスエス産駒ソーマジックが3番人気8着、タニノギムレット産駒ミッドサマーフェアが1番人気13着と期待を裏切っており、切りたい存在だ。

ナスルーラ系種牡馬の産駒が[2.0.1.8]と、少ない出走馬から2頭のオークス馬を出している。ただ、そこそこの人気でも馬券から消えるケースが続いていて、あまりアテにはできないイメージもアリ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.1.0.17]。キングカメハメハ産駒アパパネが勝ち、エンドスウィープ産駒スイープトウショウが2着に来たが、ほとんどの馬が「2ケタ人気で2ケタ着順」というタイプで、これまた狙いにくい血統。ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は、キングヘイロー産駒カワカミプリンセスが勝利しているものの、成績は[1.0.3.18]で、こちらも買いづらい。

母の父の系統別成績では、ノーザンダンサー系が[6.7.3.47]と安定。この10年で連対を外したのは2008年だけで、勝率9.5%、連対率20.6%も他の系統より優れているから、まずは軸として信頼できそう。なかでも父サンデーサイレンス×母父ノーザンダンサー系という配合だけに絞ると[5.4.2.35]と、オークスにおける中心勢力といっていい存在感を示している。

母父サンデーサイレンスというタイプは[1.0.2.17]。出走数が多い割に成績的にはいまひとつで、特に6番人気以下だと[0.0.0.15]と全滅。父サンデーサイレンス系は人気薄でも走れるが、母父サンデーサイレンスは人気サイドでしか買えないという違いに注意したい。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。