IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年5月18日(日)

11R

2014年5月18日(日) | 2回東京8日 | 15:40発走

第9回ヴィクトリアマイル(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9000、3600、2300、1400、900万円 |

マイル以上の重賞で好走してきた馬から狙いたいレース

配当傾向

今年9回目を迎える、このレース。2007年には12番人気のコイウタが勝ち、2着が9番人気、3着が8番人気で、馬連が3万馬券、3連複23万馬券、3連単228万馬券と波乱になったこともある。ただし大きく荒れたのはこの年だけ。1番人気が[3.2.0.3]、2番人気が[2.0.0.6]、4番人気と5番人気が1勝ずつと、他の7年は標準的だ。この7年だけを見ると、馬連は230円から8030円の範囲、3連複は620円から3万5770円、3連単は3620円から19万3570円と、目の飛び出るほどの高配当とはなっていない。1〜3番人気が揃って馬券圏外に消えたのは2007年だけということもあり、最初から穴馬を軸にする戦略には無理がありそうだ。人気サイドを軸に、単勝オッズ30倍以上(過去7頭が馬券に絡んでいる)も相手に拾っておく、くらいがいいのではないだろうか。

前走傾向

勝ち馬8頭の前走を見ると、マイラーズCが2頭、阪神牝馬S、中山牝馬S、ダービー卿チャレンジT、ドバイデューティーフリー、ドバイシーマクラシック、大阪杯が各1頭と、かなりバラバラ。福島牝馬S組は[0.1.1.33]と相性が悪く、前走がオープン特別や準オープンだと[0.0.1.14]と荷が重いようだが、それらを除けば「前走が重賞ならOK」だろう。ただ、2008年のエイジアンウインズ(前走は1400mの阪神牝馬S1着)を除く勝ち馬7頭はすべて前走1600m以上。またドバイデューティーフリー7着のウオッカ、大阪杯6着のヴィルシーナと、強敵相手だった両馬以外はすべて前走で掲示板を確保(5着以内)していた。中1〜2週と間隔が詰まっていた馬は[0.1.1.47]だ。まとめれば「前走マイル以上の重賞で5着以内+適度な間隔」が勝利への条件だ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[5.5.4.58]、それ以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[1.1.1.8]と、1〜3着馬の多くを占めている。出走数が多いので上位に来る数が増えるのは当然だが、8年中4年が「ヘイルトゥリーズン系のワン・ツー・スリー・フィニッシュ」であることを考えれば、相当に相性が良く、信頼もできる血統と考えていいはずだ。

1番人気だけを取り出すと、父がヘイルトゥリーズン系/サンデーサイレンス系であるウオッカとブエナビスタはともに1勝・2着1回と連対をキープ、父ディープインパクトのヴィルシーナも悲願のGI初制覇を成し遂げたが、父ミスタープロスペクター系のラインクラフトとアパパネ、父ノーザンダンサー系のカワカミプリンセスは馬群に沈んでいる。

また単勝オッズ30倍以上で1〜3着に来た7頭のうち5頭は父ヘイルトゥリーズン系/サンデーサイレンス系(実は残りの2頭は母父がサンデーサイレンス)。穴でも走ってくれるのだから心強い。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.2.1.26]。馬券に絡んだのは、フレンチデピュティ産駒のショウナンラノビア(3着)、クロフネ産駒のブラボーデイジー(2着)とホエールキャプチャ(1着と2着)といった面々だ。ご存知の通り、フレンチデピュティはクロフネの父。この親子以外の種牡馬はすべて着外に沈んでいる。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.0.1.12]。2011年にキングカメハメハ産駒のアパパネ(1着)とレディアルバローザ(3着)が素晴らしいレースを見せたものの、その両馬も翌2012年には5着と9着に敗れているように、本質的にはこのレースに合わないのではないだろうか。

以上の系統以外はまとめて[0.0.1.15]。あまり人気になることもないのだが、テレグノシス(ナスルーラ系)産駒マイネイサベルが3着に来ただけで、成績として冴えない。

母の父に目を向けると、ノーザンダンサー系が[4.3.4.42]で上位に来る回数では最多。馬券に絡んだ11頭のうち10頭が、父はヘイルトゥリーズン系/サンデーサイレンス系だった。

それ以外の系統も、コイウタの母父はクラリオン系ドクターデヴィアス、ウオッカはナスルーラ系ルション、ホエールキャプチャはサンデーサイレンス、ヴィルシーナはミスタープロスペクター系Machiavellianと、さまざまな母父系統から勝ち馬が出ている。

また、1〜3着以内馬のべ24頭のうち、父サンデーサイレンス系が14頭、父ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系以外)が3頭、母父サンデーサイレンス系が4頭で、計21頭。つまりヘイルトゥリーズンの血を持たないと上位に来ることは難しいレースだともいえる。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。