競馬 - テレビ東京杯青葉賞 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年5月3日(土)

11R

2014年5月3日(土) | 2回東京3日 | 15:45発走

第21回テレビ東京杯青葉賞(GII)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

毎日杯や弥生賞で上位に来た実績上位馬を素直に狙いたい

配当傾向

過去10年で1番人気は[5.0.2.3]と、まずは立派な成績。2番人気も[2.1.2.5]なら対抗格として及第点だろう。ただし1〜2番人気がともに連対を外した場合、2007年は3番人気と15番人気、2013年は7番人気と9番人気の決着と途端に荒れる傾向にある。3着以内馬計30頭中14頭が単勝オッズ10倍以上、うち4頭が40倍以上と頻繁に穴馬も来ていて、人気サイドだけで馬券を考えるのは禁物となりそうだ。馬連は万馬券が2回。3連複は万馬券が4回。3連単は9回中、万馬券にならなかったのは2回だけ。2007年は59万馬券、2012年は18万馬券、2013年は42万馬券と高配当を十分に期待できる。軸馬は信頼度の高い1番人気を中心に人気サイドから選んで問題ないはずだが、2〜3着には穴馬も手広くピックアップしておきたい。

前走傾向

前走が重賞だった馬は[7.3.4.29]で勝率16.3%、オープン特別からだと[2.1.0.23]で勝率7.7%、これらの合計が[9.4.4.52]で勝率13.0%。前走が500万下だと[1.5.6.80]で、2〜3着にはたびたび来るものの勝率は1.1%に過ぎない。レース別では毎日杯からの臨戦組が[4.1.3.7]で勝率26.7%、弥生賞から進んできた馬が[3.1.1.3]の勝率37.5%と好成績を残している。第一冠・皐月賞出走を狙ったものの少し届かなかった馬やキツいローテーションを嫌った馬たちが、このダービートライアルでしっかり結果を残す、というイメージだ。ただしスプリングS組は[0.1.0.11]と不振、皐月賞組も[0.0.0.4]と苦戦している点には気をつけたい。また前走4着以内の馬が[8.8.8.100]、10着以下だと[0.0.0.15]だから、大敗からの巻き返しは困難となっている。

血統傾向

極端なまでにヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系を含む)種牡馬の産駒に向いたレースだ。なにしろ過去10年で[10.5.9.86]と、馬券圏内のほとんどを占めているのだから。もちろん出走馬174頭中110頭がこの系統なので上位に来ることが多いのも当然なのだが、軸馬はこの血統から選ぶのがセオリーであることは間違いない。

サンデーサイレンス系が[8.5.8.62]で、顔ぶれはサンデーサイレンス自身のほか、アグネスタキオン、ゼンノロブロイ、ハーツクライ、ステイゴールド、ディープインパクト。それ以外のヘイルトゥリーズン系は[2.0.1.24]で、タニノギムレットとシンボリクリスエスの産駒が勝っている。各馬の勝ち鞍を見ると、日本ダービー、ジャパンC、ドバイシーマクラシック、香港ヴァーズなど、芝2400mのG1が多いことに気づく。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[0.4.0.22]で、2着なら十分にありそう。サンデーサイレンスの血が台頭する前は、カーネギー産駒のカーネギーダイアン、ダンスホール産駒のマウンテンストーンが青葉賞を制しているのだから、決してこのレースに向かないわけではないのだろう。少なくともヒモに1頭ピックアップしておきたいところだ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.1.0.20]と苦戦中。2着に来たのはキングカメハメハ産駒の2番人気トゥザグローリーで、勝ったペルーサには4馬身も突き放されている。このレースは苦手といえる血統だ。またナスルーラ系Swainの産駒シェルゲームが1番人気で3着。ヘイルトゥリーズン系とノーザンダンサー系以外の馬は、素質を高く評価されている場合のみに限って買える、といったところだろう。

母の父に目を向けると、ノーザンダンサー系種牡馬が[4.4.4.56]、ナスルーラ系が[2.1.4.25]、ミスタープロスペクター系が[2.1.1.19]など、さまざまな血統からまんべんなく上位馬が出ているイメージ。

ただし母父がヘイルトゥリーズン系だと[0.3.0.32]。父として絶対の信頼度を誇るぶん、母父としては成績を伸ばせていない。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。