2014年9月28日(日)

11R

2014年9月28日(日) | 3回新潟6日 | 15:45発走

第60回産経賞オールカマー(GII)

芝・左 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 |

前走はJRA重賞であることが必須。馬券は堅め〜中穴狙いで

配当傾向

過去10年で1番人気は[3.2.1.4]。安直に軸馬とするのは避けるべきだが、馬券対象から外れた4頭も掲示板には載っていて信頼度は低くない。2〜5番人気の合計が[5.6.3.26]で、このあたりの人気馬もまずまず堅実だ。いっぽう単勝オッズ66.7倍のトーセンダンディや38倍のヴェルデグリーン(いずれも9番人気)が勝っているように、穴馬が走れるレースでもある。ただし馬連万馬券はなく、最高で7510円、10年中8回が2000円以下と配当はやや堅め。3連複も万馬券は出ておらず、最高が2012年の8140円。3連単はトーセンダンディが勝った2004年のみ10万馬券となったが、以後の9年は4830円〜6万4420円の範囲内に収まっている。一応は人気サイドを中心に考えつつ、穴馬も何頭かピックアップして堅い馬券から中穴までを狙う、という戦略がベターか。

前走傾向

過去10年、前走がJRAのG1だった馬が[4.3.2.9]で勝率22.2%、G2からが[4.1.3.18]で15.4%、G3からだと[2.5.4.43]で3.7%。つまりJRA重賞からの臨戦だった馬しか勝てておらず、前走の格が高いほど有力。条件戦〜オープン特別および地方の重賞からの臨戦だと[0.1.1.30]で、このローテーションで3着以内に入ったのは日経賞勝ち馬ウインジェネラーレと国際G1馬コスモバルク。素直に実績重視、格下が上位に来る可能性は低いレースといえる。札幌記念組が[4.1.2.10]、宝塚記念組が[3.2.1.3]なので、主力はこのあたり。前走の距離別だと2000mが[7.5.4.52]、2200mが[3.2.1.4]で、勝ち馬10頭すべてがここに入る。札幌記念9着のホオキパウェーブやマツリダゴッホ、新潟大賞典10着のヴェルデグリーンが勝っていて、前走着順は気にしないでいい。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[4.5.7.42]。出走数も馬券に絡んだ回数も最多だが、4勝のうち3勝は中山を大得意にしたマツリダゴッホ。勝率6.9%は平凡な数字だし、あまりアテにしないほうがよさそうだ。

それ以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[1.1.0.16]と、こちらも不振。勝ったのは1番人気に推されていたグラスワンダー産駒アーネストリー、2着もグラスワンダー産駒のシルクネクサス。グラスワンダーといえば中山でG1を3勝した馬。マツリダゴッホの件とも合わせて「ヘイルトゥリーズン系はコース適性がカギ」と覚えておきたい。

狙いたいのはノーザンダンサー系種牡馬の産駒。[4.1.2.20]で勝率14.8%、しかも4勝すべてが4番人気以下。サンデーサイレンス系の陰に隠れて人気の盲点となり、そして勝つ、というパターンが思い浮かぶ。勝ったのは、伊ダービー馬ホワイトマズルの産駒が2頭、凱旋門賞馬カーネギーの子、日本ダービー馬フサイチコンコルドの産駒。フサイチコンコルドの父は仏ダービー馬Caerleonだから、全体としてヨーロッパ血統というイメージが強い。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.1.0.7]。Machiavellian産駒で2番人気だったグラスボンバーの2着があるだけだ。ナスルーラからのラインは[1.1.1.11]で、日本ダービー馬ジャングルポケットの産駒ヴェルデグリーンが1着、ダイワファルコンが2着に来ている。ジャングルポケットの父は凱旋門賞馬トニービンだから、ノーザンダンサー系と同様「2400m型のヨーロッパ血統」という印象がある。

母の父の成績を系統別にまとめると、ナスルーラ系が[5.3.3.24]で勝ち馬の数も馬券に絡んだ回数もトップ、勝率14.3%も首位。このレース3連覇のマツリダゴッホの母父がナスルーラ系Bel Bolideだったことも大きいが、穴を開けたトーセンダンディの母父がクリスタルパレス、アーネストリーの母父がトニービンなど、なかなかの好調ぶりを示している。

母父サンデーサイレンス系も[2.1.1.16]の勝率10.0%なら注意が必要だが、逆に冴えないのが母父ノーザンダンサー系で[0.3.4.35]。馬券に絡む確率は低い。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。