IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年8月24日(日)

11R

2014年8月24日(日) | 2回札幌2日 | 15:25発走

第50回札幌記念(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 定量 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 | レコードが出たレース

G1で戦ってきた人気サイドと夏のG3出走馬の戦い

配当傾向

過去10年で1番人気は[4.3.0.3]。ブエナビスタやトーセンジョーダンなどG1でも勝ち負けできる馬がきっちりと人気に応えて連対する、というイメージだ。2〜5番人気の合計が[4.3.7.26]と、このゾーンも悪くない。ただし、人気サイドが堅調だからといって配当がガチガチというわけでもなく、10年のうち馬連万馬券が2回、3連複万馬券が3回(うち1回は47万馬券)。3連単も9回が万馬券以上で、2005年には275万馬券、2007年には33万馬券が飛び出している。2005年は9、12、13番人気、2007年は5、12、3番人気、3連単7万馬券だった昨年は2、8、14番人気の順で入線しており、いずれも1番人気が馬券圏外に消えている。もし1番人気を蹴飛ばすなら、2ケタ人気まで手を広げて思い切った穴狙いをしてみるのも面白そうだ。

前走傾向

過去10年、前走がG1だった馬(海外含む)は[3.5.4.17]。3番人気以内に限れば[3.4.3.5]と安定感があり、格上のレースでいい競馬をしてきた馬の信頼度は高そうだ。このグループによる3勝を除く7勝はG3からの臨戦組で、前走G3組の成績は[7.3.6.63]。クイーンSを使ってきた牝馬が[3.1.0.10]、函館記念組が[3.2.4.41]など、夏場きっちりと実戦経験を積んできた馬が走るイメージだ。逆に冴えないのが前走G2組で[0.0.0.12]。ここには1番人気7着のオペラシチーや2番人気9着のマツリダゴッホが含まれる。目黒記念や金鯱賞など、春のG2から休養明けで出てきた馬は軽視したいところだ。前走がオープン特別〜準オープンだった馬も[0.2.0.19]で、ここでは格負けしてしまい、あっても2着まで。実績のG1組か、調子のG3組かという戦いである。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は[4.8.6.50]で、やや勝ちあぐねている印象だ。1〜3番人気に限ると[1.3.4.5]と、ますますその傾向は強くなる。過信は禁物だろう。馬券ではアタマというより連軸、または3連複の軸馬として考えたい。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[1.0.1.15]で、こちらも苦戦。勝ったのは1番人気だったアーネストリー、3着は3番人気のサクラメガワンダーで、穴馬が激走する可能性は低そうだ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[2.1.1.8]。抜群の信頼度というわけではないが、アドマイヤムーンが1番人気1着、ヤマニンキングリーが7番人気1着と、本命サイドでも穴でも勝利している点は褒められていい。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.1.2.24]の勝率3.6%で、成績的には先の2系統より劣る。特に、Danehill産駒ファインモーション、フサイチコンコルド産駒バランスオブゲーム、Singspiel産駒ローエングリンが1〜3着を独占した2004年以降は不振で、昨年、Giant s Causeway産駒アンコイルドが14番人気で3着に粘ったのが久々の好走。狙いにくい系統といえる。

ナスルーラ系からは、2008年・5番人気1着のタスカータソルテ、2011年・1番人気1着のトーセンジョーダンが連対。いずれも父ジャングルポケット×母の父ノーザンテーストという配合で、このレースとの相性の良さをうかがわせている。

母の父の成績を系統別に調べると、ノーザンダンサー系種牡馬が[5.5.6.34]で勝率10.0%、連対率20.0%、複勝率32.0%と好調。母父サンデーサイレンスという馬も[2.0.1.16]と、まずまずの成績だ。

反面、冴えないのはミスタープロスペクター系で、母父に入った場合の成績は[0.0.0.13]。嫌ってみたい血統だ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。