IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年10月26日(土)

11R

2013年10月26日(土) | 4回京都8日 | 15:35発走

第56回毎日放送賞スワンステークス(GII)

芝・右・外 1400m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

馬券が荒れるのは必至。前走で揉まれてきた馬の巻き返しが狙い目

配当傾向

 過去10年で1番人気は[1.1.1.7]と信頼感に乏しい。3割しか馬券にならないのだから、むしろ切ってもいいくらいだ、2番人気は[0.1.0.9]とさらに悪く、[3.2.2.3]という3番人気の頑張りが上位人気勢では目立つ。ただし11番人気が2勝、14番人気が1勝など、どこからでも買えるイメージだと考えるべきだろう。馬連は10回中4回が万馬券で3ケタ配当はなし、最低でも1330円。3連複は3回が10万馬券で残り7回は万馬券、最低でも1万580円。3連単は9回中2回が万馬券、残り7回は10万馬券以上で、最高は2005年の108万円、最低でも3万9420円だ。1〜3番人気のどれかは毎年必ず馬券に絡んでいるので、一応は人気サイドを軸にしつつ、相手は幅広くピックアップしたい。下手に3連単で勝負せず、馬連や3連複で確実に高配当をゲットしよう。

前走傾向

 過去10年、前走が中央の重賞・オープン特別だった馬が[10.9.8.122]、地方・海外・条件戦だった馬が[0.1.2.18]だから、馬券はほぼ前者だけでまとめてよさそう。スプリンターズS組が[3.1.3.35]で一応の中心といえるが、勝率7.1%、連対率9.5%だから強くは推せない。ポートアイランドSからの臨戦組も[2.0.0.19]で、率的にはソコソコにとどまる。最大のヒントは着順か。前走で勝っていた馬は[3.2.2.19]で勝率11.5%と、連勝に期待できなくはない。さらに前走が6〜9着だった馬が[6.1.4.34]の勝率13.3%。スプリンターズS着外から巻き返したタマモホットプレイとマルカフェニックス、毎日王冠6着からこのレースを勝ったグランプリボスなど、強い相手や不向きな距離で揉まれてきた馬が1400mで上昇、というパターンが最大の狙い目になりそうだ。

血統傾向

 ヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[6.3.7.57]と、3着以内の大半を占めている。さらに詳しく見ると、フジキセキやダンスインザダークなどサンデーサイレンス系の種牡馬が[4.3.3.43]で、これがレースの中心だ。
 ただしマヤノトップガン産駒のプリサイスマシーンが14番人気で勝つなど、非サンデーサイレンス系のヘイルトゥリーズン系が[2.0.4.14]の勝率10%、複勝率30%で、率的にはサンデーサイレンス系以上、しかも穴っぽいので、出てくれば人気薄でも必ず馬券には加えておきたい。

 ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[2.4.0.22]。勝率7.1%はさほど目立つわけではないが、連対率21.4%はマズマズ以上の数字だ。ただしGiant s Causeway産駒のスズカコーズウェイとForest Wildcat産駒のエーシンフォワードが1番人気ながら5着以下に敗れており、信頼度は高いといえない。コスモサンビームが11番人気1着、フサイチリシャールが10番人気2着と、むしろ穴狙いのほうが高配当につながるのではないだろうか。

 ナスルーラ系は[1.1.2.35]。勝率2.6%、連対率5.1%は上記のヘイルトゥリーズン系やノーザンダンサー系に比べて、やや低い。サクラバクシンオーの産駒がのべ16頭走って3着以内に来たのが2012年の勝ち馬グランプリボスだけなので、これが響いてアベレージを落としている印象だ。グランプリボスと、2006年3着のアグネスラズベリが3番人気、2005年2着のサイドワインダーが1番人気だったから、こちらは「人気サイドの時だけ押さえる」といった扱いでいいだろう。

 ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.1.1.21]で10年間未勝利。1番人気だったレオアクティブ、2番人気だったキーンランドスワン、ファリダット、グランプリエンゼルがいずれも馬券圏内から消えており、信頼度はすべての系統の中でもっとも低いといえる。人気薄の中によほど気になる馬がいる場合だけ拾っておく、くらいでいいかも知れない。

 ほかでは、レイズアネイティヴ系リンドシェーバーの産駒ギャラントアローの1着、マイバブ系トウカイテイオー産駒マイネルソロモンの2着があるが、前者は2003年、後者は2004年の出来事。近年はこうしたマイナー系統は活躍できていないのが現実だ。

 母の父を見ると、母父サンデーサイレンスという馬が[2.1.1.7]の勝率18.2%。プリサイスマシーンが14番人気で1着、グランプリボスがこのレースと相性の悪いサクラバクシンオーの産駒なのに1着となっている。今後も注意が必要だろう。
 いっぽうサンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系は[0.0.1.9]で、こちらはあまり狙いたくない。

 母父ノーザンダンサー系が[3.5.5.60]、ナスルーラ系が[2.1.1.26]、ミスタープロスペクター系が[1.2.2.20]で、このあたりはどの系統も飛び出せずにいる印象。母父がレイズアネイティヴ系エルセニョールのスーパーホーネット、母父がヒズマジェスティ系Pleasant Colonyのキンシャサノキセキが勝っているという事実もあり、「母父サンデーサイレンス」以外はほぼ横並び、やはりどこからでも狙えると考えてよさそうだ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。