2013年4月28日(日)

11R

2013年4月28日(日) | 3回京都4日 | 15:40発走

第147回天皇賞(春)(GI)

芝・右・外 3200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13200、5300、3300、2000、1320万円 |

大阪杯組が主軸だが、人気薄の激走も多い“荒れるレース”だ

配当傾向

 過去10年で1番人気は[1.0.2.7]。勝ったのはディープインパクトだけであり、昨年オルフェーヴルが負けたことにも納得のいく“荒れるレース”だ。2番人気が[2.2.1.5]と安定した成績を残しているものの、3〜9番人気が[3.6.6.55]、10番人気以下が[4.2.1.76]と、むしろ「どこからでも買える」といって差し支えないのではないか。馬連は10年中6回で万馬券、3連複は万馬券が5回に20万馬券が3回、3連単は8回中4回が10万馬券以上で、100万馬券も2回出ている。堅く収まったのはディープインパクトが勝った2006年(2着に2番人気リンカーン)と3番人気アドマイヤジュピタが勝った2008年(2着が2番人気メイショウサムソン、3着が1番人気アサクサキングス)くらい。ここは思い切って高配当を狙っていっていいレースかも知れない。

前走傾向

 勝ち馬の前走を見ると、大阪杯と阪神大賞典からの臨戦馬が3頭ずつ、日経賞、京都記念、ダイオライト記念、大阪—ハンブルクCが各1頭となっている。この中では[3.3.2.18]で勝率11.5%、連対率23.1%の大阪杯組を中心視するのが妥当だろう。前走の着順別では、前走1着馬が[4.4.4.31]、前走2着馬が[3.1.3.18]、前走3着馬が[1.2.2.20]と、まずは前走で好走しているかどうかをチェックすべき。ただ、大阪杯7着から巻き返したヒシミラクル、阪神大賞典の4秒差10着からまさかの変わり身を見せたビートブラックもいて、前走大敗馬をまったく無視できないのも確かだ。前走で条件戦を走っていた馬は8頭いてうち7頭が2ケタ着順、前走で逃げた馬も10頭いて未勝利だからバッサリ切って構わないが、それ以外は幅広く考えて予想したい。

血統傾向

 ヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[4.5.7.76]。出走数の多さもあって1〜3着馬の半数以上がここから出ている。種牡馬別に見ると、サンデーサイレンス産駒が2勝、マンハッタンカフェとミスキャストの産駒が各1勝だ。
 が、サンデーサイレンス産駒の出走はもはや望めず、ミスキャストの子も実績から考えれば買いにくいし、ブライアンズタイム、リアルシャダイ、ダンスインザダーク、ステイゴールドといった長距離に向きそうな種牡馬の子が未勝利に終わっていることも考えると、正直、買いづらい。
 実際、1〜3番人気に限ると[1.1.2.13]で勝ったのはディープインパクトだけと、裏切られることが多い。むしろ6番人気以下の穴馬が[3.2.2.55]とたびたび上位に来ていて、「ヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は人気サイドより穴馬を狙え」といいたくなる。

 ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[4.2.1.27]で、勝率11.8%。アベレージとしても上々だし、1〜3番人気に限ると[2.1.1.2]だから、ヘイルトゥリーズン系よりも買いやすいといえるだろう。
 勝ち馬を出したのは、伊ダービー馬ホワイトマズル、キングジョージの勝ち馬オペラハウス、クロフネなどの父として知られるフレンチデピュティ、ブリーダーズCターフを勝ったチーフベアハート。このうちフレンチデピュティはダート馬の印象が強いものの、一応は「欧米の格の高いG1を勝った馬かどうか」がひとつの目安になりそうだ。

 ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.2.1.16]。トゥザグローリーが1番人気で13着に敗れ、ローズキングダムも2番人気で11着と、信頼度としては低い。エリモエクスパイアの11番人気2着、トウカイトリックの4番人気3着、エイシンフラッシュの3番人気2着があり、完全に切ることはできないが、評価としては“押さえ”が精一杯だろう。

 このほかでは、サッカーボーイ産駒のヒシミラクルが1着、同じくサッカーボーイ産駒のアイポッパーが3着、ジャングルポケット産駒のジャガーメイルが1着、やはりジャングルポケット産駒のトーセンジョーダンが2着。
 サッカーボーイは菊花賞馬ナリタトップロードを出しているし、ジャングルポケットは天皇賞(春)でクビ差の2着があり、いずれも長距離適性を秘める種牡馬だといえるだろう。

 母の父の系統を見ると、ヘイルトゥリーズン系が4勝、ノーザンダンサー系が3勝、ミスタープロスペクター系、ナスルーラ〜ミルリーフ系、ファイントップ系が各1勝と、まんべんなく勝ち馬が出ている印象だ。
 この中では[4.0.3.32]のヘイルトゥリーズン系、[3.4.3.43]のノーザンダンサー系が一応の軸となりそうだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。