2013年9月29日(日)

11R

2013年9月29日(日) | 4回中山9日 | 15:40発走

第47回スプリンターズステークス(GI)

芝・右・外 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9500、3800、2400、1400、950万円 | レコードが出たレース

連軸は人気サイドがよさそうだが、3連複・3連単は荒れる可能性も

配当傾向

 過去10年で1番人気は[3.3.0.4]。単勝オッズ1.5倍のロケットマンが4着に敗れるなど全幅の信頼は置きにくいが、勝率30%、連対率60%ならそう悪いわけではない。2010年・ウルトラファンタジーが10番人気で勝った際の単勝払戻しは2930円で超大荒れというほどでもなく、馬連万馬券は10年中1回だけで、3ケタ配当が4回。馬連を基本として考えるなら、あまり高配当は狙わないほうがよさそうだ。ただし3連複となると1万円台〜5万円台の万馬券が計4回、56万馬券が1回。3連単は9回中3回が万馬券となったほか、10万馬券、21万馬券、35万馬券が各1回あり、263万馬券も飛び出した。特にここ4年は、1番人気は2着が1回あるだけ、3着以内に入ったのべ12頭のうち6番人気以下が7頭もいた。3連複・3連単なら人気薄を2頭以上絡めたい。

前走傾向

 夏場を戦ってきた馬、秋初戦として走る馬、海外勢などローテーションはさまざまだが、数の上ではセントウルS組が[4.5.4.45]で、まだG3だった当時を含めて過去10年間における最大勢力となっている。ただし勝率6.9%、連対率15.5%、複勝率22.4%は平凡な数字。その他の国内重賞から駒を進めてきた馬も[5.4.5.57]の勝率7%、連対率12.7%、複勝率19.7%と、さほど変わらない。この中では北九州記念組が[2.0.1.4]で勝率28.6%と良好、一応注意しておきたい。前走が海外だった馬は[1.1.1.12]の勝率6.7%、連対率13.3%とこれも目立たず。条件戦〜オープン特別からの臨戦は[0.0.0.14]なのでこれだけは切れるが、他のローテーションはどれが有利といえない状況だ。前走の距離も、1000m、1200m、1600m、どこからでも勝ち馬が出ている。

血統傾向

 サンデーサイレンスの後継を中心とするヘイルトゥリーズン系種牡馬が主権を握っている現代の日本競馬。そんな中にあって、このレースはノーザンダンサー系種牡馬の産駒が[4.3.2.27]と成績ナンバー1。勝率11.1%、連対率19.4%、複勝率25%は自慢していい数字だ。
 スリープレスナイトとカレンチャンを出したクロフネのほか、フレンチデピュティ、チーフベアハート、キングヘイロー、ファルブラヴなどの子が馬券に絡んでいる。いずれも、現役時代に中距離重賞を勝っていたり、産駒が中長距離の重賞を制していたりなど、単純なスピードタイプではなくマイル以上にも対応できる種牡馬たちだといえるだろう。

 ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒も[3.1.1.18]で勝率13%、連対率17.4%、複勝率21.7%とノーザンダンサー系に匹敵する数字を残している。サイレントウィットネスとテイクオーバーターゲットの海外勢、そして現チャンピオンのロードカナロアを出しているわけだが、この3頭は1〜2番人気での出走。3番人気以下での勝利はない血統だ。人気に推されたら◎、そうでないならせいぜいヒモ穴、といった評価だろう。

 ヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[1.6.5.44]で、明らかに勝ちあぐねているイメージ。デュランダルが2003年に勝っているが、2004年と2005年は連続2着。高松宮記念を連覇したキンシャサノキセキもこのレースでは2着2回に終わっている。
 より詳しく見ると、サンデーサイレンスとその後継種牡馬の成績は[1.5.2.33]でこちらは連軸として買えなくはないが、非サンデーサイレンス系は[0.1.3.11]と信頼度が落ちる。この点は注意したい。

 以上の三大血統以外から出た勝ち馬は、アドマイヤコジーン(ナスルーラからのライン・グレイソヴリン系)産駒のアストンマーチャンと、ウォーニング(マンノウォー〜インテント系)産駒のカルストンライトオだが、これら非主流的な血統を集めると[2.0.2.39]の勝率4.7%で、強調するほどの数字ではない。ただ、このレースを連覇した最強スプリンター・サクラバクシンオーの産駒が[0.0.1.18]とまったく冴えない事実は覚えておきたい。

 母の父の系統別成績は、こちらもノーザンダンサー系が[5.5.2.45]と最大の勢力。ただし勝率は8.8%にとどまるため、特に有力というほどではない。
 勝ち馬の母父のうちノーザンダンサー系以外となると、ナスルーラ〜レッドゴッド系のクリスタルグリッターズ、アルサイド系のBureaucracy、ミスタープロスペクター系のWoodman、ロイヤルチャージャー系のSir Ivor、ナスルーラ〜グレイソヴリン系のトニービンとけっこうバラバラで、強調できる血統は見当たらない。
 唯一、ヘイルトゥリーズン系は[0.1.0.11]と不振。母父ヘイルトゥリーズン系という馬は、軽視してよさそうだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。