2013年11月3日(日)

11R

2013年11月3日(日) | 5回東京2日 | 15:35発走

第51回アルゼンチン共和国杯(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

1〜3番人気がほぼ互角。前走の人気を参考に軸馬を決め、幅広く流したい

配当傾向

 過去10年で1番人気は[2.2.1.5]、2番人気が[3.3.1.3]、3番人気が[3.1.1.5]なので、人気上位3頭は似たり寄ったりというイメージ。ただ、半数が馬券に絡めず終わっている1番人気は、1番人気としての信頼度は低いといえる。とはいえ馬券的に大荒れの連続かというとそうでもなく、1〜3番人気が1頭も来なかったのは2009年だけ。馬連万馬券はその2009年と、14番人気マーブルチーフが2着に粘った2004年の2回のみ。高配当を狙うなら、万馬券5回&12万馬券1回の3連複か、9年連続で万馬券以上、16万馬券と17万馬券のほか92万馬券も飛び出した3連単で馬券を組み立てることになりそうだ。単勝オッズ5倍未満の馬の複勝率が58.8%なので、ここから軸馬を選び、5倍〜9.9倍の馬、15倍〜29.9倍あたりの馬へ流すかボックス買いにするのが効率的だろう。

前走傾向

 前走が重賞だった馬は[6.5.4.81]で勝率6.3%、前走が条件戦〜オープン特別だった馬が[4.5.6.52]の勝率6%と、この両者は互角。京都大賞典組が[4.3.2.35]と中心勢力となっており、勝率9.1%も平均以上だが、ジャガーメイルやギュスターヴクライが1番人気を裏切っていて絶対とはいえそうもない。前走の着順に注目しても、前走1〜3着馬が[6.6.7.36]の勝率10.9%と優位ではあるが、前走4着以下の馬も[4.4.3.95]で、勝率は3.8%と低いものの現実に4勝をあげているので買えないわけではない。もっとも注意すべきは前走の人気か。前走で1〜3番人気だった馬は[8.7.1.38]の勝率14.8%で軸馬候補、前走4〜5番人気馬が[2.0.3.12]の勝率11.8%で、これも買える。が、前走6番人気以下だと[0.3.6.81]と10年間未勝利で、3着の穴馬候補といったところだ。

血統傾向

 芝の重賞のほぼすべてで成績トップを誇るヘイルトゥリーズン系だが、このレースでの成績は芳しくない。ヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[3.4.6.65]で、馬券に絡む数こそ多いものの、勝率3.8%、連対率9%、複勝率16.7%という数字からは、むしろ苦戦している様子がうかがえる。
 ゼンノロブロイ産駒が2戦2勝、グラスワンダー産駒が[1.1.1.3]で、この2頭の種牡馬は当レースと相性が良さそうだが、逆に11頭走って3着がやっとだったサンデーサイレンス、13頭走って3着以内のないダンスインザダーク産駒など、相性の悪い種牡馬も目に付く。

 ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[3.1.1.29]。7番人気のアクティブバイオと11番人気のミヤビランベリが勝つなど穴っぽい雰囲気を漂わせている。確かに、1〜3番人気で馬券対象になったのは2007年の勝ち馬アドマイヤジュピタだけなので、人気薄でこそ狙ってみたい血統だ。

 ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.1.0.11]。2006年に1番人気トウショウナイトが勝ち、2007年にはトウカイトリックが10番人気で2着に食い込んでいる。2008年以降は8頭が走って掲示板に載ったのは1頭だけと散々な成績だが、すべて2ケタ人気。もう少し人気になる馬が出てくれば、無視しないほうがいいかも知れない。

 ナスルーラ系種牡馬の産駒は[3.2.2.23]、勝率10%と、上記3系統の上を行く立派な数字だ。トニービン産駒のレニングラード、サクラローレル産駒のサクラセンチュリー、ジャングルポケット産駒のトーセンジョーダンが勝っていて、ジャングルポケット産駒ヒカルカザブエが3着に追い込んだこともあり、このレースとの相性がもっとも高い系統といえるだろう。

 ほかでは、マイバブ系トウカイテイオー産駒のナチュラルナインが2着、ファイントップ系サッカーボーイ産駒のアイポッパーが2着、スーパージーンが3着になった例があるが、この3頭は1〜3番人気。マイナー血統は人気サイドでのみ買っていいだろう。

 母の父の系統別成績を見ると、ノーザンダンサー系が[4.3.3.41]で一応の中心勢力。とりわけ父ナスルーラ系×母父ノーザンダンサー系という配合の馬は[3.1.1.9]の勝率21.4%と健闘しており、見逃せない。もっとも、勝ち馬3頭はすべて、最近はめっきり少なくなった「母父ノーザンテースト」であり、今後については心配ではあるが。

 このほかに勝ち馬を出している母父は、マイバブ系シンボリルドルフ、リボー系Java Gold、ヘイルトゥリーズン系のリアルシャダイとサンデーサイレンス、ミスタープロスペクター系Forty Niner、ナスルーラ系Highest Honorと多彩。どの系統も一歩抜け出せていないのが現状だ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。