競馬 - 天皇賞(秋) - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年10月27日(日)

11R

2013年10月27日(日) | 4回東京9日 | 15:40発走

第148回天皇賞(秋)(GI)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13200、5300、3300、2000、1320万円 | レコードが出たレース

1番人気から人気薄に流すのがセオリー。前走人気で好走した馬が中心

配当傾向

 過去10年、1番人気は[5.2.1.2]で勝率50%、連対率70%、複勝率80%。馬券対象から外れた2頭も掲示板は確保しているし、単勝14番人気のヘヴンリーロマンスが勝った2005年には1番人気ゼンノロブロイが2着を確保。これだけ信頼度が高ければ逆らう手はない。優秀な1番人気のあおりを受けて2番人気は[0.2.3.5]、3番人気は[0.0.1.9]と不調だ。つまりガチガチというわけではなく、1番人気と穴馬との決着が多い、ということになる。馬連は10年で万馬券が2回、3ケタ配当は1回だけ。3連複も万馬券4回、14万馬券1回、3ケタ配当は1回。3連単は9回中2回が万馬券、10万馬券〜20万馬券が4回、122万馬券が1回と、意外と荒れているのだ。軸は1番人気で問題ないが、相手には穴馬をピックアップしてオイシイ馬券を確実にモノにしたい。

前走傾向

 天皇賞(秋)勝ち馬の前走は大きく3つのパターンに分けられる。1つは毎日王冠組の[4.3.2.54]、京都大賞典組の[1.0.1.14]、つまり秋の前哨戦を叩いて出てくる馬。ただ、数は多いが勝率はどちらも6.3%で強調できるわけではない。オールカマー組も[0.1.0.21]で不振だ。次が札幌記念組で[2.0.2.6]と成績は上々。特に札幌記念勝ち馬は[2.0.2.1]と優秀、14番人気と7番人気で天皇賞を勝っていて人気の盲点にもなっている。最後が宝塚記念組で[3.2.1.16]。このローテーションで1番人気になった場合は[3.0.0.1]なので、もっとも信頼度の高い存在だといえる。また前走で1〜4番人気だった馬が[9.6.9.79]、前走で1〜2着だった馬が[8.6.6.61]なので、前走で人気サイド、しかも連対していることが天皇賞(秋)で上位に来るための条件だ。

血統傾向

 ヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[6.10.6.67]で、毎年必ず連対を果たし、2着を独占している。確かに連対率18%、複勝率24.7%と立派な数字を残しているのだが、勝率は6.7%と並の数字。さらに、細かく見ていくと「ヘイルトゥリーズン系中心」といえない状況であることがわかる。

 まずサンデーサイレンス系が[4.9.4.53]。馬券圏内の大半をこの系統が占めている。ただし、サンデーサイレンス自身の産駒が[3.3.2.28]、その後継種牡馬たちの産駒が[1.6.2.25]で、近年は「2着に甘んじることが多い」というポジションに追い込まれているわけだ。
 サンデーサイレンスの後継種牡馬で勝ち馬を送り出したのはブエナビスタの父スペシャルウィークであるわけだが、そのブエナビスタも2011年には1番人気で4着に敗れており、「馬券のアタマには置きにくい」のが実情だ。

 サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系が[2.1.2.14]で、勝率10.5%は立派。シンボリクリスエスとウオッカが勝っており、1〜2番人気に限れば[2.0.2.0]と必ず馬券に絡んでいる。

 ノーザンダンサー系種牡馬の産駒が[1.0.0.37]。勝ったのはメイショウサムソンだけで、ローエングリン、エイシンプレストン、コスモバルク、シンゲンが3番人気以内に推されながら期待を裏切っており、信頼できる系統とはいえない。

 ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が[1.0.2.15]で、こちらも中心視できるような成績は残せていない。スイープトウショウやアドマイヤムーンが1〜2番人気で馬券から消えているし、2012年の勝ち馬エイシンフラッシュだって2011年には3番人気で6着に終わっている。出走メンバーのレベルが低ければなんとか上位に、といったイメージだ。

 ナスルーラ系が[2.0.2.23]。5番人気のカンパニーが勝ち、7番人気のトーセンジョーダンもレコード勝利を収めているのだから、この天皇賞(秋)と相性がいいことは確かだろう。

 母の父の系統別成績は、ノーザンダンサー系が[6.4.4.44]、勝率10.3%でトップ。2004年以降、毎年1着・2着のどちらかを「母父ノーザンダンサー系」という馬が占めており、軸馬に求められる必須条件となっている。父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系という配合の馬が[3.4.2.22]、父ナスルーラ系×母父ノーザンダンサー系という配合の馬が[2.0.2.10]なので、このどちらかがまずは軸馬候補になりそうだ。

 母父ナスルーラ系の馬が[2.1.5.31]と3着に来ることが多く、馬券にはぜひとも組み込んでおきたいタイプ。母父ミスタープロスペクター系も[1.2.0.9]
の複勝率25%なので無視できない。

 冴えないのは母父サンデーサイレンスという馬で[0.1.1.33]と未勝利。評価を数段階下げていいだろう。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。