2013年4月27日(土)

11R

2013年4月27日(土) | 2回東京3日 | 15:45発走

第20回テレビ東京杯青葉賞(GII)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

毎日杯や弥生賞で上位に来た実績上位馬を素直に狙いたい

配当傾向

 過去10年で1番人気は[6.0.2.2]と信頼度は上々。2番人気も[2.2.1.5]と対抗格としての責任をマズマズ果たしている。1〜2番人気がともに馬券から外れたのは2007年だけで、この年は3番人気が勝利した。単勝の最高払戻しは6番人気だったウインバリアシオンの1450円で、残り9頭はすべて600円以下だったし、1〜3番人気が上位3頭を占めたケースも2回ある。馬連の最高配当は2000年の32140円で、万馬券はこの1回だけ。軸馬は1〜3番人気から選んで問題ないだろう。ただ、3着以内馬計30頭中12頭が単勝オッズ10倍以上、うち3頭が40倍以上と、それなりに穴馬も来ている。2007年は15番人気トーセンマーチが2着に入って3連単59万馬券、昨年は2着に10番人気、3着に13番人気が入って3連単は18万馬券となった。穴馬もしっかり拾い上げたい。

前走傾向

 前走がオープン特別〜重賞だった馬は10年間トータルで[9.5.4.52]。中でも毎日杯からの臨戦組が[4.2.3.9]、弥生賞から進んできた馬が[3.1.1.2]と好成績を残している。第一冠・皐月賞出走を狙ったものの少し届かなかった馬やキツいローテーションを嫌った馬たちが、このダービートライアルでしっかり結果を残す、というイメージだ。ただしスプリングS組は[0.1.0.12]と不振、皐月賞組も[0.0.0.5]と苦戦している点には気をつけたい。また前走5着以内の馬が[8.8.9.107]、10着以下だと[0.0.0.15]だから、大敗からの巻き返しは難しそうだ。前走が未勝利〜500万下だった馬は[1.5.6.89]で、勝ったのは2200mの山吹賞を完勝してきたゼンノロブロイだけ。よほどの素質馬でない限り、500万下を勝ち上がってきた馬は2着まで、というのが実情だ。

血統傾向

 極端なまでにヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒に向いたレースだ。なにしろ過去10年で[10.5.8.80]と10連勝(11年前もシンボリクリスエスが勝っているので11連勝中)。もちろん出走馬171頭中103頭がヘイルトゥリーズン系と数が多いことも事実だが、軸馬はこの血統から選ぶのがセオリーだろう。

 種牡馬別に見ると、サンデーサイレンス産駒が4勝しているほか、タニノギムレット、アグネスタキオン、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、ハーツクライ、ステイゴールドの産駒が各1勝ずつとなっている。顔ぶれを見ると、日本ダービー勝ち馬のタニノギムレット、ジャパンCを制したゼンノロブロイ、ドバイシーマクラシック圧勝のハーツクライ、香港ヴァーズで有終の美を飾ったステイゴールドと、芝2400mのG1で活躍した馬が多いといえる。

 ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[0.4.1.24]で、2着なら十分にありそう。サンデーサイレンスの血が台頭する前は、カーネギー産駒のカーネギーダイアン、ダンスホール産駒のマウンテンストーンが青葉賞を制しているのだから、決してこのレースに向かないわけではないのだろう。少なくともヒモに1頭ピックアップしておきたいところだ。

 ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.1.0.18]と苦戦中。2着に来たのは2番人気だったトゥザグローリーで、勝ったペルーサには4馬身も突き放されているし、着外に敗れた18頭のうち12頭が2ケタ着順。12年前にはZafonic産駒のルゼルが勝利しているが、現在は狙いたくない血統と化している。

 このほかでは、2004年の3着馬がSwain産駒のシェルゲームで、10年以上さかのぼると1997年の勝ち馬トキオエクセレントがゴールデンフェザントの産駒、1994年の勝ち馬エアダブリンがトニービンの産駒と、これらはすべてナスルーラからのライン。しかもシェルゲーム、トキオエクセレント、エアダブリン、すべて1番人気だった。
 素質を高く評価されている場合に限って、この系統でも勝ち負けに持ち込めることがある、といった感じだ。

 母の父に目を向けると、ノーザンダンサー系種牡馬が[3.4.4.56]、ミスタープロスペクター系種牡馬が[3.1.0.19]、ナスルーラからの系統が[2.1.5.25]と、さまざまな血統からまんべんなく上位馬が出ているイメージ。
 ただし母父がヘイルトゥリーズン系だと[0.3.0.28]、とりわけ母父サンデーサイレンスという馬は[0.2.0.16]と大苦戦している。
 このレースに強いサンデーサイレンスの血は、母父ではなく父方に入ってこそ本領を発揮する、と考えたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。