競馬 - フェブラリーステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年2月17日(日)

11R

2013年2月17日(日) | 1回東京8日 | 15:40発走

第30回フェブラリーステークス(GI)

ダート・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9400、3800、2400、1400、940万円 |

順調かつ実績のある人気サイドが中心のレース

配当傾向

 数あるG1の中でも、フェブラリーSは1番人気がトップクラスの安定感を誇るレース。過去10年で[7.0.1.3]と素晴らしい成績を残している。負けた3頭は、2007年9着のシーキングザダイヤは惜敗の多いタイプでG1未勝利だったし、この時は不良馬場。2009年のカネヒキリはサクセスブロッケンやカジノドライヴと叩き合ってレコード決着の3着と面目は保った。昨年はトランセンドが7着に敗れたが、いま思えばピークを過ぎていた感がある。順調に来ている実績馬が1番人気なら素直に信頼していいはずだ。1番人気が勝った場合、馬連は最高でも2820円で3連複万馬券はナシ。1番人気が負けた場合も2番人気か3番人気が馬券に絡んでいる。昨年は馬連万馬券・3連単14万馬券とやや荒れたが、全体に「人気サイドで決まるレース」と考えるべきだろう。

前走傾向

 前年のジャパンカップダートから直行というタイプが[4.0.0.4]と貫録を示している。特にジャパンカップダートで好走した馬の成績が良く、カネヒキリ、エスポワールシチー、トランセンドがダートG1連覇を果たした。前走が交流G1だった馬も、川崎記念組(取り消しだったヴァーミリアンを含む)が[2.4.1.13]で複勝率35%、東京大賞典組が[1.3.4.7]で複勝率53.3%と、馬券に絡む確率が高い。いずれにせよダート一線級として当然のローテーションを歩んでいる馬が強いレースと言えそうだ。
 これ以外では、根岸Sからの臨戦が[2.1.3.46]、平安Sからが[1.1.1.24]と勝ち馬を輩出。メイショウボーラーは根岸S1着、サンライズバッカスは平安S2着、テスタマッタが根岸S3着だから、前走3着以内が条件となりそうだ。

血統傾向

 ヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[5.3.4.42]と勝ち馬の半分がここから出ている。勝率9.3%、連対率14.8%、複勝率22.2%と確率としてはさほど高いわけではないが、1〜3番人気に限れば[4.2.3.3]で勝率33.3%、連対率50%、複勝率75%と一気に跳ね上がる。馬券の軸は「人気サイドのヘイルトゥリーズン系」としておくのが賢明だろう。
 ただし、サンデーサイレンス、タイキシャトル、フジキセキ、シンボリクリスエス、ゴールドアリュールの産駒が勝利しているのに対し、ブライアンズタイムの子は[0.1.2.10]と未勝利。同じヘイルトゥリーズン系でも成績に差があることに注意したい。

 ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[2.1.5.34]。アドマイヤドン、ヴァーミリアンという2頭のスーパーホースが勝利しているものの、トータルでの勝率は4.8%、連対率は7.1%とヘイルトゥリーズン系以下の数字だから、狙いにくい。
 勝ったアドマイヤドンとヴァーミリアンはいずれも1番人気だったが、3着に入った5頭は4番人気以下。2004年は9番人気スターリングローズ、2006年は11番人気ユートピア、2007年は9番人気ビッググラスと、「人気薄のミスタープロスペクター系」が3着に来て3連複や3連単の配当を押し上げてくれている。

 ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.4.1.28]と、2着の多さが目に付く。1〜3番人気に限ると[1.2.1.1]で連対率60%、複勝率80%となっているから、支持さえ得られれば自分の力だけはキッチリ走る、といったところだろうか。

 昨年の勝ち馬テスタマッタの父Tapitは、ナスルーラ〜Bold Reasoningから続く北米ダート向きの血統。Tapit自身も米ダートG1勝ち馬だ。2009年2着のカジノドライヴの父Mineshaftもナスルーラ〜Bold Reasoningの系統で、やはりMineshaftも米ダートG1勝ち馬。ナスルーラからのラインだと、こういうタイプに注意しておくべきかも知れない。

 2011年の勝ち馬トランセンドの父はワイルドラッシュで、Nearco〜Nearcticという系統。ただ、ヘイルトゥリーズン系でもミスタープロスペクター系でもノーザンダンサー系でもなく、ナスルーラからのラインでもないというこのタイプは、10年で[1.0.0.12]。トランセンド自身も昨年は敗退しており、基本的には狙いにくい血統だろう。

 母の父の成績を系統別に見ると、ヘイルトゥリーズン系が[4.2.2.19]で勝率14.8%と他をリードし、ノーザンダンサー系も[3.4.4.42]と勢力を築いている。いっぽうミスタープロスペクター系は[0.3.1.17]。頭としては買いにくくなっている。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。