2012年12月1日(土)

11R

2012年12月1日(土) | 3回中京1日 | 15:35発走

第48回金鯱賞(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 |

本命サイド好調だが移設で傾向が変化する可能性も

配当傾向

 過去10年間で1番人気は[6.3.0.1]で、勝率60%、連対率90%と信頼度は絶大だ。タップダンスシチーやアーネストリー、ルーラーシップなどGIでも勝ち負けできる実力馬が期待に応えてきた。1番人気が負けた4回も勝ち馬は2〜4番人気から出ており、馬連万馬券はナシ、3連単10万馬券も11番人気マンハッタンスカイが2着に粘った2008年のみで、基本的には人気サイドで決まるレース。ただし昨年までは5月の施行で、今後傾向が変わる可能性は十分にある。ちなみに昨年までこの時期におこなわれていた鳴尾記念(阪神1800mまたは2000mのGIII)における1番人気は[3.2.2.3]で平均的な数字。7、8、10番人気が勝ったこともあり、金鯱賞に比べるとグっと穴気配は高まる。そちらに近づいていくことも考えられるのではないだろうか。

前走傾向

 前走が重賞(国内)だった馬は[7.10.6.69]。前年暮れに有馬記念を走って年明け初戦がここという馬や、大阪杯から天皇賞(春)をパスしてきた中距離馬、あるいは天皇賞(春)や新潟大賞典からの臨戦が多い。前走がオープン特別だと[2.0.2.35]。勝ったのはツルマルボーイとタップダンスシチーで、いずれも後にGIウィナーとなるほどの実力馬だった。
 移設されたものの、今後も「有馬記念では長い」、「菊花賞やアルゼンチン共和国杯では長かった」、「アンドロメダSなどのオープン特別を使ってきた」という中距離型の戦いとなるだろう。ちなみに昨年までこの時期におこなわれていた鳴尾記念の傾向は、前走重賞組が[8.9.6.80]、前走オープン特別だった馬が[0.1.4.26]、準オープンからの昇級組が[2.0.1.9]だった。

血統傾向

 ヘイルトゥリーズン系種牡馬の成績は[4.8.6.58]。勝ち切れていない印象もあるが、1番人気に限れば[3.3.0.1]と安定しており、軸としては申し分ない成績を残している。またヴィータローザとドリームサンデーが6番人気、マンハッタンスカイが11番人気で2着に来ていて、穴馬も狙えそうだ。
 種牡馬別に見ると、サンデーサイレンス産駒が[1.4.0.24]とまさに勝ち切れていなかったのに対し、グラスワンダー産駒が[2.0.1.2]、ダンスインザダーク産駒が[1.1.1.1]などと好調。2着には長距離型マンハッタンカフェの子も短距離型タイキシャトルの子も来ていて、距離適性を度外視して買える。

 ノーザンダンサー系種牡馬は[2.1.4.24]。勝ったのはStravinsky(1200mのG1・ジュライCの勝ち馬)の子コンゴウリキシオーと、フレンチデピュティ(クロフネやレジネッタの父)の子フレンチデピュティだ。コンゴウリキシオーもフレンチデピュティも逃げ切りだったから、「スピードのあるノーザンダンサー系が、その持ち味を生かして逃げ切る」というイメージである。

 ミスタープロスペクター系の種牡馬は[1.0.0.9]。それほど有力な馬が出走しなかったこともあってなかなか勝てなかったが、昨年ようやくキングカメハメハ産駒のルーラーシップが勝利した。ただし得意の不良馬場でのもの。ヘイルトゥリーズン系の安定感やノーザンダンサー系のスピードに比べると信頼度は高くない。

 特筆すべきはタップダンスシチーの3連覇だろう。父はヒズマジェスティ系のPleasant Tapで、ジョッキークラブ金杯1着、ブリーダーズCクラシック2着など北米のダート中距離路線で活躍した馬である。

 またサッカーボーイ(ファイントップ系)産駒のブルーイレヴンが6番人気で2着、サッカーボーイの子ナリタトップロードの産駒であるベッラレイアは2番人気4着に終わったが33秒台の上がりを繰り出して勝ち馬からコンマ2秒差まで迫っており、見せ場はあった。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。