IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年11月13日(土)

11R

2021年11月13日(土) | 5回阪神3日 | 15:45発走

第56回デイリー杯2歳ステークス(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

新馬戦は1番人気の支持に応えて0.6秒差の完勝。手塚師も「重賞でも足りる力があると思う」と太鼓判を押しており注目の存在だろう。過去10年のデイリー杯2歳Sにおいて前走が新馬戦だった馬は(4.2.2.18)。当日5番人気以内なら好走率も高く、少頭数の今回はまず間違いなくこの水準に入るだけに。
新潟2歳Sは5着に敗れたものの上がり2位の末脚を披露。前走のサウジアラビアRCでも上がり最速で3着まで追い込んでいる。決め手は重賞級で、中間の追い切りも栗東坂路で好時計を記録。通用する可能性は高い。ただ、キャリア4戦以上の馬は(0.0.4.17)と連対すらなく、今回も惜しい競馬までかも。
前走の芙蓉Sは1番人気に支持されるも4着に敗戦。新馬戦は控えて勝利していただけに、前走は先行策が裏目に出たか。中距離路線を使われてきた馬で今回が初めてのマイル戦。過去10年で短縮組は(2.2.2.18)。延長組よりは好成績となる。武豊騎手も「距離は問題ないんじゃないかな」と語る。
新馬戦を勝利後に挑んだ前走のサウジアラビアRCは好メンバー相手の4着に善戦。スローペースを外から追い込むという不向きな展開で負けて強しの内容だった。最終追い切りは栗東坂路で4ハロン52.8秒を記録。音無師も「動きは良かった」と語っており、後は後方一気の展開で間に合うかどうかだけ。
7月の新馬戦でデビューして函館2歳S5着など活躍。2走前はクローバー賞3着、前走はもみじS5着などオープン特別でも好走。キャリア4戦と経験豊富ではあるものの、過去10年のデイリー杯2歳Sにおいてキャリア4戦以上の馬は(0.0.4.17)と連対は無し。経験値よりも素質が上回っており早熟馬には厳しい。
デビューから2連勝で新潟2歳Sを制覇。上がり3ハロンは32.8秒と速く、ダイワメジャー産駒らしからぬ決め手を有している点は好感が持てる。前走が同レースだった馬は過去10年で(0.0.2.3)と勝ちきれていないが、上がり最速を記録していた馬はいなかった。決め手が活きるレースだけに評価したい。
新馬戦こそ2着に敗れたものの未勝利、アスター賞と連勝。特に中山競馬場で上がり3ハロン33.7秒を記録した前走は好内容で決め手は非凡。須貝師も「朝日杯FSにと思っている馬」と期待を込める。前走が関東圏の競馬だった馬は(0.1.2.17)と低調で、初の関西圏での競馬という点は気になるも。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。