IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年4月4日(日)

11R

2021年4月4日(日) | 2回阪神4日 | 15:40発走

第65回大阪杯(GI)

芝・右 2000m | 天気:雨 | 馬場:重 | 4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13500、5400、3400、2000、1350万円 | レコードが出たレース

昨年は宝塚記念でも3着に好走したが、一頓挫あり下半期はほぼ休養。復帰した有馬記念を15着すると、その後も体調が上がってこず前走の京都記念も8着に敗れている。今回は昨年上半期の状態に戻っているかが鍵。森田師は「去年のいい頃に戻った感じです」と語り、その言葉通りなら好走期待。週末の雨も歓迎のタイプ。
昨年は皐月賞、ダービーを2着。古馬相手のマイルCSは大外枠から出遅れと、非常に厳しい状況に陥りながらも、上がり1位の末脚で追い込んで5着に善戦。負けて強しの内容で見直せる。気になるのは前走1600mからの参戦で、過去10回だと(0.0.0.5)。距離延長ローテに広げても苦戦傾向。堀師も「乗り方に工夫」と語る。
2走前に3勝クラスを突破すると、前走はリステッド競走の大阪城Sでも2着に好走した。勝ち馬ヒンドゥタイムズはチャレンジCで3着するなどの実力馬で、重賞級相手に善戦したのは好材料。川村師も「状態は前走以上」と語る。ただし今回は相手がG1級。一気にメンバーが強化されるのは好材料とは言えない。
前走の金鯱賞は10着に敗戦。重馬場で逃げ馬が大波乱を演出したレースで力を発揮できなかった部分はあっただろうが、それにしても見せ場がなかった。友道師は「毛づやも良く具合は本当にいい」と語るだけに前走だけで判断するのは早計だが、過去10回の当レースで前走二桁着順からの参戦は(0.0.0.22)と苦戦。
3歳時から長く活躍した同馬も今年で7歳。近走はさすがに安定感を欠いてきており、G1や重賞でも掲示板外の方が多い。G2時代も含めて過去10回で7歳以上は(0.1.0.24)。高齢馬の苦戦が目立ち、池江師も「往年の切れ味がない」とコメント。トップレベルのスピード勝負になると厳しいだろう。
かつてのダービー馬も近走は不振。喉鳴りとの事で昨年は手術を試み、復帰した前走の京都記念は5着に終わった。前残りの展開を後方から外を回して追い込んできたあたりはまだ見限れず、友道師も「一回使った上積みはあると思います」とコメント。追い切りもしっかりと攻められており良化気配はありそうだ。
昨年の牡馬クラシック三冠馬の始動戦。最終追い切りにも騎乗した福永騎手は「心身ともにいい状態で出走。競走馬として完璧と言っていい対応力を持っている」とコメント。かなり自信を持った口ぶりである。G2時代も含めてだが前走ジャパンカップ2着以内からの参戦は(1.0.1.0)とパーフェクトを誇る。
デビューから5連勝。前走は重賞初挑戦にもかかわらず楽々勝利してしまった。ただしメンバーレベルも低調なG3で、今回はG1級が相手。実際、過去10回の当レースでG2時代も含めて前走G3からの参戦は(0.1.0.23)と苦戦。好走馬はほぼG2以上から出ている。高野師は「本当にいい仕上がり」と語り、充実度でどこまで。
近2走はG1で13着と8着。現状は一線級相手には通用していない。前走有馬記念から挑むローテーションはG2時代も含めた過去10回で(2.2.3.8)と優秀。ただし6着以下は(1.0.1.5)と好走率は落ちる。7歳となり上積みが見込める年齢でもなく、また7歳以上は(0.1.0.24)と不振。
今年で7歳を迎えるディープインパクト産駒。早熟傾向の強い同父の産駒にしては息が長く、昨年の当レースでも4着に善戦している。とはいえ、過去10回で7歳以上の参戦は(0.1.0.24)で唯一の好走はG2時代。昨年は小倉大賞典を勝利して挑んだが、今年は6着から。ローテーション的にも昨年以上とは言えず。
近3走は全て二桁着順に大敗。特に2走前の天皇賞(春)8.2秒差、前走の京都記念4.9秒差と大きく離されているのが目立つ。清水亮助手は「動きに関しては文句ありません。久々だった前走を使って良くなっています」とコメント。状態は上がっているようだが、さすがにこの状況では強くは推せないだろう。
昨年は安田記念、スプリンターズS、マイルCSとG1を3連勝。今回は2000mに距離を延ばして4連勝目を狙う。過去10回の当レースで前走からの距離延長は(3.2.1.36)と短縮組に比べて分が悪い。特に前走1600mは(0.0.0.5)。ルメール騎手は「道中我慢できると思います」と語るが、4つコーナーの2000mに不安は拭えない。
前走の日経新春杯は10着に敗戦。馬場の悪い内を終始通っていたためにスピードを乗せられなかったことはあるにせよ、着差が過ぎる。レースで騎乗する岩田望騎手は「先週より気合乗りは良かった。状態はいい」と語るが、現状では実績不足。G2時代も含めた過去10回で前走二桁着順からの参戦は(0.0.0.22)。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。