IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年3月14日(日)

11R

2021年3月14日(日) | 2回中京2日 | 15:25発走

第57回金鯱賞(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:重 | 4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

昨年の牝馬三冠馬でジャパンカップも3着に好走。松山騎手は「まだ良い頃に比べて物足りない面はある」とは語るが、最終追い切りは栗東坂路でラスト1ハロン12.2秒を馬なりで記録。やはり脚力は素晴らしいものがある。前走G1を5着内なら(3.0.2.2)と安定しており、ここもやはり中心視が妥当。
昨年からコンスタントに使われて毎日王冠3着など重賞で活躍。直線の決め手がある馬で、前走は上がり1位を記録して2着に好走。過去10回の当レースで前走上がり1位かつ5着以内なら(2.2.2.11)。鵜木助手も「秋山騎手ならうまく末脚を引き出してくれるんじゃないかな」と鞍上の手腕にも期待。
3走前の七夕賞から3戦連続重賞で馬券対象に好走。今回は間隔が少し空くが、友道師は「前走後、ノーザンファームしがらきに放牧へ出して、年明けに戻してここまで順調に来ています」とコメント。引き続き状態に不安がないなら昨年の勢いを維持できそうだ。父キングカメハメハ産駒も当レースで(3.1.3.8)と優秀。
昨年秋は京都大賞典を制してジャパンカップも5着に善戦。前走G1組が過去10回の当レースで(5.2.4.27)。特に5着以内だと(3.0.2.2)で複勝回収率は100%を超えている。また、直線の長く決め手勝負になりやすい当レースは、父ディープインパクトの産駒が(2.4.3.18)と好成績な点も心強い。
今年で6歳となるディープインパクト産駒で、昨年暮れから徐々に成績も下降線を辿っている。近4走中3走が二桁着順で前走はリステッド競走5着。前走オープンクラスからの参戦は過去10回の当レースで(1.0.3.15)とあまり良いローテーションではない、G1を狙うメンバーが集まり敷居が高い。
昨年は新潟記念で2着とするも、前走の京都記念は4着。やはりG2以上になると上位に届かないという結果が続いている。父ディープインパクト産駒は(2.4.3.18)と優秀で、本来なら得意なコースではあるが、同馬は父産駒らしい切れがない点がマイナス。週末の雨で馬場が悪化すれば一考の余地ありか。
過去には年末に行われていたという事もあるが、7歳以上の成績は(1.1.0.22)と苦戦。6歳に限定しても(0.2.4.26)と勝ちきれておらず、基本的に高齢馬は軽視して考えたい。昨年の秋は京都大賞典から有馬記念まで古馬主要レースを全て走っており、勤続疲労も気になるところ。タフな馬とはいえ...。
今年で7歳となるが、昨年は札幌記念を2着、有馬記念でも7着に善戦している。過去10回の当レースで7歳以上の成績は(1.1.0.22)と不振で、年齢的な衰えは考えるべきだが、この中間の追い切りは順調。兼武助手も「攻め馬を強化し、休み明けとしてはまずまずの仕上がり」とコメントしている。
昨年のクラシック戦線は人気に推されるも、結局菊花賞3着のみに終わった。古馬との初戦となっいた前走のAJCCは11着に大敗。しかし、不良馬場に加えて当日は10kgの馬体重の増加。状態面にも不安があった。今回は中間から美浦南Wでビッシリ。絞れてきそうで上積みは大きそう。国枝師も「動きは良かった」と語る。
4連勝で初の重賞へ。ただし、前走オープンクラスからの参戦は過去10回の当レースで(1.0.3.15)。基本は前走重賞組で、この後G1も狙う馬が出走するG2戦だけに上がり馬には厳しい結果となっている。父ディープインパクト産駒は(2.4.3.18)。血の後押しがあればいきなり通用しても。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。