IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年9月20日(月)

11R

2021年9月20日(月) | 4回中山5日 | 15:45発走

第75回朝日杯セントライト記念(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

2戦前に未勝利を突破するも、1勝クラスの前走は6着に敗戦。過去10年のセントライト記念で前走1勝クラスからの参戦は(1.0.2.40)と分が悪く、さらに2着以下に限定すると(0.0.0.10)と通用していない。高橋文師も「相手が強力なのでそこがどうか」と語っているように、今回は厳しいだろう。
スプリングSで2着に好走するも、皐月賞では16着。その後のラジオNIKKEI賞でも12着と近走は振るわない。その前走で2着以下に敗れた馬は過去10年のセントライト記念においては(0.0.1.9)と苦戦。手塚師も「メンバーは強いがこの馬も成長しているし、どれだけやれるか」と半信半疑と言ったところ。
共同通信杯では皐月賞馬エフフォーリアに次ぐ2着で日本ダービー馬シャフリヤールに先着と世代上位の存在であることは間違いない。池添騎手は「馬体も春に比べてだいぶしっかりしてきました」と語っており、春のクラシックは皐月賞9着が最高と結果は出なかったが、一度リフレッシュされて巻き返しに期待。
京成杯で2着はあるがニュージーランドトロフィーで2着に好走しNHKマイルCでも6着に善戦。その後の日本ダービーで13着に敗れている点からもベストはマイルか。前走日本ダービーなら二桁着順からでも(4.4.2.9)と巻き返しており、今回は2200mに対応できるかがポイントになるだろう。
稍重で行われた葉牡丹賞とラジオNIKKEI賞で好レースをしており、青葉賞では13着に大敗。現状では上がりが掛かる競馬が得意なタイプと見ていいだろう。そのため中山競馬場自体は得意なタイプで、後は馬場が荒れればなお良い。週末は台風も近づくという事で、どれだけ馬場に影響を与えるかがポイント。
近2走はスプリングS13着、青葉賞6着とやや物足りない結果。前走青葉賞からセントライト記念に挑んだ馬は過去10年で(0.0.1.3)。唯一好走した2013年アドマイヤスピカは当日馬体重が大きく増えて成長を見せており、また6番人気と比較的人気も集めていた。当日この水準にあれば評価しても。
2歳時は一線級にやや劣るという戦歴だったが、3歳になり弥生賞を制すると皐月賞でも2着に好走。日本ダービーも6着に善戦し世代トップレベルの実力馬となった。美浦南Wで行われた最終追い切りが秀逸で、横山武騎手も「まさかこんな時計が出ているとは」とコメント。ひと夏を越してさらに良化した感ありここは最有力。
夏は2勝クラスに参戦して2着に好走している。過去10年のセントライト記念で前走2勝クラスからの参戦は(1.3.0.29)。1勝クラス組より成績は優秀も、重賞組には届いていない。ただし、同馬は青葉賞ではタイム差なしの3着に好走。すでに重賞級のレベルにはあるので過去の傾向に当てはまらない点は注意が必要。
1勝クラスながら好メンバーが揃った前走を勝利。上がり馬として注目されるが、過去10年のセントライト記念で前走1勝クラスからの参戦は(1.0.2.40)と結果が出ていない。秋のクラシック路線の前哨戦という事で有力馬の参戦も多く、過去の傾向からは勢力図の変動は見られない。上位人気に押されるレベルなら。
新馬、アイビーSを制してホープフルS2着。2歳時にトップクラスの成績を収めたものの、怪我により春は断念。今回は復帰初戦という事で状態がカギを握るが、久保田師は「内からスッと並んでくるかと思ったが、馬がとぼけて走っていた」と語っており、まだ本調子には遠い印象。いきなりからは厳しそうで静観が妥当か。
名牝シーザリオの仔で春はハイレベルの毎日杯を4着と善戦し、京都新聞杯で2着に好走している。今回はその京都新聞杯以来となるが、友道師は「直線の反応も良く、いい感じで追い切りができた」と語っている。前走重賞連対馬は(3.1.0.7)。その内2勝が日本ダービーだが、重賞実績馬は評価必要。
この夏最大の上がり馬で1勝クラス、2勝クラスと連勝。いずれも直線の短い札幌競馬場で強い競馬をしており、中山競馬場への不安は少ない。前走条件戦を使われていた馬は当日3番人気以内だと(2.1.0.3)。この水準まで評価されれば通用している。戸崎騎手、大竹師ともに手応えを感じておりここも通過点か。
レシステンシアの弟でデビュー2戦目に京成杯を制した。しかし、皐月賞6着、日本ダービー8着とクラシック本番では善戦止まり。トップクラスには少し足りないレベルと考えるのが妥当だろう。加藤征師は「夏を越して体の不安な部分はなくなってきた」と語っており、ひと夏を越しての成長に期待したい。
前走ラジオNIKKEI賞では2着に好走。牧田師は「間隔を空けた方が動ける馬で春よりは余裕を持ったローテーションで臨めるのはプラス」とコメントしており、スプリングS6着、皐月賞12着と春クラシック路線で結果が出なかったのはローテーションに原因があるなら度外視も可能か。今回が試金石の一戦。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。