IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年4月18日(日)

11R

2021年4月18日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第81回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | 3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 |

オーソクレースの回避によりルメール騎手が騎乗に。そのため人気を集めそうだが、同騎手は過去10回で(1.0.1.4)。サトノダイヤモンドとサートゥルナーリアの2頭しか好走しておらず、人気を裏切る傾向の方が強い。前走若葉S組も(0.2.1.21)と好走は多くなく、鞍上で人気を集めるなら疑ってかかりたい。
過去10回の当レースで前走1勝クラスからの参戦は(0.0.0.9)と結果が出ておらず、ましてや3着では能力不足。よほど展開に恵まれるようなことがないと厳しいか。1枠は(2.0.1.16)と悪くないが、先週のレースを見ていると各馬内を避ける競馬で外が伸びていた。状況的にも後押しは少なくこれでは。
前走の共同通信杯は5着に敗れるも、他馬よりも1kg斤量が重たく、直線では不利もあった。これでスローぺースの決め手勝負では負けるのは必然で、最後盛り返して伸びていたあたりは力負けではない事を示している。気になるのは乗り替わりか。過去10回で(3.3.2.65)と継続騎乗と比べて成績は落ちる。
新馬戦を勝利後、1勝クラスで2度の2着の後に挑んだ前走のスプリングSで4着。コンスタントに活躍はしているがあと一歩足りないという立ち位置。過去10回の当レースで前走4着以下は(0.2.1.45)と勝ち馬はゼロ。クラシックは順調に来ていることも重要な要素となる。実績不足と言わざるを得ないだろう。
好メンバーが集まった共同通信杯をデビュー2戦目で2着に好走すると、3戦目の前走スプリングSを勝利。ここにきての充実ぶりがうかがえる。前走同レースからの参戦は(3.1.3.32)で主要ステップの一つ。特に勝ち馬は(2.0.2.5)と安定している。池添騎手は「状態は前走よりいい」とさらなる上積みを示唆。
デビューから3着内を外しておらず、ホープフルS3着などの実績。前走のきさらぎ賞は2着に好走している。今回は主戦の武豊騎手が怪我により岩田望来騎手に乗り替わり。皐月賞は初騎乗であり、過去10回で前走から乗り替わりは(3.3.2.65)と分が悪い。騎乗馬のクセを理解している継続騎乗が強い。
デビューから3戦3勝で前走は好メンバーが揃った共同通信杯を勝利。2着ヴィクティファルスがスプリングS、3着シャフリヤールが毎日杯を次走で制している。過去10回の当レースで前走共同通信杯組は(4.0.2.10)と最多勝。特に勝ち馬は(3.0.1.4)と安定。順調に仕上がったと師は語りデキも万全。
昨年のホープフルSの勝ち馬で最優秀2歳牡馬。近年は皐月賞へ直行も目立つが同馬は前哨戦に弥生賞を選択。圧倒的な1番人気に支持されるも3着に敗れた。ただし、いかにも前哨戦らしい競馬で力負けではない。過去10回の当レースで前走弥生賞組は(0.5.2.34)と勝ちきれていない点は気になるが巻き返しは必至。
デビューから4戦で連対を外していない堅実派。前走のきさらぎ賞はホープフルS3着馬のヨーホーレイクを降して1着に。実力は世代上位の存在。きさらぎ賞からは過去10回で(0.0.1.9)と、馬券に絡んだのはサトノダイヤモンドだけという点は気になるが数は少ない。距離延長組が(8.3.6.68)と中心で臨戦過程は悪くない。
昨年のホープフルSでは5着と善戦。今年初戦の若葉Sで2着に好走して権利を獲得した。ただしここまでの実績からもわかるように上位馬相手には劣っており、前走若葉S組も過去10回で(0.2.1.21)とあまり好走率は高くない。清水久師は「使った上積みもあると思います」と語り、どれだけ成長しているか。
4戦3勝の実績も3走前のエリカ賞でアドマイヤハダルに敗戦。3勝も裏街道で一線級相手に通用するかは疑問。前走すみれS組は(0.0.0.8)と3着内ゼロ。基本的に距離延長組が有利で短縮組は(0.0.0.16)と不振。レース振りから人気を集めそうだが、池江師も「小回りは合ってないかも」と不安げ。
前走のスプリングSは6着に敗戦。重馬場の外差し決着で情状酌量の余地はあるが、実績的には1勝クラス勝ちのみと物足りない。菱田騎手は「自分のリズムで運べれば」と語るが、今回も週末は雨予報で馬場悪化が予想される。先週の傾向からも外差し傾向になりそうで、自身のペースで競馬ができる保証はない。
昨年のホープフルSは4着止まりも、前走の弥生賞でダノンザキッドにリベンジ。スローペースを逃げて後続を完封した。ただ、やはり前走は展開が嵌った印象が強く、本番はそう楽な競馬はさせてもらえないだろう。過去10回で逃げた馬の成績は(0.0.1.12)。今回は目標にされると厳しいだろう。
2走前の競馬がひどく、前走のスプリングSで払拭する2着に好走。外差し馬場ではあったが、早めに仕掛ける競馬で勝ち馬との差もなく強い内容だった。過去10回で同レースからの参戦は(3.1.3.32)で、2着馬も(1.1.1.6)と好成績。G1経験のない鞍上が不安な材料だが、継続騎乗は安定傾向。
新馬、京成杯と連勝で参戦。キャリア2戦で重賞勝利は素質の証だが、当レースでは過去10回で(0.0.0.4)。同じ臨戦過程で挑んだ2020年クリスタルブラックが5番人気ながら16着に敗れている。さすがにG1では経験値が足りない。加藤征師曰く「成長ぶりがすごい」との事で、レシステンシアの一族の底力に期待。
昨年の朝日杯FSは3着。レコード決着のデイリー杯2歳Sや未勝利戦のように時計勝負に強く、マイルまでしか経験していないこともあり週末の雨は不安材料。また、これまでのレース振りからラチを頼る傾向があり、大外枠に入ったのはマイナスだろう。過去10回で(1.3.0.5)と好成績の福永騎手の手綱捌きがカギ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。