IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年1月24日(日)

11R

2021年1月24日(日) | 1回中山8日 | 15:45発走

第62回アメリカジョッキークラブカップ(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:曇 | 馬場:不良 | 4歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

ダービーこそ11着に敗れたものの、皐月賞は5着に善戦。秋はセントライト記念2着、菊花賞3着と好走しており、スピード勝負だと分が悪いが直線の短い競馬場や長距離戦では崩れていない。今回のコースはプラスで、最終追い切りは美浦坂路で4ハロン51.7秒と好時計。国枝師も「いい感じで動けていた」と太鼓判。
前走重賞からの参戦は過去10回の当レースで(8.8.8.68)とやはり中心。その中でも3着以内に限定すると(2.3.4.12)とより安定感が増し複勝回収率も100%を超える。この中間は美浦坂路で4ハロン51.5秒と自己ベストを更新するタイムを記録。柴田善騎手も「雰囲気がいい」と手応えを感じる様子。
2018年には宝塚記念で3着の実績もあるが、今年で8歳。最後に好走したのは2019年の小倉記念とさすがに年齢による衰えを感じさせる。8歳馬の参戦は過去10回の当レースで(0.2.2.14)。基本的には分が悪い。前走重賞組が中心でオープンからだと好走例も少なく、さすがに敷居が高いか。
ダービーでは3着に好走するも、菊花賞では7着に敗戦。今回のその前走からの参戦となるが、前走同レースからの参戦は過去10回で(0.2.0.3)。好走した2頭には小回り重賞で連対歴があった。同馬は2歳時にホープフルSで2着に好走。過去の好走馬と同様の戦歴を有しており、その点では評価できる。
地方馬で4走前に中央へ転入。そしてここ3戦は障害戦とあまり過去にない戦歴の同馬。それだけに判断に困るところだが、7歳馬の参戦は過去10回の当レースで(1.2.0.20)と苦戦。ダートや障害を走っていたためスタミナはありそうで、週末の雨で馬場がかなり悪くなれば台頭する可能性も考えられるが。
長期休養から復帰した昨年はアルゼンチン共和国杯で0.5秒差の7着に善戦するまでに復活。まだ完全復活とは言えないが、これだけやれれば十分だろう。距離短縮組が好走するレースで、過去10回の当レースで(7.2.2.38)と好成績を収める。重賞組も好走が目立ち、穴馬として注目の存在になりそう。
ダイヤモンドSから長期の休養を経て挑んだ前走のステイヤーズSを2着に好走。過去10回の当レースで前走重賞からの参戦は(8.8.8.68)。特に3着以内だと(2.3.4.12)と好成績で複勝回収率も100%を超えている。叩いた上積みは大きそうで、5勝をあげ単勝回収率100%を超える5歳という点も好感。
前走のアルゼンチン共和国杯では2着に好走。重賞でも勝ち負けできる能力のある馬で、かつ寒い時期に調子を上げるタイプ。陣営も春や夏はあまり使っていない。距離短縮ローテは過去10回の当レースで(7.2.2.38)と好成績。昨年の当レース3着や3歳時の京成杯1着など中山競馬場も得意としている。
昨年の菊花賞ではコントレイルにあわやのクビ差まで迫った同馬。それだけに注目の集まる存在となるが、過去10回の当レースで前走菊花賞からの参戦は(0.2.0.3)と勝利は無し。同馬のここまでの戦歴も勝ちきれないレースが多く、同様に2着までとなる可能性も。年明けから好調のルメール騎手の手腕に期待。
昨年は日経新春杯、日経賞で好走し、宝塚記念でも3着とした。実績的にはここでも上位の存在で、問題は体調面だろう。その宝塚記念で故障し、復帰した有馬記念では馬体重が470kgと10kgも減少。筋肉が落ちた証拠で、レースでも見せ場を作れず15着に大敗している。状態さえ戻ればここでも十分通用するが。
2歳時には札幌2歳Sで2着もあったが、それを最後に重賞では好走無し。前走のチャレンジカップでは6着に敗れている。前走重賞組は(8.8.8.68)と優秀だが、G3組に限定すると(0.5.4.29)と勝ててはいない。洋芝巧者で時計の掛かる馬場が得意。週末の雨で馬場が悪化すれば可能性は高まるが。
昨年も2着に好走した同馬だが、冬場に状態を上げるタイプで勝利こそないものの1〜3月は(0.3.1.2)と安定。最終追い切りは栗東坂路で4ハロン51.9秒と好時計を記録し、矢作師も「すごく良かった」とコメントしている。今年で6歳となるが(3.1.2.28)と高齢馬でも活躍している重賞で今年も期待。
8歳馬の参戦は過去10回の当レースで(0.2.2.14)。最後に好走したのは2018年のオクトーバーSで、前走二桁着順だと(2.3.2.32)と苦戦。前走オープン組は(0.2.1.21)、今回距離延長で挑むのも(3.8.7.55)と分が悪い。さすがに上積みも見込めずここでは厳しい。
良血馬で2〜3歳時に重賞戦線でも活躍を果たしたが、その後伸び悩み青葉賞を最後に好走は無し。近2走はリステッド競走に挑むも13着と8着。リステッド競走含め前走オープンからの参戦は(0.2.1.23)。基本的には重賞組から好走馬が出るレースで、G2クラスでは格が重要。その点で劣り評価はできない。
過去10回の当レースで牝馬は(0.0.0.7)と数の上では苦戦。しかし上位人気馬の出走がない中で掲示板には3頭が入っており、実情ほど悪くはないというのが本当のところだろう。わざわざ牡馬相手に挑むという事で、陣営もある程度通用する見立てでここに出走させている。手塚師も「不安がない」と自信あり。
調教ではいつも良い動きをするものの、それが実戦で活きていないという状況。長期休養前はコースで乗り込めていたので、ここが改善することが状態を判断するサインか。前走重賞組は(8.8.8.68)と優秀だが、G3組に限定すると(0.5.4.29)と勝ててはいない。騎手変更が吉と出るか凶と出るか。
過去10回の当レースで前走3勝クラスからの参戦は(1.0.1.13)。過去に2度の好走はあるがともにすでにG1を経験している馬で、その点でも同馬は格不足。7歳馬の好走も(1.2.0.20)とあるにはあるが、基本的にこちらも率は低く積極的に推す根拠に乏しい。大きな上積みもなくさすがに厳しいだろう。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。