IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年10月9日(土)

11R

2021年10月9日(土) | 4回東京1日 | 15:45発走

第7回サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)

芝・左 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際)(特指) 馬齢 | 本賞金:3300、1300、830、500、330万円 |

新馬戦は1番人気の支持に応えられず2着に敗れたが、次走の未勝利戦を完勝。そして挑んだ新潟2歳Sは5着に敗れたものの、前の組に有利な展開で後方からでは厳しく、上がり3ハロンはメンバー2位の32.9秒を記録。高野師も「前走で脚力があるのは分かった」と悲観はしていない。スピードは重賞級。
新馬戦を勝利するも、2戦目の前走クローバー賞では7着に大敗。鞍上の柴田大知騎手曰く「前走は押っつけ通しで洋芝が合わなかった」との事だが、勝利した新馬戦が稍重。むしろパンパンの良馬場で時計勝負が想定される今回の方が危険に感じる。前走1600m以下で2着以下の馬は過去10年で(0.0.1.8)と苦戦。
直線の長い新潟競馬場という点は考慮する必要はあるものの、新馬戦では上がり3ハロン32.7秒を記録。前走新潟競馬場組は過去10年のサウジアラビアロイヤルカップで(1.4.5.20)と2〜3着が多く、瞬発力は出色だけに道中のペースが速くなった時にどれだけ対応できるかがポイントとなりそう。
新馬戦は10番人気の低評価を覆す勝利。しかし、前走のアスター賞は5着に敗れた。過去10年のサウジアラビアロイヤルカップで前走5着以下に敗れていた馬は(1.2.4.38)と勝ちきれていない。この時期の2歳重賞だけに、底を見せていないことが重要。鞍上がデムーロ騎手に替わった点でどこまで。
キャリア3戦で新馬2着、未勝利1着の後に挑んだ前走の野路菊Sは8着に敗れた。勝ち馬からは1.3秒差と完敗で、前走1秒以上の着差をつけられた馬は過去10年のサウジアラビアロイヤルカップで(0.0.1.14)と通用していない。唯一の好走例も重賞で着差は離れていたが6着だった。オープン特別8着からでは。
近年は素質馬のデビュー戦となる6月1週目の東京競馬場の新馬戦。今年このレースを制したのが同馬で、2着馬に0.5秒差をつける完勝。前走新馬戦で0.5秒差以上の勝利は(1.2.0.1)と好走が多い。国枝師は「2歳時に賞金を加算させておきたいし、それだけの馬だから」と語っており、陣営の評価も高い。
音無師は「調教は動けるようになって前走より良くなっている」とコメント。栗東坂路で4ハロン52.1秒と好時計を記録している点は好材料だろう。ただ、ラスト1ハロンは12.8秒と時計を要しているように終いの脚に課題。距離延長組も過去10年の当レースで(1.1.2.13)と勝ちきれておらず、決め手に不安。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。