IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年9月6日(日)

11R

2020年9月6日(日) | 2回小倉8日 | 15:35発走

第40回小倉2歳ステークス(GIII)

芝・右 1200m | 天気:雨 | 馬場:重 | 2歳 | オープン (国際)(特指) 馬齢 | 本賞金:3100、1200、780、470、310万円 |

デビューから3戦で勝鞍はないが今年は頭数も少なく参戦に。しかし、未勝利馬の出走は過去9回で該当がなく、前走未勝利組に絞っても好走率、回収率ともに低調。ましてや今回連闘での参戦となり、こちらも過去9回で勝率0%など苦しいデータが揃う。状態面でも不安視される状況なら軽視が妥当か。
函館2歳Sからの参戦も牧浦師は「道中は折り合い重視で我慢して、ラストを軽く伸ばした。反応できていて、予定通りです」とコメント。過去9回で前走函館2歳S組は2頭が参戦してどちらも着外。過去の傾向からは厳しいが...。「馬体は小さいけど、馬場が悪いのをそこまで気にするタイプじゃない」と続け馬場悪化は歓迎。
前走ひまわり賞4着から連闘となるが、喜入助手は「スタートが良かったし、前走は1回使って上積みがありました。食欲も旺盛でバテてもいないです」と状態は変わらない様子。今週の小倉は台風の影響で馬場悪化が懸念されるが、「雨馬場で時計がかかるなら楽しみはあります」とこちらは逆に馬場悪化を歓迎している。
前走で鮫島克駿騎手が「先生にダートを使って欲しいとお願いしていたので、結果を出すことができて良かったです。芝だとややスピード負けする面がありますが、ダートで補えました」とコメント。再び結果の出てない芝に戻り重賞では荷が重いか。前走小倉ダート1000組は過去9回で7頭すべて馬券対象外。
前走の新馬戦を勝利。騎乗した太宰騎手は「スタートから速かったですね。行きっぷりが良く、レースセンスもいいです。これからも楽しみ」と好評価。今回は連闘となるが市川厩務員は「ゴール前は抑える形で100%走らせたわけではないですからね。レース翌日を見てもカイバを食べているし、気負いもないです」とデキ落ちはない。
阪神での新馬戦を勝利後、挑んだフェニックス賞でも2着に好走。相手は3連勝ヨカヨカということを考えれば0.2秒差は健闘と言えるだろう。小牧太騎手も「道中、無理をしないでじっとして、どれだけ走るのかと思っていましたが、速い時計にも対応してくれました。良い競馬だったと思います」と振り返り重賞でも。
新馬戦を0.5秒差の完勝。松山騎手は「スタートが良くて、楽に競馬ができました。終始楽に運べて、着差以上に強い競馬をしてくれました」と手応えを感じる内容だったよう。河内師も「1回使った上積みは十分ある。馬場が悪くなるのはいいんじゃないかな」とコメントしており状態面、週末の馬場状態とも不安なし。
前走の新馬戦は1200m戦ながら2着馬に0.8秒差をつける圧勝。福永騎手は「期待していた通りでした。重賞でも好勝負できるポテンシャルの高さはあると思います」と振り返っている。武英師も「イメージ通り。フットワークが素晴らしくて、総合点が高い。瞬発力に加えて持続力もある」と最終追い切り後にコメント。
新馬戦で敗れたヨカヨカはその後2連勝の実力馬。未勝利戦では1200m戦で2着馬に1.7秒差をつける圧勝劇で強さを示した。この中間を松永幹師は「気が入っていた前回よりいい雰囲気で調整できて、いい状態に仕上がったと思います」とコメント。雨予報いついても「しぶった方がいいと思う」と語っている。
前走の未勝利戦は2歳レコードで勝利。外国産馬らしくスピードに勝ったタイプで、前走騎乗した川田騎手も「返し馬から逃げる競馬ができそうな感じでしたから、そのようにレースを組み立てました」と語っている。栗東坂路でラスト1F12.3秒。西園師も「しっかり仕上がった。前走の反動もなく、順調ですね」と語る。
Yahoo! toto

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。