IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年11月15日(日)

11R

2020年11月15日(日) | 5回阪神4日 | 15:40発走

第45回エリザベス女王杯(GI)

芝・右 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

前走の府中牝馬Sは2着に好走。今年の東京新聞杯など重賞実績は東京競馬場に、そして他に勝ち鞍があるのは中山競馬場のみと良績は関東圏に限られている。逆にそれ以外の競馬場では取りこぼしており、斎藤誠師も「輸送が不得手」と語っていることからも関西圏で行われる当レースでは割り引いて考えたい。
クイーンS9着の後に挑んだ前走の府中牝馬Sを3着に好走。8頭中8番人気と低評価だったが、人気を裏切っての激走となった。去年の暮れから今年にかけて一気にクラスの壁を突破。馬体重もデビュー時と比較して20kgも増えており、成長が著しい。前走3着以内なら(7.7.7.66)。フロック視は禁物。
中山牝馬S2着、マーメイドS3着など牝馬限定重賞で好走。ただ、前走の七夕賞では8着に敗れたように牡馬相手では通用せず牝馬路線でハンデに恵まれた場合のみという実績。近走の勢いが重要で前走6着以下は(0.1.3.58)と苦戦。斉藤崇師は「阪神競馬場の2200mは良い」と語り、適性でどこまでやれるか。
現3歳世代においてこの夏最大の上り馬。2走前の夕月特別を0.7秒差で完勝すると、前走の秋華賞も3着に好走。同レース組の参戦は(2.3.2.20)で複勝率は25.9%も、3着以内に限ると(2.3.1.9)で同40%に上昇。3歳で好走している馬も秋に結果を残してきた馬ばかりで、成長著しい同馬には注目。
2歳時から活躍を期待されたが、結局3歳牝馬G1ではオークスの4着が最高。期待通りの結果は出なかった。とにかく好走はスローペースになる事が前提で、ハイペースの桜花賞や秋華賞では1秒以上の大敗を喫しているようにペースが速くなると途端に脆くなる。古馬相手で今年は阪神競馬場の内回り。適性的には向かない。
今年は1200mの高松宮記念から。さすがにこの距離で好走するにはスピードが足りなかったが、次走のヴィクトリアMでは3着。安田記念でも4着に善戦した。夏は距離を延ばして札幌記念に参戦。久しぶりの中距離路線となったが1着で満点の回答となった。牡馬相手の中距離G2クラスでの勝利は素直に評価すべき。
4走前に3勝クラスのグレイトフルSを制したが、オープンクラスに上がった近3走はいずれも1秒以上の敗戦。前走1秒以上負けは(0.0.1.16)。唯一の例外は2011年のアパパネのみとかなり厳しい。調教で使用したブリンカーの手応えが良くレースでも着用。これがどこまで起爆剤となるかにかかっている。
高野師が「古馬になって馬がしっかりしてきた」と語るように、デビュー時は454kgだった馬体重も前走では472kgまで増加。その言葉通り数字にも表れている。前走は牡馬相手のオールカマーを勝利。前走同レースからの参戦は(2.1.0.3)と好成績。牡馬相手に中距離路線で勝利した実績は侮れない。
春はオークス3着の実績を残すも、秋は紫苑S6着、秋華賞9着。「ここ2走は流れに乗れてない」と五十嵐師は語る。過去10回の当レースで3歳馬は(3.4.3.29)と好成績を収めるが、好走馬の多くは秋に重賞好走、もしくは飛躍を遂げた馬が多い。オークスだけ良く秋ダメだったサンテミリオンなどは敗戦。
近3戦はいずれも1秒以上の敗戦を喫している。前走1秒以上負けから巻き返したケースは2011年のアパパネしかおらず、成績は(0.0.1.16)。よほどの実績があれば検討してもいいが、オープンクラスで好走歴がないどころか、そもそもいまだ3勝クラスの身では同馬なら厳しいと言わざるを得ないだろう。
昨年のオークスではカレンブーケドール、クロノジェネシスらを抑えて勝利。それだけに近走の結果はもどかしいが、矢作師によると「去年のオークスは100点。今は85から90点」との事。この中間の追い切りは意欲的に乗り込まれており動きも上々。2000m以上では(2.1.1.0)と崩れておらず体調さえ戻れば。
3歳馬。フローラS1着から挑んだオークスで2着に好走した春だったが、秋華賞では15着に大敗。しかし、前走はオークス以来の実戦で、馬体重もプラス12kgで出走。絞り切れていなかったか。手塚師は「1回使われて上積みはある」とコメント。ただし3歳馬の好走の多くは秋の実績馬。古馬相手には成長力が重要に。
昨年の当レースは6着に敗れたが、今年は小倉日経OP、前走の府中牝馬Sと連勝で挑む。デビュー時から約20kg、昨年の当レース時よりも6kg馬体を増やしており成長中。最終追い切りは栗東坂路で4ハロン52.6秒、ラスト1ハロン12.3秒を馬なりで記録と調教の動きは抜群。昨年以上のパフォーマンスに期待。
近2走は小倉記念2着、新潟記念4着と牡馬相手に善戦。ヴィクトリアMや阪神牝馬Sなど牝馬相手にも敗れているがこれは距離がマイル戦。得意の中距離戦なら見限れない。過去10回の当レースで勝ち馬は前走5着以内からしか出ておらず、2〜3着もほぼここから。荒れるイメージも強いレースだが、シンプルに前走好走馬を。
牡馬相手となったリステッド競走のメトロポリタンSを勝利。長距離路線では強さを発揮しており、前走の新潟牝馬Sも1着としている。リピーターの活躍が目立つように、牝馬のレースではオークスに次いで2番目に長い距離となるため適性の差が出やすい。牡馬相手に通用する距離適性は大きな武器となるだろう。
夏に2勝クラスを制すると、秋には紫苑S5着、秋華賞5着と3歳牝馬路線の上位クラスにまで成長。ただし前走秋華賞組は(2.3.2.20)とまずまずの成績を収めるも4着以下だと(0.0.1.11)と不振。唯一の好走はローズSを制したタッチングスピーチのみで、実績面でもうワンパンチ欠ける。
直線に急坂がある阪神、中山、中京では(3.1.1.0)と2度の重賞好走を含め3着内を外していない。レースで騎乗する武豊騎手も「直線に坂があって力の要る阪神は合っていそう」と語っている。一週前には栗東坂路で4ハロン51.6秒の好時計を記録している。小滝助手も「いい追い切りができた」と語り好状態。
昨年の当レースの勝ち馬で今年も大阪杯を勝利。ただしその後は宝塚記念6着、札幌記念3着と善戦はしているが少し物足りない。当レースはその距離からリピーターの活躍も目立つが、多くは3〜4歳時の好走で5歳は(1.2.1.48)と低調。5歳秋と言えば年齢的にもピークアウトを迎える時期。昨年以上を望むのは酷か。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。