IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年4月11日(土)

11R

2020年4月11日(土) | 2回阪神5日 | 15:35発走

第63回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

前走は52Kの最軽量ハンデで勝利。ようやく3勝クラスを脱出した。芝1600mは【2・1・0・3】の連対率50%。2つの勝ち星は京都によるもの。阪神コースは【1・0・1・6】と芳しくない。「折り合えるようになった」と師が話すように、使いつつ競馬が上手になり6歳になっても衰えを見せない末脚が最大の魅力。デキもようやく安定してきた。
京都金杯、京都牝馬Sを連勝し、期待値にそぐう結果を自然と発揮できるようになってきている。京都コースはこれで【6・1・0・1】。一方阪神コースは【0・2・2・0】と実績が落ちる。しかし実績が乏しかった1400mでも結果を出せたように、直線の坂も突出した脚力で克服できるとみている。
芝1200mで連勝してオープン入り。今回は重賞に初挑戦。4つの勝ち鞍のうち3つが1200m。「成長している。この距離も対応できる」と師は話す。2kgの減量で臨んだ昨秋のマイル戦は7着に終わったが、左回りへの対応力に問題があった。決してこの距離に適性がないとは言えない。とはいえ、スケール面で見劣るのは事実。
前走は距離を2ハロン短縮し、未経験の1400m戦にチャレンジ。結果は5着と振るわなかったものの、ゴール前の伸び脚には光るものがあった。包まれまいと最後方から進めたことも良い結果を生んだと思われる。1週前追い切りはCWで福永騎手を背に3頭併せで併入。担当の藤本助手は「いい雰囲気。距離延長と阪神へのコース替わりはプラス。ここはベストの条件だと思います」と気を吐いた。
昨年の春に安土城S(L)で2着して以降、掲示板に上がることさえできていない。素材は良いが走りとかみ合わないところが難点。昨年の同レースは11着と見栄えは良くないが、タイム差はたったの0.3秒。ポジション一つで結果は変わってきそうだが、そのポジションが取れずに苦労しているようだ。「デキは良くもっとやれていい(高野師)」。
3歳春のフィリーズレビューをピークに状態も成績も落としているが、状態的には走れる形。中2週だった前走は気配が薄かった。今回も坂路で好時計をマーク。笹田師は「このところ馬場状態に泣かされてきた。ここまでは予定通りにこられた」とコメント。阪神コースは実績のある舞台。
前走の重賞でも2着。これで3戦連続で2着し、フィリーズレビュー(阪神芝1400m)の実績も踏まえ、1400mにおける性能の高さを明確にした。一方、芝1600mにおける実績は【0・0・0・5】と全く結果を残せていない。「前走は大幅プラス体重。背が伸びて馬自体は良くなっていましたね」と花田助手。成長によって距離の壁を克服できるかが期待される。
姉は阪神JFを制したローブティサージュ(父ウォーエンブレム)。晩年は短距離で活躍した。本馬は、父ロードカナロアによって短距離質が強まった印象。実績はマイルレンジが中心。そういう意味ではややアンバランスに映る。外厩でもしっかりと乗り込まれており、デキは常に良く、今回も力を発揮できる仕上げとみたい。
「以前よりも脚が使えるようになっていて、昨年から馬が成長しています」と、前走(東京新聞杯2着)後にコメントを残した岩田康騎手。主戦にそう言わせた走りは、マイル適性を高さを示唆している。今回は久々の阪神競馬場。昨秋は京都遠征で13番人気ながら4着に好走した実績があり、長距離輸送に不安はなさそうだ。
最高成績は昨秋の京王杯AH(G3・中山芝1600m)の2着。前走の京都牝馬Sでは適性外の条件で大健闘の6着。「よく頑張ってくれました」と話す鞍上には、今回もう一つ上の結果が望まれる。今週の追い切りはいつもどおり栗東坂路で一杯に追われた。52.5秒の時計は、過去5番目の数字。試合も12.3秒にまとめて好調ぶりを見せた。
前走(京都牝馬S)は初の1400m戦でかつ重馬場。道悪自体は苦手では無くむしろ歓迎。それよりも、異質な1400mのラップとポジションの確保に苦労していた。直線に向くところでは他馬に邪魔をされスムーズさを欠いた。それでも最後は立て直し3着に0.3秒差の7着まで着順を上げた。今回は得意のマイル戦。そして成績が良くなる叩き2戦目。期待値は高まる。
昨年の京王杯AHをレコードで逃げ切り勝ち。ハンデ52Kの恩恵もあった。次走のターコイズSは、ハンデ55Kで16着に大敗。オープンになると斤量にかなり気を遣う。芝1400〜1600mは【4・1・0・4】と連対率は50%を上回る。勝利するときは概ね基準タイムよりも速いのがポイント。安田隆師は「本当に良くなるのは夏かな」とやや消極的。
昨年の秋華賞以来5か月半ぶりの競馬。芝1400〜1600mの実績は【4・1・0・1】とほぼパーフェクト。唯一馬券圏を取りこぼした桜花賞(4着)は、理想のポジションに取り付くことができずにタフな戦いを強いられた結果。初めて掲示板を外した秋華賞は「(馬場が)乾いてきたとはいえ跳びが奇麗なディープインパクト産駒ですから(川田騎手)」と悔いを残した。久々の今回は仕上がりは気になるところ。「体は大きくなっているがこれは成長分」と片山助手。今週の追い切りでは主戦が跨がりシャープな動きを披露した。
前走(京都牝馬S)は12番人気で4着に健闘。人気のビーチサンバやシゲルピンクダイヤに先着した。鞍上が「デキも良かったし重馬場も克服してしてくれた」と成長感を伝えるようなコメント。勝負所で勝ち馬のプレスを受けながらも、直線ジリジリと脚を伸ばしてきた走りは非常に逞しかった。今回も坂路で好時計で走破。前走に続き、好仕上げでの出走が叶いそうだ。
前走、前々走の敗戦は、実績の無い厳しいレース条件へチャレンジした結果。芝1600〜2000mは【3・3・1・7】。力を発揮できる距離レンジはここになる。そのうち阪神では【0・0・0・4】と連対実績なし。昨夏の好調時は1800〜2000mによる実績。連対時はテンの3ハロンが35秒前後と比較的速い流れのとき。状態云々よりも展開のほうを気にしたいタイプ。
阪神は唯一複数回勝利がある場。今回の芝1600mは初経験。芝1800mは【2・2・1・5】で連対率は40%と安定感は高い。体形からもマイル前後がベストと思われる。また、長く良い脚を生かすためには前が止まりやすい条件がベスト。阪神芝1600mはまさにそれに合致したコースとなる。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。