IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年10月25日(日)

11R

2020年10月25日(日) | 4回京都6日 | 15:40発走

第81回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:12000、4800、3000、1800、1200万円 | レコードが出たレース

本田師も「休養をはさんでトモがしっかりしてきた」と語るように、この秋に1勝クラス、2勝クラスを連勝。注目の上がり馬だが、過去10回の菊花賞で前走2勝クラスからの参戦は(0.0.5.38)と3着まで。ただし好走した5頭のうち4頭が5番人気以下の人気薄。馬券的には来れば美味しいので紐には入れておきたい。
皐月賞を3着に好走し、ダービーも6着に善戦。秋初戦のセントライト記念も3着と世代上位の実力馬だ。ただし、前走セントライト記念組は(1.3.1.47)と好走も見られるが、その多くは連対馬。3着以下に限ると(0.1.0.37)とわずか1頭しか本番で結果が出ていない。前走の半馬身差が仇となるか。
先週のデアリングタクトに続いて無敗でのクラシック制覇がかかる同馬。秋初戦の神戸新聞杯も快勝しており、同レースからの参戦は(8.6.4.46)と王道のローテーション。1着馬に限れば(4.1.1.1)とほぼ崩れていない。矢作師も「すべてが順調」とここまでの臨戦過程を振り返っており、死角は見当たらない。
春は京都新聞杯2着に好走するも、ダービーは16着。前走の神戸新聞杯も9着と結果は出ていないが、鞍上にはM.デムーロ騎手を配しており陣営の期待は十分。ただ、前走の神戸新聞杯で掲示板外だった馬の成績は(0.0.0.25)と本番で巻き返すシーンは見られない。人気薄も多いが人気通りの着順で、軽視が妥当。
毎日王冠からの参戦という異例のローテーション。調教にも騎乗した坂井騎手は「一度使った上積みはある」とコメント。ただし菊花賞において中1週のローテーションでの出走はこれまでなく、近い中2週では(0.0.0.6)と結果が出ていない。叩いた上積みは見込めるが、タフな長距離戦で疲れが抜けきれなければ危うい。
以前から鞍上の池添騎手が「三冠のなかでは菊花賞が一番合う」とコメントしていた同馬。ついにその舞台が訪れた。前走神戸新聞杯組は(8.6.4.46)と好成績で、2着馬は(1.4.1.3)。17年にキセキが勝利している。神戸新聞杯組で好走した馬は菊花賞で好成績。適性がリンクしており、当然ここも上位争い。
新馬戦から1倍台の評価を集めていた馬で、前走の2勝クラスを制して菊花賞出走が叶った。ただし前走2勝クラスの菊花賞の成績は(0.0.5.38)。3着までという過去の傾向で、国枝師も「現状でどこまで通用するか」とトーンは高くない。長距離血統のハーツクライも菊花賞では(0.1.0.11)と不振。
京都新聞新聞杯の勝ち馬で、ダービーは5着。秋初戦の神戸新聞杯も4着と善戦している。前走神戸新聞杯組は(8.6.4.46)と優秀な成績だが、4着以下は(0.0.2.37)と一気に成績が下がる傾向に。レースの質としてリンクしやすい神戸新聞杯で上位争いできなかった馬が本番で巻き返すのは難しい。
「春と体重は変わらないが、実が入ってきた」と音無師が語るように、夏から秋にかけて1勝クラス、2勝クラスを連勝してきた。ここ2戦はM.デムーロ騎手だったが、今回の鞍上はルメール騎手に変更。菊花賞では7番人気で勝利したフィエールマンなど(2.0.1.2)と抜群の成績を誇る鞍上への交代は追い風だ。
春は弥生賞を制し、皐月賞では2番人気に支持されるも5着に敗戦。続くダービーでも11着とクラシックで結果が出ず。秋初戦はセントライト記念に参戦し、2着とここも勝ちきれなかった。当レースからの菊花賞参戦は(1.3.1.47)。神戸新聞杯組に劣るが、連対馬に限定すると(1.2.1.10)と安定。
この夏最大の上がり馬として注目を集めるのが同馬。新馬、未勝利と2着が続いたが、休ませて復帰した4月からセントライト記念など重賞2勝を含む4連勝を果たした。「春はソエがあったけど、夏を越して脚元が良化。それに伴い筋肉が乗ってきた」と浜田師。まだまだ成長中の身で、遅れてきた実力馬が三冠制覇を阻止するか。
3連勝ですみれSを制覇するも、皐月賞11着、ダービー15着と大敗。秋初戦の神戸新聞杯も7着に敗れており、現状では重賞クラスでは力が足りないと言わざるを得ない。調教での動きも春と変わっておらず、やはりまだ力不足。神戸新聞杯で6着以下は(0.0.0.25)と全く結果が出ておらず厳しいだろう。
1勝クラス2着という戦歴で挑んだ前走の神戸新聞杯で3着に入線。菊花賞出走の権利を得た。そもそも関東馬はセントライト記念があるため神戸新聞杯を使うケースが少なく、過去10回で好走した馬はレイデオロだけ。それだけに3着というのは価値があるだろう。神戸新聞杯3着馬は(3.0.0.5)。フロック視は禁物。
春は青葉賞2着でダービー出走の権利を得たが、本番では14着と大敗。秋初戦のセントライト記念は5着に敗れており、セントライト記念3着以下の成績となる(0.1.0.37)が示す通り上位とは差がある。馬場が悪かったとはいえ、最終追い切りの栗東坂路で4ハロン57.4秒はあまりにも遅く、状態面も疑問。
ダービーではコントレイルに次ぐ上がり3ハロン2位タイを記録して7着に善戦。これにより札幌記念では4番人気と人気も集めたが、古馬との差を見せつけられ9着に敗戦している。前走同レースに出走した馬の菊花賞の成績は(0.1.0.2)。唯一の好走馬レインボーラインは同レースでも3着に好走していた。
夏に2勝クラスを勝利し、挑んだ前走の神戸新聞杯で5着に善戦。同レース5着馬の成績は(0.0.1.6)とまだ3着が1回あるようにギリギリ及第点。最終追い切りに騎乗した富田騎手は「終いの反応は先週よりも良かったです」とコメント。この中間の調整も順調そうだ。3着争いなら十分割って入れそうな存在。
若葉S2着で出走権を得て皐月賞に挑むも17着に大敗。その後は休養を挟み、挑んだ鳴尾記念で出遅れがあったにせよ15着。前走はダート戦のシリウスSに出走して13着に敗戦している。やや迷走している感はあるが、戦法としては逃げの競馬。ただし、過去10回の菊花賞で逃げた馬の成績は(0.0.1.12)と壊滅。
共同通信杯で2着とするが、春は皐月賞14着にダービー10着。結局、好走したのはリステッドのプリンシパルSだけで上位との実力差が大きい。秋の神戸新聞杯で11着に敗れているのもその証左。神戸新聞杯で6着以下は(0.0.0.25)と本番で巻き返す馬もおらず、過去の傾向通り厳しい戦いを強いられるだろう。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。