IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年10月18日(日)

11R

2020年10月18日(日) | 4回京都4日 | 15:40発走

第25回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | 3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

ミスパスカリの仔できょうだいに菊花賞3着ポポカテペトルなどがいる一族。藤原英師も「京都内回り2000mは条件がいい」と語るように、中距離で直線も長くない京都内回りコースの秋華賞はベストの舞台に映る。オークス以来の実戦も栗東坂路で4ハロン51.8秒の好時計。デキは良さそうで動ける態勢にある。
デビュー前から期待を集めていた馬で、2歳時に重賞を勝利するも阪神JFは6着。その後桜花賞10着、オークス4着と物足りない結果が続いたが、前走のローズSで久しぶりの勝利。ただしその前走も鞍上川田騎手の手腕が大きく、上がり6位以下の秋華賞成績は(0.1.2.33)。世代上位の実力を示したかは半信半疑。
昨年の阪神JF2着馬でチューリップ賞の勝ち馬。春G1こそ結果が出なかったが、世代上位の一頭として前走の紫苑Sで力を証明して見せた。春G1はともに馬体重が減っており、特にオークスでは434kgとキャリアで最も軽い体重。状態が良くなかったのだろう。陣営も「完璧」と語るように今回は良い状態で出走できそう。
フローラS2着の後に挑んだオークスでは8着に敗戦。夏場を挟み復帰した紫苑Sでは4番人気の支持を集めるも、結果は13着とここでも結果が出なかった。近走活躍の目立つ同レースだが、掲示板外だと(0.0.0.4)と結果が出ていない。今回は馬具を工夫するという陣営の声もあり、それがどう出るか。
デイジー賞、忘れな草賞を連勝して挑んだオークスは13番人気ながら3着に好走。しかし、秋初戦の紫苑Sでは2番人気に支持されるも6着に敗れた。重賞に格上げされ、近年は同レースからの好走も目立つが、掲示板外に限定すると(0.0.0.4)と好走はない。該当馬が二桁人気馬ばかりではあるが、臨戦過程は推せない。
芝のレースはデビュー戦のみ。前走はダートの2勝クラスを勝利している。前走ダートからの秋華賞参戦は過去10回で(0.0.0.3)。3頭すべて二桁人気で二桁着順に敗れている。好走歴が重、不良時が多くスピード決着が得意なタイプ。太宰騎手も「芝でも大丈夫だと思います」とは語るが。厳しいと言わざるを得ない。
3走前に未勝利クラスを突破したばかりだが、前走ローズSで2着に好走。秋華賞出走の権利を得た。その前走では上がり2位と見どころのある末脚。ローズS組は(4.6.7.56)と好走が多いが、上がり3位以内が(3.4.3.13)を占める。複勝回収率も100%を超えており同馬も前走をフロック視するのは危険。
夏の上がり馬の一頭で前走牝馬限定戦の2勝クラスを勝利。前走2勝クラス勝ち馬は(0.2.0.15)。好走した13年スマートレイアー、18年ミッキーチャームは当日2、5番人気に支持。当日上位人気に支持されていれば買える。父ディープインパクト産駒は(4.4.1.28)と勝利数など最多の活躍。
シンザン記念の勝ち馬という事で桜花賞では注目を集めたが、結果は0.8秒差の6着。続くオークスは13着とG1で結果が出ていない。今回はそのオークスからの参戦となるが、前走同レース組は(2.0.0.11)で勝ち馬2頭はアーモンドアイとクロノジェネシス。基本的には好走率の低いローテーション。
昨年の阪神JF3着馬で桜花賞は4着に善戦。しかしオークスは15着、ローズSは5着と近走はやや物足りない内容。前走のローズSは0.6秒差の敗戦で、過去10回の秋華賞において前走ローズS0.6〜0.9秒差の敗戦は(0.1.1.8)と巻き返せていない。ハーツクライ産駒も(0.3.0.9)と苦手。
春は桜花賞7着、オークス14着に敗戦。その後夏場に2勝クラスを勝利したが、前走のローズSでは2番人気に支持されるも8着。まだ上位クラスには届いていないというのが現状だろう。前走ローズSで掲示板外だった馬の成績は(0.0.2.30)。前哨戦でつけられた序列は本番で逆転することは難しいという結果に。
オークスでは直線で不利を受けながらも、見どころある末脚で5着まで浮上。前走の紫苑Sも僅差の4着と馬場が悪化した桜花賞以外は安定して走っている。父ディープインパクトの産駒は(4.4.1.28)と秋華賞は得意の舞台。国枝師は「前走は馬場を気にしていた」と敗因を口にしており、週末の天気がカギ。
もはや説明不要の牝馬二冠馬。今回は勝利したオークス以来の出走となるが、このローテーションは過去10回の秋華賞で(2.0.0.11)。勝った2頭はアーモンドアイとクロノジェネシスでその後の古馬G1勝ち馬。同馬もこのクラスに並べて差し支えないだろう。松山騎手は「順調に調整できた」と語っており不安なし。
ローズS3着で権利を獲得。夏場に1勝クラスを突破した上がり馬の一頭だ。ステップレースでも最多の勝利数を誇る同レース組だが、上がり3ハロン6位以下なら(0.1.2.33)と勝利は無し。連対率2.8%、複勝率8.3%と低調。春の実績馬相手に切れで上回った形でないと好走には結びついていない。
春は白百合S3着、そして夏には2勝クラスを突破。前走の紫苑Sでは5着とは言え0.3秒差と着実に実績を積んできている。馬体重もデビュー時の452kgから460kgと増加。数字でも成長を見せているのは好感が持てる。杉山晴師は「自在性は大きな武器。ベストなコース」とコメントしており注目の存在。
近2走はラジオNIKKEI賞4着、紫苑S2着と重賞戦線で活躍。近年は紫苑S組の活躍も目立ち、特に連対馬に限れば(2.0.0.4)と2頭の勝ち馬が出ている。勝利したヴィブロス、ディアドラは3番人気に支持。当日上位人気に支持されるかどうかが判断の目安になりそう。中間の調整過程も良く、陣営のトーンも高い。
春はフローラSを制し、オークスでも2着。その前走オークスからの参戦となるが、中10〜25週での出走は過去10回の当レースで(2.1.0.23)。春以来で好走したのは18年のアーモンドアイと19年のクロノジェネシスのノーザンファームの2頭だけ。「オークスと同じくらいのデキで行けそう」と師は語るが。
キャリア2戦目でフラワーCを勝利。しかし、その後はオークス17着、ローズS12着と結果が出ていない。過去10回の当レースで前走二桁着順の馬は(0.0.1.28)と全く通用しておらず、唯一の好走となった13年リラコサージュは前走のローズSが重馬場で参考外。弁明の余地がない戦歴では厳しいだろう。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。