IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年10月11日(日)

11R

2020年10月11日(日) | 4回京都2日 | 15:35発走

第55回京都大賞典(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

今年の天皇賞(春)からセン馬に。同レース、続く宝塚記念とG1ではあるが連続して9着に敗戦。しかし音無師は「動きは上々。去勢の効果が出る頃だと思うし、京都もいい」と期待は大きい。栗東坂路でも4ハロン52.9秒としっかり動けていた。前走宝塚記念組は(5.1.5.11)と好走例も多く王道のローテーション。
前走の宝塚記念では2着に好走。今回はそのレース以来となるが、角居師は「長い間あいているので。前に目標を置いて、気持ちを乗せる意味でしっかり併せてやりました」とコメント。また、近走見せる出遅れも「特に問題なかったし、きれいにスタートを切っていました」と不安はない様子。ゲートさえクリアできれば。
昨年の当レース3着馬。池江師は「去年は骨折明け。臨戦過程は今回の方がいい」と語るように状態面では今年が上か。今回は天皇賞(春)からの参戦となるが、過去10年の当レースで同組は(0.2.2.7)と2、3着が多い。また、好走している4頭のうち、3頭が当日2〜3番人気に支持されていた。当日の人気にも注目。
最終追い切りにも騎乗した川須騎手は「すごく乗りやすいです。デキに関しては気になるところはありませんでした」とコメント。前走丹頂S組は過去10年で(1.1.0.7)。主に穴馬の好走が目立ち、昨年勝利したドレッドノータスがこのパターン。重賞でもコンスタントに活躍しており、ここでも通用しておかしくない。
使われつつ調子を上げるタイプ。近走もコンスタントに使われており、徐々に状態を上げてくる頃だろう。宮本師は「追い切りの感じは良かった。京都もうまく走ってくれるので」とコメント。今年で7歳となるが重賞戦線でもまだ善戦しており、衰えもない。当レースも7歳(1.1.2.10)と高齢馬の活躍も目立つ。
オールカマーから中1週での参戦。最終追い切りも馬なりで軽めに終始という内容であったが、矢作師は「思った通りの内容」と好感触。あまり見ないローテーションで、過去10年では(1.0.0.4)。12年にメイショウカンパクが勝利している。「積極的なレースをしたい」と語り、前走同様早めの競馬で粘る。
今年2月のダイヤモンドS以来。半年以上の間隔をあけての実戦で、庄野師は「牧場でもしっかり乗り込んでもらっていた。状態はいい」と語るが、最終追い切りは栗東ポリトラックコース。ここは叩き台という扱いだろう。前走ダイヤモンドSが稀で過去10年で該当なし。半年以上の休み明けで好走した馬も実績馬が中心。
2勝クラス、3勝クラスと連勝で重賞の舞台へ。ただ、当レースは過去10年で昇級組の成績は(0.1.1.5)と勝ち馬無し。しかし複勝率、複勝回収率はまずまずなので、押さえておきたいところ。余田助手「動きはよかったです。走りは重さを感じない」と栗東坂路はラスト1ハロン12.2秒の好時計でスピードもある。
前走は昨年のステイヤーズS。約1年ぶりの実戦となるが、手塚師は「脚部不安明けでなんとか間に合った感じ。京都の相性がいいが、坂路中心の今はG2では厳しい」とコメント。やはりここは状態面で完調とは言えず、陣営のトーンも低い。過去10年の当レースで前走ステイヤーズS組は(0.0.0.2)と推せない。
得意のステイヤーズSへ向けて今年もここから始動。今年で9歳となるが橋口師は「素軽さがある。張りも良く、年齢を感じさせない」とコメント。栗東坂路でもラスト1ハロン12.9秒とまずまず動けている。過去10年の当レースで半年以上の休み明けは(0.3.1.9)。ここは叩き台という可能性も高そうだが。
今年に入り3勝クラスを勝利すると、2走前にはリステッドで2着。前走は重賞の函館記念でも3着に好走した。その前走以来の競馬となるが、浜田師は「先週の追い切りで気持ちが入ってきた」とコメント。ただ、「距離は少し長いと思う」と語り、2400m以上はこれまで2戦してともに着外と不振。距離適性に不安あり。
今年は小倉大賞典2着、函館記念2着と重賞戦線で活躍。7歳だがこのタイミングで本格化を迎えた。最終追い切りを見守った野中師は「単走でサッと。仕上がりはいい」とコメント。洋芝の函館記念でも好走しているように、馬場が渋るのも問題ないだろう。気になるのは前走函館記念組は(0.0.0.3)であること。
馬場もあったが前走の宝塚記念は17着に大敗。見せ場を作れなかっった。今回はそのレースからの巻き返しを狙う一戦。尾関師は「先週が少し早めに抜け出す形になったので、今週は前後に馬がいる状態で我慢させ、直線でシュッと反応させた。ひとつずつ課題をクリアして休み明けとしては十分な感じに仕上がった」とコメント。
前走の新潟記念は16着に敗戦。同馬にしては距離が短すぎたのが敗因か。池江師も「1回使って攻め馬は動けている。2400mになるのもいい」とコメントしている。2200m以上だと(1.2.0.4)だが目黒記念で二度の2着があるように、優れたパフォーマンスを発揮するのは長い距離。見直しは可能だろう。
前走の鳴尾記念で約1年ぶりの復活。見事に勝利して見せた。藤原英師も「長期休み明けだったけど、よくしのいでくれた」っと振り返った。この中間については「しがらきで過ごしたが、緩めずずっと調教は乗っていた」とコメント。「京都は走りやすそうだし、条件もいい」と続け、復帰後2連勝となるか注目が集まる。
前走のケフェウスSは直線で進路取りに手間取る不利。最後伸びていただけにもったいない一戦だった。最終追い切りを見守った寺島師は「しまいを伸ばして動けていた。ひと叩きして上向いている」とコメント。陣営の期待も大きい。一叩きされて状態面も上積みが見込める今回。前走の不完全燃焼を晴らすチャンスだろう。
4走前の1勝クラスから4連勝で前走の目黒記念を制覇。この中間について安田翔師は「気負いがないか確認しましたが、行儀良く走っていました」とコメント。調整過程に問題はなさそうだ。「背負ったことのない斤量でG2戦は、決していい条件ではありませんが、彼本来の走りができれば」と語り、ここが試金石。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。