2020年2月16日(日)

11R

2020年2月16日(日) | 2回京都6日 | 15:35発走

第113回京都記念(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:雨 | 馬場:重 | 4歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

未勝利を勝ち上がるのに3戦を要し、初の重賞挑戦となったクイーンCが4着。オークスTRのスイートピーSを勝利して滑り込みG1の舞台に登り着いたと思ったら本番で大激走。秋にはジャパンCで好走するほどの力を身につけた。勝ちきれない弱さはあるが、だからこその粘り強さが身上。時計勝負にならなさそうな今の京都馬場も合っている。
地道に勝ち上がり昨秋にオープン入り。今年に入ってオープン特別をステップに日経新春杯に挑戦。見事5着に好走した。京都芝は5戦して2勝の実績。降雨によって馬場が酷く悪化した昨秋の古都Sでは、人気馬が脚を取られてもたつく中、本馬はスムーズに対応。ゴール前の大接戦も勝負根性で競り勝った。
今や見ることが少なくなってきたキングカメハメハ産駒。ダービーに出走し6着に好走した実績を持つ。馬格があってバランスの良い作りが印象的。スパッと切れる脚はないものの、持続力の高い末脚はG1でも通用することが証明されている。京都は京都2歳S勝ちがある相性の良いコース。
京都コースはこれで3戦連続。京都は、きさらぎ賞勝ちを含め、2勝3着1回の実績。しかしこのところ得意の京都でも結果を出せなくなっている。古馬になって以降、G2への出走は初めて。また、重賞における最高着順は函館記念の5着と非常に頼りない。京都記念前後は毎年雨が降り馬場が悪化する。そうなることを想定しての出走かもしれないが、能力的には3勝クラスが妥当な評価だろう。
長い休みを挟むことなく、ずっと順調に使われている。タフさな上に競馬も上手く、狙ったレースはしっかりと好走してくる。前走のAJCCは、差し競馬になることを見越しての先行策。どの位置からでも競馬ができるのが本馬の最大の強み。しかし今は気性も大人になり常に好位から競馬ができる。何よりこれが結果に繋がっている。
前走の愛知杯は2度目の重賞挑戦で初連対。内容的には勝ちに等しいものだった。53Kのハンデを味方に付けて、体力を要する状況で躍動。良馬場でキレる脚を持ちながらも、時計が掛かる状況になれば、より一層脚が動く。メンバー強化の今回、一筋縄ではいかないが、4勝6連対の京都で、馬場が悪化している今の状況となれば注目度はアップする。
秋華賞ではカレンブーケドールを破り、最後の一冠を手に入れた。当時の20kgの馬体重増は、スピード云々よりも純粋に強さが増した印象を持った。オークスで3着の実績があるものの、距離適性は2000mまで。エリザベス女王杯の着差はその1ハロンで繰り出される決め手の差といえるだろう。
昨秋は京都大賞典で大激走。先行馬が強いレースとはいえ、高い能力があるからこその結果。結果が出ていなかった時期は、いつも歩様がゴトゴトしていてトモも不安定だった。それが京都大賞典で一気に良化。馬体も絞れて走りやすい体つきに仕上がっていた。ここも目が離せない存在。ちなみに、京都コースは4勝の得意コース。
18年は目黒記念から宝塚記念を好走し、一気に注目度が高まった。それ以降継続してタフな競馬にチャレンジするも馬券に絡んだのは小倉記念の1回だけ。しかし敗戦のほとんどがコンマ5秒差以内で、決して大負けはしていない。京都と阪神が主戦場で、実績は2勝ある阪神のほうが上。
転厩2戦目。芝に転向して11戦目。また今回は7ヶ月半ぶりの競馬となる。京都芝コースは【1・0・1・3】の実績。日経賞を勝利して臨んだ天皇賞(春)は3番人気に支持されるも14着に敗れた。昨年の日経新春杯は16着と殿負け。そのような実績から、京都は全くの適性外ということが分かる。
Yahoo! toto

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。