IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年9月20日(日)

11R

2020年9月20日(日) | 2回中京4日 | 15:35発走

第38回関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

デビュー戦を圧勝し、続くアルテミスSも完勝。阪神JFで6着に敗戦も春クラシックではオークス4着と見せ場は作った。中内田師は「気持ちが乗って、十分に仕上がっています。しばらく勝ち星から遠ざかっているので、ここでリアアメリアの走りを見せて次に結びつけられたら」と期待は大きい。オークス最先着馬の意地を。
桜花賞は7着と上々の内容。その実力通り、2勝クラスの前走をしっかりと勝ち切った。清水久師は「順調にきています。上積みは十分です。前走のレースぶりを見ても、距離は延びても問題ない」とコメント。14着に敗れたオークス時から馬体重も20kg増えており、成長力も十分。春より上積みがあればここでも通用。
春は410kg台での出走もあった同馬。線が細く大事に使われており、フローラS3着後は休養。その甲斐もあり、前走時には444kgと大幅に馬体が増えていた。今回は鞍上にルメール騎手を手配。角居師は「先週はルメール騎手に乗ってもらい、そこからは時計を出してもテンションが上がらずに来ています」と手応えあり。
7月に未勝利戦を突破。続く1勝クラスは7着に敗れたが、千田師は「状態はかなり良くなっているとコメントしている。前走1勝クラスからの参戦は(2.2.1.31)で単勝回収率は100%超え。ただし好走馬は全て勝ち馬で1勝クラス敗戦組は(0.0.0.10)と通用していない。さすがにここでは厳しいか。
オークスでは9着に敗戦も一線級相手に善戦。最終追い切りにも騎乗した福永騎手は「帰厩してから3度目の騎乗でしたが順調に負荷はかけられていましたし、非常に良い動きをしていましたし、ひと夏を越してこの馬もいい成長をみせています。とても楽しみにしています」と期待の大きいコメントを残している。
今週の追い切りは栗東坂路で4ハロン51.4秒、ラスト1ハロン12.3秒と秀逸な時計を記録。西園師も「能力がある分、動く。いい状態でレースに出せる」と力強いコメントをしている。「コーナー4つのコースは初めてだが、本番に向けていいテストになると思う」と期待を露わにしており注目が集まる。
新馬戦で驚異の上がり3ハロン32秒を記録。瞬発力は相当なものを持っているのは確かだが、近走はその能力を発揮できていない。西浦師は「先週にしっかりやって、今週は調整程度。動きは良かった。ひと夏越して、精神面も肉体面も成長している」とコメント。かつての切れ味さえ発揮できれば世代でも上位の存在。
春クラシックは出走叶わなかったが、夏場に力をつけて前走1勝クラスを突破。ただし気になるのは今回が連闘ということ。過去3年で河内厩舎の連闘実績は6回出走があり3着内ゼロ。そもそも総数が少ないように連闘をする厩舎ではなく、仮に連闘した場合でも結果が出ていないのはマイナス材料と言わざるを得ない。
阪神JF3着、桜花賞4着と世代上位として君臨。オークスこそ15着と大敗も、猿橋助手は「オークスは輸送で体を減らしたことが影響したかな」と振り返る。「馬体重は増えているけど、成長分。今は落ち着きもあって、雰囲気もいい」と続け、一度リフレッシュされた状態なら再び世代上位の実力を見せる事ができるだろう。
キャリア3戦目で挑んだオークスは17着に大敗。ひと夏を超し「ダイナミックな動きで反応も良かった。オークスと比べても体がしっかりして、使い方も良くなっています。毎週、毎週、競馬に向けて上積みを感じますね。体も大きくなっています」と語った藤井騎手。「スタートの良さは強み」と続け好位で競馬を進めたい。
春はなかなか勝ちきれずクラシック路線へ乗れず。夏場に札幌で使われて1勝クラスを突破。前走の1勝クラスでは5着としている。使われている分の良さとその分の疲労が吉と出るか凶と出るか。中竹師は最終追い切りを見守り「前走のダメージはなかったし、しまい重点でバネが利いて良かった」とコメント。吉となるか。
今野師が「思い通りの稽古ができた。以前は攻め駆けするタイプではなかったけど、動くようになってきた」と語る同馬。今週は栗東坂路で追い切られてラスト1F12.2秒を記録。二週前には4ハロン51.6秒の自己ベストタイを記録している。まだ未勝利を勝ったばかりの身だが、その勢いは計り知れない。
未勝利を突破したのは今年5月の京都。キャリア8戦を要したが井手助手は「春先はカイ食いがイマイチだった」と振り返る。たしかにデビュー時に446kgあった馬体も430kg台に減っていた。近2走は馬体重も安定。「夏を越して良くなってきた。しまいを生かせる中京は合いそう」と続け自身の力は発揮できそうだ。
フローラS6着でオークスの権利取りに失敗した後は休養。夏場の1勝クラスを即勝利し再度のG1への切符を狙う。最終追い切りを見守った藤原英師は「いい動きだった。順調にきているし、条件もいい。なんとか権利を取りたいね」とコメント。鞍上には同師との組み合わせで勝率19.3%と主戦の戸崎騎手を配し勝負気配。
一週前には栗東坂路で4ハロン52.1秒としっかり攻められている。ただ、友道厩舎の勝負パターンは一週前がコース、最終追い切りが坂路。坂路だけで調整されているのは気がかりだ。「夏の暑さやオークスの疲れを取るのに時間がかかったこともあって、何とか間に合ったという感じですね」とコメントしており状態面で不安。
夏場に未勝利、1勝クラスと連勝。デビュー戦で468kgだった馬体重が前走では488kgまで増えている。成長著しく夏の上がり馬として注目の存在だ。札幌から栗東へ戻っても元気いっぱいで最終追い切りも上々。佐々木師は「左に張る面があるから左回りの方が絶対にいい」と続け、中京コースでさらなる前進を。
デビューから勝利した3勝は1200mと1400m戦。1600mで行われた阪神JFは15着に大敗しており距離適性に壁がありそう。宗像師も「距離がどうか」とコメントしており陣営も不安視しているのは確かだろう。ファンタジーSではレシステンシア相手にもハナを奪った快速馬。スピード活かして粘りこめれば。
最終追い切りにも騎乗した坂井騎手が「以前乗ったときより全体的に大きくなりました」とコメント。かつて騎乗した際は474kgで、前走が492kg。コメント通り馬体は明らかに成長している。「距離自体は問題ないけど相手が強くなってどうか」と続け、1勝クラスを勝利した勢いと成長力でどこまで迫れるか。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。