IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年12月26日(土)

11R

2020年12月26日(土) | 5回中山7日 | 15:25発走

第37回ホープフルステークス(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

新馬、アイビーSと連勝。特に新馬戦は洋芝、直線の短い札幌競馬場で上がり33.9秒を記録と能力を示した。久保田師も「レースが楽しみ」と語るように、陣営の期待は大きい。前走アイビーSからは昨年ワーケアが3着としている。鞍上には(3.2.2.2)と相性の良いルメール騎手も期待せずにはいられない。
全兄にホープフルS2着のベルキャニオン、また同条件で行われる弥生賞を制したカミノタサハラがいる一族。このコースに適性が高そうで、友道師も「切れるというより長く脚を使うので中山はいい」とコメント。前走紫菊賞組は2頭参戦して2018年にアドマイヤジャスタが2着している。3連勝なるか。
新馬、芙蓉Sと連勝中で、特に前走は0.6秒差の完勝。同条件での圧勝劇は評価できるだろう。前走勝ち馬が(8.9.7.56)と圧倒しており、0.6秒差以上なら(2.2.1.3)とさらに安定。気になる点は芙蓉S組が(0.0.0.2)という点だが、その2頭も4着と5着。圧勝した同馬ならさらに上も目指せる。
前走は1勝クラスの葉牡丹賞で3着も勝ち馬とは1.1秒差。前走クラス別の成績は1勝クラスでも(1.4.1.33)と2着ならまだ数はいるが、3着以下に敗れた馬だと(0.1.0.27)と一気に数は減る。札幌2歳S6着、芙蓉S4着とオープンクラスでは通用していない実績もあり、ここでは厳しいだろう。
新馬戦2着の後に挑んだ未勝利を勝利。しかし、前走の葉牡丹賞は11着に惨敗。過去10回の当レースで前走1勝クラスで2着以下だと(0.1.0.27)と好走の可能性は限りなく低くなる。矢作師も「将来への経験になれば」と消極的で、このクラスで通用する力は現状では持ち得ていないと言わざるを得ない。
ダートで未勝利、1勝クラスのもちの木賞を連勝。前走ダートからの参戦はオープンクラス時代からの過去10回の当レースで(0.0.0.12)。平均人気が11.4番人気で平均着順が11.3着。ほぼ人気通りの着順に落ち着いている。高橋義師は「芝の走りを見たい」と芝への適性を感じている様子も。
近2走は紫菊賞3着、京都2歳S3着と好走。オープンクラス時代も含めて、前走勝ち馬が強いレースで、過去10回の当レースで前走2着以下は(2.1.3.56)と好走率は下がる。重賞2〜3着なら(1.0.2.9)とまだ好走の余地は秘めるが、2走前にはヨーホーレイクに0.6秒差と実力差を見せられており。
新馬戦を1.1秒差で大勝。この実績が評価されてアイビーSでは1番人気に支持されるも、オーソクレースに1秒差をつけられて7着に敗戦。前走はダートのもちの木賞を使われるも、これも12着と精彩を欠く内容。藤沢和師は「能力は高い」と実力を認めるも、ルメール騎手が同馬を選ばなかっただけに。
新馬戦を0.4秒差の完勝。中舘師は「前走はここを見据えての仕上がり」と期待値が大きく、過去10回の当レースで前走勝ち馬は(8.9.7.56)と好成績。新馬からの参戦も(5.0.3.11)としている。ただしG1に昇格してからは(0.0.1.4)と不振で、近年は格も問われるレースになっている。
後の京都2歳S勝ち馬を相手に0.5秒差をつけて完勝した新馬戦。2戦目の東スポ杯2歳Sも1着と連勝で挑むのは昨年のコントレイルと同じ。前走で重賞を勝利した馬は(1.2.1.2)。特にG1昇格後は(1.1.1.1)と安定している。安田隆師も「来年のクラシックを意識している馬」と期待は大きい。
新馬戦を勝利し、前走の東スポ杯2歳Sはダノンザキッドに敗れるも2着。オープンクラス時代から前走勝ち馬が強い当レース。重賞でも2着馬は(1.0.0.3)と勝ち馬に比べて成績は落ちる点は気になる材料。栗田師は「中山はこの馬にとって競馬がしやすい」と語っており、適性の差で逆転なるかに注目。
新馬、黄菊賞を連勝。特に前走の上がり33.4秒は素質を感じさせる内容だった。前走勝ち馬は(8.9.7.56)と好成績で、1勝クラスでも(1.3.1.6)と好走率は高い。G2時代ではあるがレイデオロが1勝クラスから勝利している。友道師は「パワーがあるので坂のある中山はいい」と好感触。
新潟2歳Sこそ5着に敗れるも、内が荒れた馬場状態でコース取りも悪かった。前走の萩Sは東スポ杯2歳S3着のジュンブルースカイ、京都2歳S勝ち馬のワンダフルタウン相手に勝利。重賞でも通用することを証明している。前走同レースからの参戦は昨年ヴェルトライゼンデが2着に好走とローテーションも良い。
JRA転入初戦が当レース。前走地方からの参戦はオープンクラス時代から含めた過去10回の当レースで(0.0.0.3)。そもそも中央含めても前走ダートは(0.0.0.12)と勝ち馬はおろか3着内すら出ていない。小桧山師も「初めてのことばかりでいろいろ経験させないと」と語っており、ここでは敷居が高い。
デビューから4戦目となる前走で未勝利を突破。前走勝ち馬が強いレースだが、前走未勝利からだと(0.3.1.31)とさすがに分が悪い。また、未勝利で好走した馬もほとんどがキャリア2戦。つまり負けは一度だけと底を見せていなかった。キャリア3戦以上だと(0.1.0.13)と通用しておらず厳しい。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。