IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年10月4日(日)

11R

2020年10月4日(日) | 4回中山9日 | 15:40発走

第54回スプリンターズステークス(GI)

芝・右・外 1200m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13000、5200、3300、2000、1300万円 | レコードが出たレース

栗東坂路でラスト1ハロンに速い時計を記録するタイプだったが、最終追い切りは一杯に追われるも12.9秒まで。森田師も「動きは悪くなかったが年齢的なものか少し硬いのが気になる」とコメントしている。18年には4着に善戦しているが、7歳となった今年は得意条件でも勝ち切れていない。衰えは顕著だろう。
一週前、そして最終追い切りと栗東坂路で4ハロン50秒台。ラストも12秒台とスピードはやはり一級品。音無師は「先週が併せ馬。今朝は単走。ちょうどいい感じだったと思うよ。昨年よりもいいと思う」とコメント。騎乗した松若騎手も「1回使ったことでパンと良くなり、走りが凄く力強い」と抜群の状態をアピール。
休み明けの成績が良く叩き2戦目は(1.0.1.2)。初戦で仕上げるため2戦目で上積みがないのが主な原因だろう。前走、今回ともに栗東坂路で最終追い切りを行い、前走時は4ハロン52.1秒、ラスト1ハロン12.1秒に対して今回は同52.3秒と12.6秒。安田隆師も「同じようにいい状態」と平行線を示唆。
高齢馬でも活躍が目立ち、7歳は(0.2.1.27)と2、3着ならチャンスあり。最終追い切りにも騎乗した北村宏騎手は「硬さがなくいい感じの仕上がり。内枠を引いてスタートを決め、上手に立ち回りたい」とコメント。2枠4番と絶好の枠順を引き当てた。過去10回で1〜3枠は複勝回収率100%超え。
前走のセントウルSで12番人気の評価ながら2着に好走した同馬。前走同レース組は(5.4.3.44)。さらに連対馬に限定すると(4.2.1.12)と好成績。佐藤助手は「動きは変わらずいつも通り。1200mの前走は最後まで頑張ってくれたし、レースではいつも一生懸命、力を出してくれる」と陣営も期待。
近走は重賞でも安定して好走。前走のキーンランドCは2着に好走している。同レースで3着内に入った馬の成績は(1.1.3.13)で複勝回収率は100%を超える。最終追い切りを終え、昆師は「時計的には十分。去年勝った京阪杯の時もこういう感じだった」とコメント。19年に制した京阪杯の状態ならここでも。
最終追い切りが芝なのは同馬にとってはいつものことで問題なし。藤原英厩舎も芝コースでの調整ノウハウは持っている。師も「前走より軽さが出てきた」とコメントしている。「あとは右回りでの手前の替え方」としているように、課題は左回り(4.1.1.3)に対して(0.2.0.3)と劣る右回りへの対応か。
函館スプリントSは逃げて2着に好走も、前走のキーンランドCは控えて7着。しかし森田師は「逃げて好成績だがハナにはこだわらない」としている。最終追い切りを終え、師は「予定通りの併せ馬。あとは当日、気温が高くなく、稍重ぐらいまでなら力は出せそう」とコメント。週末に雨はなさそうで状況は前走から好転。
馬場悪化の前走キーンランドCで大敗。そこからの立て直しとなるが、一週前追い切りは栗東坂路で4ハロン52.5秒を記録するも、安田隆師が「前がゴチャゴチャしたこともあって物足りない動きだった」と語るようにラスト1ハロンは13.4秒。最終追い切りも4ハロン54.3秒とビッシリ追われておらず若干不安。
デビューから前走で馬体重は30kgほど増加。最終追い切りに騎乗したルメール騎手も「コンビを組むのは久しぶりですが、体が大きくなっていてビックリしました」とコメントしている。前走安田記念からの参戦は(1.1.0.7)と好相性とは言えない。それでも鞍上は「1200mはちょうどいい」と期待は大きい。
4走前のCBC賞で復活したかに思われたがその後3戦は再び凡走。主要ステップレースのセントウルSだが10着以下は(0.0.0.7)で3着内すらゼロ。「体調は維持している。55kgを背負うのは厳しいが、うまく内枠を引いてスッと行ければ...」と森田師は語るも11番と外目の枠順。厳しいと言わざるを得ない。
前走のセントウルSは初の古馬相手にどれだけ通用するかが注目され、3番人気に支持されるも結果は5着。中竹師は「中京が合わなかったよう」とファルコンSでも敗れたコースに敗因を求めている。最終追い切りは栗東坂路で自身3番目のタイムとなる4ハロン51.4秒と絶好。師も「動きは何も問題ない」と状態は太鼓判。
一週前には栗東坂路で4ハロン52.5秒、ラスト1ハロン12.4秒と好時計。M.デムーロ騎手も「前走と同じ状態で挑めればチャンスはある」とコメントしている。最終追い切りも順調。庄野師も「前走はブリンカーで集中して走れていたのが最大の勝因」と語り、久しぶりの勝利となった前走同様にブリンカー効果に期待。
一週前、最終追い切りと池添騎手が騎乗し「先週の時点でいい状態でしたし、やりすぎないようにサッと。以前より大人の体つきになってきました」とコメント。小柄とはいえデビュー時から30kgほど馬体重も増加。今年に入りシルクロードS2着、そして前走のキーンランドC1着と力をつけているのがその証拠だろう。
高松宮記念では1着入線からの降着により4着へ。その後の3戦は結果が出ておらず気になるが、最終追い切りは栗東坂路でラスト1ハロン12.1秒といつも通り良く動けている。状態面に心配はなさそう。藤沢則師も「中2週ですが状態は維持。瞬発力なら他の動く馬にも負けない。勝てる力はある」と力強く語った。
最終追い切りは栗東坂路で一杯に追われ4ハロン53.7秒。ただ、ラスト1ハロンは12.8秒とやや時計を要したのが気がかりだ。高野厩舎はラスト1ハロンのタイムが速い時ほど成績が良く勝負パターンとなる。師は「パワフルで前進気勢があるし、いい調整ができました。不利なく自分の競馬ができれば」と語るが。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。