IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年4月11日(土)

11R

2020年4月11日(土) | 3回中山5日 | 15:45発走

第38回ニュージーランドトロフィー(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

前走は同舞台の黄梅賞でタイム差なしの2着。北村宏司騎手は「スタートが決まって先行できた。少し頭が高くなるがよく粘ってくれました」とコメントした。使われつつしぶとさを生かす競馬が合うことが分かってきた。格上挑戦、牡馬相手でさらに相手強化となる点は大きな課題だが内が有利な馬場なら入着のチャンスも。
2走前の万両賞はレコードで逃げ切り。前走のフィリーズレビューでは逃げて0.4秒差4着に粘っている。松山弘平騎手は「風が強くて逃げ馬には不利だったが頑張ってくれた。馬場が良い状態ならもう少し粘れたかもしれない」とコメントしている。今回は乗り替わりとなるがフォーリー騎手を確保。最大の課題は初距離か。
デビューから3連勝で小倉2歳Sを制したものの、その後は京王杯2歳S9着(1.7秒差)に始まり、朝日杯FS13着(2.8秒差)、ファルコンS12着(2.8秒差)と大敗続き。国分優作騎手は追い切り後に「休み明けを使って毛艶も良くなり実が入ってきている」と前向きなコメントをしているが、変わり身があるかどうか。
3走目に小倉芝2000mで初勝利。しかしその後は1勝クラスで頭打ちの競馬が5戦続いた。前走は同舞台の黄梅賞で0.4秒差5着。上がり最速となる35.2秒をマークしており、道中で不利があった中でも久々に見せ場を作れている。ただし、今回は大幅に相手が強くなりチャンスが巡ってくる可能性があるかというと…。
新潟2歳S2着、デイリー杯2歳S3着と重賞でも好勝負を演じていたものの、朝日杯FSでは最下位の16着。騎乗したマーフィー騎手も首を捻ったが後日軽度の骨折が判明した。よって前走の大敗は度外視も可能だが、休み明けの今回は安田隆行師も「太めは解消されてきたが、まだ動きが重い」と慎重。地力でどこまで。
ダートで2勝を挙げたがアネモネSは0.3秒差5着に駆けており芝にもメドの立つ競馬だった。今回は中3週で再度の東上。デビュー以来馬体重は減り続けており前走が412キロと小柄なので輸送は気になる。まずは馬体の維持が課題だが、前走以上に相手も強くなっており強調材料には乏しい。枠や展開の助けが必要か。
6戦目となる白梅賞(京都芝1600m)を上がり最速で2勝目。オーロラフラッシュに0.4秒先着している。川田騎手は「精神面に不安があったものの良い競馬ができました。リフレッシュして次走に挑めれば」とコメントした。間隔を空けた今回は坂路で4F52.7秒-12.6秒とまずまずの動きを見せている。気配次第。
4代母がメジロドーベルという古き良きメジロ血統。昇級初戦となった前走(1勝クラス・東京芝1600m)はほぼ最後方から追い込んで0.5秒差の3着。丸山元気騎手は「この馬なりに良いリズムで運べて稍重の馬場も向いていたようです。」とコメントした。一戦ごとに馬体を増やしている点は強みだが展開の助けが必要か。
3走目で初勝利、6走目の前走で2勝目を挙げオープン入り。1勝クラス(東京芝1600m)を勝ち上がった前走後にルメール騎手は「最後まで良いフットワークで伸びました。この距離も良いですね」とした。牝馬ながら東スポ杯2歳Sに挑戦したように陣営の期待度も高い素質馬だが、前走も記録面は目立たず。上積みは?
勝ち上がりに4戦を要したものの初のオープン挑戦となった6戦目のジュニアCはサクセッションに0.4秒差2着。クロッカスSもラウダシオンに0.3秒差2着と重賞好走馬を相手に健闘。同舞台の前走で逃げ切り勝ちを収めた。大野騎手は「自己条件では力が違い増した」とコメント。今回は同型との兼ね合い次第か。
中山芝1600mで新馬戦を勝ち上がると、同舞台の1勝クラスで2勝目を挙げた。前走後に川田騎手は「リズム良くレースができました。今後の成長待ちではあるものの良い馬です」と、初戦で騎乗した内田博騎手に続いて将来性を語った。中間は在厩調整ながら「上手く仕上げられた」と陣営。次走に向けて本気度も高い。
ファルコンSは出遅れて最後方から直線だけの競馬で11着。ほぼレースに参加していない分、ダメージは大きくなかった。やはり半兄レイデオロより全兄ティソーナに似たタイプ。今回は調教から跨がる機会も多くこの血統をよく知る北村宏司騎手に乗り替わり。最終追い切りは坂路で4F52.9秒-12.1秒とラストの伸びは良い。
初勝利には10戦を要したものの同舞台の1勝クラスは一発でクリアした。山田敬士騎手は「良い位置で流れに乗れました。中山の坂にも負けずに踏ん張ることができました」とコメント。使われながらようやく良化してきた様子がうかがえる。しかし、今回は重賞で相手強化に加えて減量はなくなり買い材料は乏しい。
デビューから2連勝を飾りフラワーCでは1番人気。0.4秒差の3着に敗れたレース後、「外枠なりに悪くない位置取りで運べたが流れは向かず。その中で頑張れました」と黒岩陽一師は振り返った。牝馬ながらフローラSではなくコチラへ。師はその理由を「体力面で未完成なので距離を短くします」と。良い方に出るかどうか。
1勝馬ながら京王杯2歳Sで5着(1.0秒差)に入った実績があるものの、その後は1600mの1勝クラスで6着(1.4秒差)、7着(1.5秒差)と頭打ち。前走の黄梅賞では今回出走の2着・5着馬にも大きく水をあけられてしまった。初勝利も斤量差の効果が大きかった印象が強く、格上挑戦の今回はさすがに厳しいか。
デイリー杯2歳Sは0.2秒差2着に好走したものの、朝日杯FS9着(1.3秒差)、ファルコンS6着(0.9秒差)と連敗中。前走の敗戦に青木孝文師は「休み明けの影響があった」としており、今回は「冬毛も抜けて状態は上向いている」とコメント。今回は現在関東リーディング6位と健闘する横山武史騎手に乗り替わり。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。