IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年3月20日(金)

11R

2020年3月20日(金) | 2回中山7日 | 15:45発走

第34回フラワーカップ(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際)牝(特指) 別定 | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 | レコードが出たレース

7戦目で未勝利戦(中山ダ1800m)を勝ち上がり。ダート替わり初戦を含む直近4走は4・2・3・1着と安定した走りを見せているものの、芝での3戦は6・8・8着と見せ場を作れなかった。今回は久々に芝での一戦。母の姉妹にコスモフォーチュン、コスモプラチナら芝重賞勝ち馬もいるが、常識的には厳しいか。
新馬戦(阪神芝2000m)で騎乗した坂井瑠星騎手は「ゲートが上手く末脚もしっかり。追い出しを待たされる場面があって上手く乗れなかったのに馬の力で勝てた」とコメントしている。父Lope de Vegaはフランスで1600m・2100mのG1を制しているように距離の融通がきくタイプ。今回は相手強化や長距離輸送が課題。
半兄アドマイヤイナズマはJRA3勝。デビューから堅実に掲示板内に駆け続けて4戦目(京都芝1800m)で初勝利。昇級初戦となった同舞台のつばき賞は馬場の悪い状況で0.3秒差4着に健闘している。今回に向けて陣営は状態の良さと同時に「良馬場でやりたい」ともコメント。前走で増えた馬体重と馬場状態がカギとなる。
クイーンCは11着と大敗。陣営も首をひねる不可解な敗戦だったものの、再び重賞に挑戦しているように強気の姿勢は変わらない。今週は坂路で4F53秒9-1F12秒2。軽快なフットワークで状態面の良さは引き続きキープ。母は米G1馬でありセレクトセールで7000万円台の高額馬。舞台替わりで新たな一面を見せられるかどうか。
同舞台のデイジー賞で0.1秒差2着。石川裕紀人騎手は「3着馬が外から掛かり気味に上がってきてプレッシャーになった」と振り返っており、展開次第で勝てるレースだったとしている。追い切りも予定より速い時計を出しながら陣営は「余裕があった」としている。一族ぐるみで中山芝レースを得意としている父の産駒で適性は高い。
新馬戦(中山芝2000m)は牡馬混合戦で2番人気の支持を得たものの9着。しかし2戦目は雨降る重馬場の小倉芝2000mで変わり身を見せて快勝。強気の格上挑戦でここに挑んで来た。火曜・坂路での追い切りは52.3秒-13.0秒、陣営も納得の悪くない内容。今回は相手強化に加え、前走402キロの小柄な馬体を維持できるかどうか。
新馬戦(中山芝1600m)を勝った後は連敗したものの、セントポーリア賞は10番人気の低評価を覆して2番手から抜け出して快勝。破った相手も次走2着のアオイクレアトールや、次走1勝クラス特別を勝ったヴァルコス、サトノフウジンら、骨っぽい牡馬でありフロック視できない。前走から着用し効果を見せたチークピーシズを今回も着用。
デビュー2戦目の未勝利戦(中山芝2000m)を勝って挑んだ同舞台のデイジー賞は1番人気で0.1秒差3着。道中で掛かりながら大きくバテずに3着に踏ん張った。引き続きM.デムーロ騎手が手綱をとり、今回は折り合い克服がカギ。「状態面は変わりなく順調、オープンで前走よりペースが流れれば」と陣営も期待を寄せる。
新馬戦(中山芝1600m)に続いてベゴニア賞(1勝クラス・東京芝1600m)を連勝。半姉がファンタジーSを勝ち朝日杯FSでも1番人気になったミスエルテという良血で、期待どおりの活躍を見せている。前走後にC.ルメール騎手は「能力がありますね」とコメント。予定通りの始動で陣営も「休養前と変わりなく順調」と語る。
新馬戦(札幌芝1500m)を勝利。2戦目は年明けのフェアリーSに挑み3着と好走した。池添騎手は「夏より馬はしっかりしていたが久々だったのでスタートがもうひとつだったのが惜しかった」とコメント。不利な臨戦過程かつ格上挑戦ながら素質は示した。陣営は「予定通り、順調に来ているし距離も合う」と手応えを得ている。
3走目のアイビーSはワーケアの2着に好走。阪神JFではオッズこそ大きく離れていたものの5番人気に支持された。暮れの1勝クラス(阪神芝1800m)を勝ってオープン入り。このレースは8着馬までが次走で掲示板内に走っており、オープン連対馬も出た高レベル戦だった。前走後はここを目標に順調な仕上がりを見せている。
新馬戦(福島芝2000m)を勝って挑んだ若竹賞(中山芝2000m)でも1番人気。粘る逃げ馬を外から豪快に差し切って2戦2勝とした。前走後にC.ルメール騎手は「序盤はコントロールの難しい面を見せたけど息が入ってからは最後まで伸びました」と高い能力を評価している。前走で同舞台1勝クラスを勝って挑むのは理想的な臨戦過程。
新馬戦(京都芝2000m)は牡馬を相手に好位から抜け出す競馬で勝利。調教から手応えを感じていたという藤井勘一郎騎手は「ゲートも発馬もスムーズで楽に良い位置が取れた。直線で並ばれても鋭く反応して決め手を発揮できた」とコメント。初の輸送や相手強化が課題となるがキズナ産駒は昇級初戦で勝率16.7%・複勝率44.4%と好成績。
新馬戦(東京芝2000m)は0.1秒差2着に敗れたものの、相手は共同通信杯3着のフィリオアレグロ。2走目の未勝利戦(中山芝2000m)をあっさり勝ち、C.ルメール騎手は「スピードもあり楽なレースができた」と振り返った。この一族らしく体質面に弱さがあり、使い込めない点がネックではあるがポテンシャルは確か。資質でどこまで。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。